« 関空出発! まずは空路シンガポールへ | トップページ | Losmen(海上木造小屋)の夜はふけて… »

いよいよバタム島上陸! 激戦スタート…

税関も無事通りすごし、シンガポールにおりたつ。あたりまえだが 暑いsun
湿気も結構感じる。たばこ・チューインガムに風当たりの強い国なので
早々に退散したく感じるのは小生だけではないであろう(そかな?)sad

しかし、シンガポールという国は立派です。国土も狭く資源もない中、
厳然と世界の金融と交通の要衝になってるもんね。

シンガポール・MRTへの誘導サイン

公共交通も東南アジアでは抜きん出ている。チャンギ空港から
西南にくだって、Harbour Frontに行き、バタム島へのフェリーに
乗らないといけないのだけど、今回はタクシーではなく、
MRTに挑戦!タクシーだとS$20くらいだけど、MRTはS$2wink

Mrt_3
大きい路線図はこちら(.pdf 168KB)

但し磁気カードのデポジットがS$1必要なので一旦S$3を支払う。train

切符販売機

チャンギ空港で緑ライン③に乗り込み、記憶に新しい所の
2010年2月に開催された米女子ゴルフ『HSBC Women’s
Champions』で、宮里藍ちゃんが優勝したゴルフ場のある
Tanah Merahで、緑ライン①に乗り換え。
ホームを挟んで向かい側に列車がタイミングよく来ましたです。

そのまましばらく列車にゆられ、Outram Parkで再度乗り換え。

MRT_inside

今度は紫ライン⑥なんですが、地下道をちょと歩きます。
ホームにでたら、一駅で目指すHarbour Front駅に到着
train


Ferryterminal

Harbour Front駅から南に歩いてフェリー波止場をめざします。

フェリー会社は数社ありますが、今回は45分と最短でシンガポールと
バタム島を結ぶ、WAVE MASTER社便に乗船。7時55分から21時45分
まで、毎日16便~18便往復しています。値段は往復でS$53。

インドネシアの入国管理書に、必要な事項のほとん どをプリントアウトして
くれるという、アジアではなんとも有難いサービス、ちょっとびっくりcoldsweats01

Wave_master_300

(注:フェリー時刻が改訂されました! 詳細はこちら

18時40分の便で、バタム諸島の中で一番大きくて、近いバタム島・
Harbour Bayに向かいました。

もちろん、海の上で国境をまたぐので、イミグレと税関を通って乗船です。

だけど、そこはもうインドネシアなので、いつもの安堵感で、緊張なしですgood
すべては Tidak apa apa ですもんね!

ちなみに乗船時、スーツケースを無謀にも預けてみました。さてさて…

こんなに沢山、大型船が悠々と闊歩しているシンガポール近海から、

Singaporesea

一気に、のほほんインドネシアを感じさせるフェリーで、

Insideferry

無事、越境してインドネシア・バタム島に降り立ちましたぁhappy02

Ferry

なんと預かり荷物はきちんと、しかも割とすばやく手元に
もどりましたです。Wave Master社、結構気に入りました。ok

で、こんどはバタム島で入国審査があり、アライバルビザ代
US$25を支払うんですが、なんでUS$かは不明…どなたか
ご教示くださいませ。

日本でビザを準備していくにと、大使館・領事館にいって、
査証代5000円と、手間がかかるうえに倍以上値段がする
のもよくわかんないなぁng

入国審査も簡単にすみ、ようやくこの日からお世話になる
Madam Arianti(アリアンティ)さんと合流できました!

空路・海路を経て第三国に入った経験は、はじめてで、この日
だけで、日本出国・シンガポール入国・同出国・インドネシア
入国と、4つのスタンプがパスポートに…clover

とまれ 大阪市中央区の拙宅を、日本時間8時に出発し、
バタム島 Harbour Bayに現地時間19時30分到着。

約半日での移動という結果は、みなさん、どう思われます?wink

|

« 関空出発! まずは空路シンガポールへ | トップページ | Losmen(海上木造小屋)の夜はふけて… »

コメント

この度 バタム島のツアーの情報サイトを作って見ました。
バタム島ツアーを計画の際は、宜しくお願いします。

投稿: バタム島リゾート情報 | 2011年1月28日 (金) 18時27分

web-siteは、下記の通りになります。
当方、現地に日本人のスタッフがサービス致しますので
言葉の問題等、解決出来るとおもいます。
http://www.ewjp.com/batam

宜しくお願い致します。

投稿: バタム島リゾート情報 | 2011年1月28日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関空出発! まずは空路シンガポールへ | トップページ | Losmen(海上木造小屋)の夜はふけて… »