« MIROTA(ミロタ)ビーチの、コテージはいかがなものか…? | トップページ | 【ご注意】 フェリーの発着時間が変更になりました!! »

オプショナルツアーは無人島( Deserted Island)!

Galang(ガラン)島には、これといって格別な名所旧跡があるわけ
ではありません。

ただ、忘れてはいけないのが、ベトナム難民キャンプ跡(Kampong
Vietnum)です。ここには、ベトナム戦争時代にかの国の難民が、
ともに暮らした居留地跡があるのです。今はもう、どなたも住んで
おらず、ひっそりと歴史の証人としてたたずんでいます。
場所は下地図のブルー枠内をご覧ください。

Vietnum_map

MIROTAビーチから車で10分少々いったところで、仏教寺院や
キリスト教会、住居跡、多目的広場、歴史資料館などが点在し
在りし日のベトナム難民の生活を偲ぶことができます。

今はすっかり跡地になってしまっているので、村では閉鎖して
しまおうという意見とこれからも旧跡として残していこうとする
意見が対立しているようです。

観光目的でいらしたとき、このような、少々重い旧跡を訪ねるのは
賛否両論あるかと思います。維持費は村の予算が当てられている
ので、その辺も議論が尽きないところであるようです。
みなさんはどう思われますか?


さて、話を大きく戻しまして、MIROTAビーチリゾート(仮称)の売り
の一つ、無人島へのオプショナルツアーをご紹介します!

地図には載っていませんが、バタム諸島は5つの大きな島のほか、
小さな島々がたくさん点在しています。Ariantiさんはそのうちの一つ
を買っちゃったんですね。もちろん無人島です。
以前はシンガポールの方が所有していたそうなんですが、のんびり
するには大層都合がいい島だったなぁと思います。

無人島への交通手段は、いまのところ、写真のような船になります。

Pompong1

なんと、このタイプの船、Pompong、ポンポン と呼びます。日本のポンポン船と
同じでした。どちらがルーツなのか気になるところです。インドネシア語って、
人工的な言葉だから、やはり、日本語が原典なのかな>ご存知の方?

小さく見えますが、中はがらんどうなので、結構乗れます。今回は、船のクルー
が4名、調理師1名、Ariantiさん、ガラン島の有力者Bang Bangさんとその息子、
それに私と、総勢9名及び、食料・食器・飲料水・薪その他を積載。ちょっと
外洋近くにでるので、波がおだやかではないですが、十分安心して乗れました。

Crew1

エンジンはヤマハ製。クルーはいたって元気な若い子たち。なんでも
リクエストに応じてくれます。
当然ながら日差しが強いので、幌をかぶせていますが、中はこんな
感じです。

Cabin1

Ariantiさんがすぐ目の前。結構、ひろいでしょ?あと5人位は
乗れるような気がしました。
ざんぶざんぶと波に翻弄されながら、小一時間ほどで、目指す
島影が見えてきました。(みなさん、船は大丈夫ですか?)

Deserted1

無事上陸! では無人島の風景写真を何枚か…

Deserted2_2
南岸 マングローブと手狭な砂浜

Deserted4
北岸 やっぱり手狭…

Deserted3
西端、なんとか遊べそう

無人島なので、まぁ、そうですね、何をしても基本的には良いわけです。
自然を荒らすのはいただけませんが、大声も大の字も打ち上げ花火も…
ただし、来たときより美しくという、かつての日本人の美徳は持ち続けたい
ものです。

|

« MIROTA(ミロタ)ビーチの、コテージはいかがなものか…? | トップページ | 【ご注意】 フェリーの発着時間が変更になりました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オプショナルツアーは無人島( Deserted Island)!:

« MIROTA(ミロタ)ビーチの、コテージはいかがなものか…? | トップページ | 【ご注意】 フェリーの発着時間が変更になりました!! »