« 車お宝話(510)自動車メーカーになった男 7話 | トップページ | 車お宝話(512)自動車メーカーになった男 8話 »

2019年7月31日 (水)

車お宝話(511)自動車メーカーになった男 7話

急に思い立って、ふと書いてみたくなったので・・・

半月ほど前にイタリア~フランスを旅したときのこと。

海外へ行くときの楽しみの一つは、ワクワクする車を発見すること、

それは、僕にとって旅をするうえで、一番大事なこと・・・

ところが、今回の旅でワクワクする車には、一度しか出会えなかった!

停まってる車も、走ってくる車も、おもしろくない!

ワクワクする車が走っていないし、停まってもいない・・・

なぜなんだろう、なんてぼんやり考えていたら、フト気が付いた。

60年以上にもなる、永い車好きが、過度の期待を定着させたのだろう・・・

確かに世界中の車が似通ってきていることは否めないが、

多分、見飽きたのだろうと思う!

食べるものだって、若いころから和食一辺倒で、海外でも必死に

日本料理を探してたのに、今は二の次、三の次で、飽きてしまった!

最近は週に三回は、イタリアンのお店に行くし、自分でも好んで作る。

先週なんぞ、初めてのべトナム要理が偉く気にいってしまったほど・・・

タイ料理も食べられるようになったし、肉は根っから好きだし・・・

多分、同じような感覚で飽きたのだろう!

で、唯一 今回の旅で気に入って、思わず追いかけて撮った車が、

初代フィアット500、いわゆる「チンク」だ!

それもめったにないオープンカーで、多分、改造車だろう・・・

色よし、雰囲気よし、乗っている男女もぴったり似会ってた!

多分、もう普通の車では飽き足らなくなってしまったのだろう・・・

10年ほど前からなんとなく始めた料理も、自分が思うように、

自分が食べたいものを、自分の味付けで食べたいからだ!

同じように車も、もう自分で造るしか、ワクワクしないだろうな~。

 

 

 

 

 

 

|

« 車お宝話(510)自動車メーカーになった男 7話 | トップページ | 車お宝話(512)自動車メーカーになった男 8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(510)自動車メーカーになった男 7話 | トップページ | 車お宝話(512)自動車メーカーになった男 8話 »