« 車お宝話(499)年始のご挨拶を! | トップページ | 車お宝話(501)500話を回想して(2) »

2019年1月18日 (金)

車お宝話(500)500話を回想して!

車お宝話(500)500話を回想して!

まずは僕も最初から読み直してみようと思い立ち、
すぐに読み始めたら、なんと22話まで一気に進んで
しまった。

いちいち頷きながら、何の抵抗もなく前に進む!

自分で言うのもなんだけど、結構面白いから引き
込まれていく感覚。

その頃は書きたいことが一杯で、次々と情熱を
伴って書いているのが手に取るように感じるし、
つくづくクルマが好きなんだな~と再認識できた。

でも不思議なことに、当時の自分と書いている頃の
自分と、現在の自分が余り変化していないというか、
変わっていない事に気づく!

そのまま歳を取ったって感じで、当時好きだった
車は現在もクラシックカーとして手元に何台もあるし、
トミーカイラブランドは現在も進行中だし・・・

環境があまり変わってないからかも!

お宝話(2)で、「自分の考えで、自分のやりたい事
をやろう!」と、ないない尽くしの23歳の若者が、
独立するところから始まるが・・・

その時、世情とか環境とか境遇とかを、一切気にせず、
迷わず、真っ直ぐに突き進んできたことが、今日に繋
がっているのだと、改めて気付く!

今まで全く同じで、これは正しいと思ったら、即実行
に移すのが、僕の信条・・・

それは僕が一番大事にしている信条で「本心・良心」が
すべてを決めてくれる。

「本心」は、直感に近いもので、強く思う気持ち!
「良心」は、世のため人のためになるのか!

スーパーカーブームの先駆となるきっかけも、26歳で
生まれて初めて飛行機に乗ってイタリアに行く決心を
したこと!

10315

10312

0430

チューニングカーに先鞭をつけたのも、誰も知らない
西ドイツのAMG社に行く事を決めたことが切っ掛け!

1233

1231

1232

前例のないハンドメイド・スポーツカーを造る時も、
難しいと思わず、正しいと信じ、スタートした。

10014

10141

9

10217

勿論、そこに付いて回るリスクは計り知れない!

スーパーカーという名前さえ存在しない時代に、
それらを仕入れにイタリアまで出向いていくのだ!

登録できるのか?、資金繰りは?、売れるのか?等々!

飛行機だって、ツアーの名前さえない時代・・・
交通公社の人だってあまり知識はなかった・・・
銀行だって決済方法LCの言葉さえ知らない・・・
同業者だってチューニングカーの言葉さえ知らない・・・

そんなレールの無いイバラ道をなぜ好んで歩くのか!

それは簡単なことで、物心ついた時から人に有って、
自分に無いものが、余りにも沢山あったから、無い
のが当たり前で、さして苦にもならないし、無ければ
造ればいいと!

楽天家になれたのは生まれ育った環境が造ってくれた
と想う、無いない尽くしがプラス思考を育ててくれたと!

だから独立した時の無いない尽くしも、さして気にせず
前に進めたのだと思う!

 つづく・・・・・

|

« 車お宝話(499)年始のご挨拶を! | トップページ | 車お宝話(501)500話を回想して(2) »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

㊗️500話、 おめでとうございます。
毎回、楽しく拝見しています。第1話スタートした時に東京転勤、一度大阪へ戻ったものの現在、また東京勤務。お宝話は、国内に限らず、いろんな場所から注目されているブログだと思います。これからも宜しくお願いします。

投稿: TOKYO MATSUI | 2019年1月22日 (火) 19時10分

ありがとうございます!
早いもので12年も経ちました。
その間,松井さんは東京勤務が2回、お互い楽しく歳を
重ねていきましょう。
これからもよろしくです!

投稿: 富田義一 | 2019年1月23日 (水) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/67604234

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(500)500話を回想して!:

« 車お宝話(499)年始のご挨拶を! | トップページ | 車お宝話(501)500話を回想して(2) »