1.クルマお宝話

2018年7月 4日 (水)

車お宝話(495)73歳で起業するぞ~(2)

無事、今月6月12日に会社設立の登記が完了!

社名は「トミーカイラ株式会社」とし、
英文では「Tommykaira  Inc」として再出発だ!

さ~て「いよいよやるぞ~」っといった気分だが、
車造りを始める前に色々とやることが山ほどある。

前に立ちはだかる難関を一つひとつクリアする
ことが先決問題。

今回の起業テーマは、「ラスト・サムライ」

ガソリンエンジンが消えつつある中で、ラストは
日本の技術を最大限にうたった「サムライ」を
造りたい・・・

Img_9417

高回転のガソリンエンジンを使って「オリジナル
スポーツカー」を造る・・・

Img_0377

どんどん「夢」は一人歩きするのだが、しかし、
・・・なかなか手ごわい!

面白いアイデアはいろいろあるのだが・・・

世界がEVにシフトするのが良くわかる・・・

排気ガス問題、安全性、CP、などなど・・・

でもでも、こんなことはいつものことだけどね!

さ~、前進あるのみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

車お宝話(494)エールフランスの旅

今回はフランスで感性のお勉強をしてきた!

フランス郊外の、カンヌ、アンティーブ、グラース
と巡り、そしてパリに入る。

今回縁あって「ルイヴィトン」のラボとアトリエを
特別に案内してもらうチャンスに恵まれた・・・

モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・ジャパンの招待
によるものだが、これが大いに勉強になった・・・

通称「LVMH」、世界最大のフアッション企業。

その中でもドル箱の「ルイ・ヴィトン」ブランド
は規模も、分野も、すべてが別格・・・

一般的には1854年創業となっているが、創始は
1821年で、今回はその中でも初期の頃から続く
「トランク・アトリエ」を見せてもらうことができた・・・

Img_1153

Img_1019_2

現在も創業当初から続く場所に有り、パリからは
30分ほどの街、アニエールにある。

当時から、長距離旅行用のトランク、スーツケース
など、すべてハンドメイドで造られているが、
メインフレームはすべて木製・・・

Img_1020_2

そのメインフレームとなる「木」がこの地に豊富に
有ったことと、セーヌ川沿いで木の運搬にも最適と、
この地が選ばれたのだという・・・

現在も長距離旅行用のトランク、スーツケースなど
は勿論、ヨットレースの優勝カップケース、ギター
ケースなど、すべてオーダーによる物のみ造っている!

150年前からの技術と、永年の経験から来るもの
がミックスされて、今日まで営々と継続生産されて
いる現場を見て、車造りと共通する「モノ造り精神」
に感動と、感慨を頂いた!

Img_1023

Img_1026

世界のルイ・ヴィトンのイメージからすれば決して
大きくないアトリエ、しかしこの中に全てが凝縮され、
環境、雰囲気、伝統の、すべてに優しさが溢れている。

前後するが、もう一つ素敵な経験をさせてもらった。
パリに入る前に、カンヌに滞在して「グラース」に!

「香水の都」として、知る人ぞ知る街で、古くから
ラベンダーやジャスミンなど、天然香料がふんだん
に咲き、素晴らしい水と相まって世界有数の地に!

ここで世界的に著名で、「調香師」のモーツアルト
と呼ばれる人物と出会う!

フランス語で「ネ」と呼ばれる「調香師」の殆どは、
2000種類の匂いを嗅ぎ分けるといわれ、因みに
一般の人は200種類ぐらいだとか!

僕があった天才調香師はなんと5000種類を嗅ぎ
分ける事が出来るという・・・

この人物はサンローランや、シャネルをはじめ、
超有名ブランドの香水を手掛けてきており、
昨年よりルイ・ヴィトンが香水を手掛ることになった
中心人物、「ジャック・キャバリエ」氏。

Img_1149

有難いことに車が趣味で、楽しくお話ができた!

やはり人が感じる「感性」に於いて、車造りにも
共通したものがあり、オリジナリティが大事だと!

ここのラボ、「ル・ファウンテーヌ・パルフュネ」は、
元々1848年から香水工場として使われていたが、
50年以上前に閉鎖され、廃墟となっていたという!

それをLVMHが2013年に大規模改修を行い、
天才調香師、ジャック・キャヴァリエに任せた結果、
誕生したのが、昨年9月に発表されたルイ・ヴィトン
初の香水・・・

Img_0968

夢のように美しいところで、ジャックが幼い頃より
慣れ親しんでいたこの地が、香水造りには最適、
最高の場所だという・・・

Img_0959

Img_0967

Img_0969

Img_0993

アトリエといい、研究所といい、自然を大事にした
素晴らしい環境が、創造性を高め、独自性を生み出す
原点になっていることを、じっくり教えてもらった!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

車お宝話(493)73歳で起業するぞ~!

来週中を目途に会社設立の準備を着々と進めている!

現在進行中なんだけど、それまでに色々調査したり、
計画性を充実したものにと、あれこれ思案中だ。

またクルマを造るとなると色々大変な事柄が多いが、
それをクリアする気力が最も重要となる!

とは言え、すでにチューニングカーの開発はスタート
しているし、スポーツカーの構想はほぼ固まっている・・・

あとは全ての条件をクリアすればいいだけなのだが、
「言うは易し、行いは難し」で、気合を入れねばと・・・

な~んて、そんなことを思っていたら、既に気持ちが
ワクワク感で満たされてきた!

昔からそうだが、どうも僕はクルマを集めるだけでは
満足できず、何か満たされない気持ちになる・・・

で、、いっそ造ってしまえとなってしまう!

30年振りに車販売の「トミタオート」も復活させて、
クラシックカー集めを楽しんでいたのだが、だんだん
と充実感が薄くなる・・・

GLMのEVスポーツカーも役員だが、直接絡んで
ないから、応援団的で、充実感からは程遠い・・・

そんなこんなで、古希の時に「70歳からの挑戦」を
思いついたのだが・・・

時の経つのは早いもので、歳も歳だし、早くしないと!

決して焦っている訳ではないのだが、気力が充実して
いるうちに走り出さないと・・・

夢を「夢」で終わらせたくない!!

そんな気持ちで現在過ごしております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

車お宝話(492)雪の「ベッキオバンビーノ」

2月末から海外も含め、出張続きで大忙しの毎日・・・

今回の「春のベッキオバンビーノ」も例にもれず、
綱渡りのようなスケジュールの中での参加・・・

ほんと、ハードスケジュールで、3月半ば過ぎに
ベネチアから戻り、3月末の3日間は北海道へ!

Img_0527

Img_0514

Img_0598

慌ただしく新千歳空港から飛行機で伊丹空港に戻り、
まっすぐ帰宅。

1日於いて今度は金沢へ、振り子電車のサンダー
バードで、この振り子がまた疲れるのだが・・・

といってもこれは楽しいひと時で、お鮨を食べに!

Img_0656

予約が取れない、この店のカウンター10席すべてを、
有難いことに、仕事の仲間が押さえてくれたのだ。

東の「すきやばし次郎」、西の「小松弥助」と言われ、
87歳で現役の寿司職人が、目の前で握ってくれる!

愛想よく、全て手渡しでの感触は大いに勉強にもなり、
年齢を感じさせない職人の姿にも、刺激を受けた。

そんなご主人の「弥助」さんに比べたら、
僕なんてまだまだガキだろうな~・・・

数時間後、その思い出をあとに、近くの小松空港から、
羽田国際空港へ、そのあと深夜便で、ロスアンゼルスへ!

なんとも忙しないフライトだったが、それでも到着したら、
愉快なロスの仲間と、毎日のゴルフ、食事と、そして酒が
待っている・・・

Img_0670

楽しい日々は瞬時に過ぎ去り、5日後にロスアンゼルスを
後にして、羽田空港経由で、大阪伊丹空港に6日に到着!

そして翌日の早朝には、50年前のフォードムスタングで
ベッキオバンビーノに参加するために、岡山に向けて出発!

早朝、岡山の集合地点に入り、8時半岡山護国神社を出発、
7日、8日の2日間で500㎞ほど岡山県近郊を走り回る
という、タイトなスケジュールだった!

とまぁ、書いてしまえば大したことはないのだが、
今回は大番狂わせが多く、大変だった・・・

だいたい海外出張の準備だけでも大変なのに、寒い北海道、
暑いロスアンゼルスと、衣装を考えるだけでも大変なのに・・・

ところが、この予想が大外れ、ロスアンゼルスが寒いのだ!
毎年、年に数回は行ってたけど、こんなのは初めての経験!

それでも3日目からはいつものロス晴れで一安心したけど!
でもでも、夏物しか持っていってないから、この辺りから
風邪気味に・・・

とどめは、帰国して翌日の岡山での「ベッキオバンビーノ」。

なんと4月7日なのに気温は0度、勿論、山間部を走るが故
の出来事なのだが、、まさかの雪!

Img_0691

なのに今回は4年前、ロスから買った67年式
「ムスタングコンバーチブル」での参加なんだから不利!

Img_0694

やっぱり長距離と、雪は、アメリカ車は不得意だと・・・

だから初日のパーティは早々に切り上げ、ホテルの部屋で、
即就寝。

それでも翌日は青空となり、倉敷美観地区のまだ桜が残る
沿道で、大勢の人たちからの声援で又元気をもらって復活!

Img_0743

でもでも、結局、家にたどり着いた途端、10年振りに
風邪をこじらせ、3日ほどダウンしてしまった・・・

といっても寝込んだわけではなく、ただ毎日の生活パターン
を超健康的にしただけだけど・・・

有難いことに仕事柄、即、漢方や疲労回復の点滴で治療した
から、早期に復活できた・・・

でもでも、今後は余り自分を過信せず、身体を労わろうと、
心底思ったのは、なによりの収穫か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

車お宝話(491)夢追い人は楽し!

昨日の3月1日で、73歳になった!

古希のパーティで「70歳からの挑戦」をタイトルに
掲げて早3年・・・

この3年、虎視眈々と「70歳からの挑戦」の中身を
練ってきたのだが・・・

ここに来て、なんとか頭の整理がついてきた!

昨年5月に、自動車評論家・西川淳主催のスーパーカー
の集いが、京都の北野神社で開催され・・・

その時、久々にZZⅡを引っ張り出して展示してもらい、
そのトークショーでも、近未来に「ZZⅡ」を数台造る
といってしまった経緯がある!

まぁ常々頭にあるから、ついつい自分の口から突いて出た
のだが、本当は色々、様々な考えが頭にあって、纏まりが
着いていなかったが、ここに来て2つの的に絞られた。

昨年の暮れに、トミーカイラEVテストドライバーの
白石君から「近々会いたい」とメッセージが届く・・・

なんだろうな~・・・レースかな~?市販車のこと?
それとも彼のやってる、レーシングシュミレーター??

そんなことを考えながら、20代の若者に会ってみると、
5年も温めてきた構想を語りだす・・・

Img_0372_3

それから数回、自宅や、レストランで構想を練っていたら、
不思議と答えが見つかった!

Img_0378_3

若いが彼も「夢追い人」、自然と僕の構想と重なり合う。

Img_0377_2

そうこうしていたら、つい先日「GLM」の小間社長と

香港で食事をすることに・・・

Img_0399

小間ちゃんも立派な「夢追い人」、瞬く間に構想が膨らみ、
重なり合う!

彼とは8年前に出会って、瞬時にトミーカイラEVを決断
した経緯がある・・・

今は毎月役員会で会って、小間ちゃんの成長ぶりを真横で
見て感心し、そして応援している・・

まだ名前は出せないが、他にも数人ビッグな「夢追い人」が
参加してくれると思う・・・

「限りない夢、限りない人生、限りない成長、を目指して
いよいよ人生のラストスパートか!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

 車お宝話(490)京の節分は花街の「おばけ」で!

2月1日、2日、3日、京の五花街は「おばけ」一色!

毎年のことだが、最近は前年の流行ごとが芝居に組見込まれて、
大笑いすることが多い!

Img_0243

Img_0244

Img_0247

伝統や格式のある館での遊びには、伝統的なものが多いが、
この時ばかりは、「ブルゾンちえみ」「富が丘高校のダンス」
などなど、結構レベルが高いものを組み入れて踊る。

Img_0269

Img_0271_2

Img_0272_2

Img_0273_2

節分の「鬼退治」を、芸子さんや舞子ちゃんが一生懸命
変装して、鬼を驚かせて退散させる!

Img_0263

Img_0262

Img_0261_2

普段は綺麗な着物に包まれて、華やかにお座敷に出る
芸子さん、舞子さんもこの日は大変身で、身を包む!

Img_0274_2

男衆に変装したり、猿になったり、お姫様になったりと、
この日ばかりは、面白おかしく舞って楽しませてくれる。

でもでも、流石は普段から芸事に通じている、芸子、舞子
さんたち・・・

年に一度の「おばけ」でも、演ずる芸には感心する!

だいたい2人から3人の組が多いのだが、息がぴったりで
相当な練習量がなければ、そうはいくまい。

五花街のそれぞれの館から、声が掛かりのお茶屋さんに、
その衣装のままで、出向いていくのだ・・・

最近は海外からの観光客で賑わう、祇園界隈!
道で出会った人は、さぞびっくりしたことだろう!

でもこの風習は、元をただせば町衆から始まったもので、
やはり、民衆が災難から守るために興じたもの。

だからでもないが、今年は僕も狩り出されてしまった!

Img_0268_2

Img_0288

でもでも、寒い真冬の京都もこの「おばけ」で温まった。

Img_0265_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

 車お宝話(489)大変化の年を迎えて!

僕自身、小学生を終えるまでは普通の子だった
と記憶しているが、中学生で大変化が起きた!

転校した学校で知り合った友達がすっかり僕を
変えてくれた。

それ以来今日まで変化の連続で、変化しないと、
生きて行かれなくなってしまった!

そう、その時代の最先端だった乗り物・・・
オートバイに魅了されてしまったのだ・・・

その友人は、後にモトクロス界の頂点に立つ!

そのお蔭で僕も、モトクロスにのめり込む・・・

そして友人は日本のレース界でも頂点に君臨し、
やがて日本初の「F1」を製作する。

「KE007」のコジマエンジニアリングだ!

時は異なるが、僕も並行輸入に先鞭をつけ、
スーパーカーブーム、チューニングカーを
経てオリジナル・スポーツカーを造ることに・・・

なぜか、次から次へとやりたい事がでてくる!

その後も、現在の医療業界など、今日まで
やりたいことの連続で、変化し続けている・・・

その僕が、昨年辺りから、自分の力では、
どうにもならない大きな変化に、驚きと、
焦りと、興奮を、感じている・・・

自動車の分野では、EV化や、自動運転など
による業界の再編、新規参入、新分野の開発
が日常化し、今までの経験では先が読めない!

医療業界でも再生医療、AI導入による診断、
未知の薬品開発が100歳時代到来を後押し
する。

こんな大きな変化を目の前にして果して僕は
自然体で生きていけるのか・・・

チャンスを掴むことができるのか・・・

そんなことを、つらつら考えていたら、
・・・面白い話が舞い込んできた!

「トミーカイラ・ZZでレースをやりましょう」

「トミーカイラ・チューニンカーを復活させよう」

そうか、時の変化で過去も変化するんだよね~!

その時その時を、目一杯、全力で走り抜けたから
こそ、新しい時代に受け入れられる・・・

だからこそ、人生は楽しいんだと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

車お宝話(488)2017年を振り返って!

今年も余り日本人が知らないリゾート地を求めて、
欧州や米国の各地を旅して来た。

少しづつだが世界の各地に知人、友人が増えて、
次に行くのが楽しみになる。

この旅の目的は、ストレスを発散させる事も
重要な役目なのだが、行ってみないと分らない、
その地の人の暮らしぶりや、その地の成り立ち!

訪れる全て地が、歴史の重みを充分に感じさせて
くれるが、同時に変化も教えてくれる。

そんな旅から、急速に変化する昨今の世界情勢を、
強く感じ取ることができるし、日本人として、今後
なにをどうすればいいのかを、知るヒントにもなる!

たったこの2年ほどで、世界の情勢が大きく変化、
特にこの1年の変化は「100年に一度」の言葉が
ぴったりと当て嵌まる「大変化の年」だった!

その変化を敏感に感じ取って書いたブログが・・・

6月17日の「車お宝話(480)」に書いた、
私見「電気自動車の将来」。

僕の、今年一番の「予想トピックス」だったと、
自負している。

今後、AIやロボットなどは、急激に身近な
存在になって個人の生活にも入ってくるだろう!

僕の環境で言えば、電気自動車も、医療の分野も、
全くその渦中にある・・・

「人生100年時代到来」の文字が急激に溢れる
昨今だが、少なくとも僕は15年前から予測し、
それに向けた治療と食事療法で体造りを実行!

僕らが以前から提唱している「予防医学」が

いよいよ注目される時がくる!

EVも歴史を考えれば、至極当たり前のこと!

Img_8314

Img_8315

以前にも書いたが、蒸気機関車が電化した様に、
地球資源の、石炭や石油には限界がある・・・

でも宇宙のエネルギーを使えば、地球の寿命を
遥かに超える永久的なものになるだろう・・・

まぁこれは僕の持論「想像力の活用」が基盤!

久々に「奇跡の杖」でも読んで頂ければと!

では皆様、どうぞ良い年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

車お宝話(487)ホノルルからラナイ島へ!

ホノルルで2泊して翌日、空港から25分ほどで、
ハワイ諸島で最も人口が少ない島、ラナイへ到着!

Img_1356

ビックリするほど小さな空港で、まるでファミレスの
ような建物が一つあるだけ。

Img_1359

Img_1357

でも駐車場には車がいっぱい止めてあったから、
多分、目の前のマウイ島やホノルルに行く人が
多いのだろう!

だって昔は「パイナップルアイランド」とよばれて、
パイナップル畑が主たる産業だったが、現在はほぼ
観光主体だから、出稼ぎも多いとのこと・・・

マウイ島へは、船でも短時間でいけるらしい。

人口は3千人ほどで、メインホテルはフォーシーズン
ホテルが一つあるだけの高級リゾート地。

Img_1369

Img_1423_2

Img_1473_2

Img_1469

Img_1375

それもその筈で、オラクルの共同創業者で、
世界で5番目の大富豪、ラリー・エリソン
が所有する島としても有名だ!

だから、知る人ぞ知る的な、リゾート地で、
海の美しさや、地上の美しさは別格・・・

そのうえ、メインホテルのフォーシーズンを
確保するのが大変なので一般化しないのだろう!

以前から、そのラナイ島には素晴らしい絶景の
ゴルフコースがあるとは聞いていたが・・・

Img_1372

Img_1419

実際に廻って、今までで一番かもって思うほど、
ほんとに全てが、美しくて、素晴らしい・・・

素晴らしい体験といえば、もう一つ・・・
オフロードカーで探索する島めぐり・・・

Img_1459

なにしろ舗装道路は2本しかなく、信号はゼロ。
その他の道路はすべて地道というよりラフロード!

Img_1454

雨が降った後など、危険な状態になるのだという!

Img_1429

Img_1437

Img_1434

僕が行った時も、前日まで雨らしく、通行止め
があちこちにあったし、結構走り概のある道に
なっていた。

Img_1433

Img_1435

Img_1430

でもでも、こんな地道を長時間走ったのは何十年
振りの事で、懐かしくて涙がでそう!

思い返せば、僕が免許をとった頃は地道が
多かったし、なにより砂埃が凄かった・・・

親元が鳥取の出身で、毎年車で9号線を走って
鳥取に行ってたけど、当時の車はドアや下回り
の隙間から平気で砂埃が入って来るので、タオル
をマスク代わりに変な格好で運転していたな~!

いまの時代なら、想像さえできないだろうけど、
田舎に行くと、舗装道路はほとんどなかった!

余談だが、僕の小学生の頃はまだ牛や馬が貨物車
を引いていた時代で、道路は凸凹で、牛や馬の
糞があちこちにごろごろしてた・・・

雨が降れば水溜りがあちこちに出来て歩くのも
大変なのに、たまに通る自動車が水溜りの水を
容赦なくまき散らしていたもんだ!

そんな事を、このラナイ島に来ると否応なしに
体験できたのが、思っても見なかったプレゼント。

そうそう、サンセットクルーズは壮大で絶景続き、

Img_1408

Img_1414

夕日に感動をもらいました。

Img_1460

予想もしなかったことが起きると、人は戸惑うが、
今回の予想外は、思いっきり「HAPPY」だった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

車お宝話(486)恒例の秋のトミーカイラミーティング

相変わらずの海外出張で「トミーカイラミーティング」
のお話が今頃になってしまった。

10月21日の土曜日、いつもの高雄パークウェイに
全国からトミーカイラ車とオーナーさんが集結!

Img_1252_2

Img_1253

Img_1254_2

運悪く台風が近づき、全国的に朝から雨模様。

でもでも、それにもかかわらず、近郊だけでなく、
遠くからも自走で駆けつけてくれたメンバーさんたち
には、ほんとに、ほんとに頭が下がる・・・

Img_1255_2

Img_1256_2

Img_1275

残念だったのは、雨のせいで、窓のない「ZZ」たちが
並んでいなかったこと・・・

Img_1273_2

それでも1台だけだが「トミーカイラ・ZZクーペ」が
高雄パークウェイに到着・・・

Img_1274_2_2

雨の「トミーカイラミーティング」に花を添えてくれた!

ほんと、驚いたし、嬉しかったな~・・・!

もう一つお話したいことがある・・・

つい最近まで、26年間もの永い間、ガレージに眠って
いたR32ベースの「M30」が、青森から遠路走って
きてくれたこと・・・

Img_1271_2_2

Img_1272

僕が最初に、この「M30」の話をオーナーズクラブの
川口会長から聞いたのは、昨年の10月・・・

その地点で「走行105km」、京都から納車のために
走った距離のみとのことで、ほんとに驚いた・・・

聞けば購入されたオーナーさんはクルマの到着と同時期
に病に倒れられたそうで、いままで大事にガレージ保管
されてたそうな・・・

そんな「M30」も他のトミーカイラ車達と初顔合わせ!

オーナーさん達みんな「雨にも負けず」「風にも負けず」を
実践実行して、夜の宴席まで、大いに盛り上がりました。
とさ・・・!

Img_1269

僕も、昨年同様「ZZ」で、参加の積りだったのに・・・

窓なしと、意気地なしとで、乗っけてもらっての参加・・・

でもでも、いつもの楽しいメンバーの顔が見れて一安心・・・

ほんと、今後ともよろしくお願いしますね~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1.クルマお宝話 | 2.奇跡の杖