« 車お宝話(493)73歳で起業するぞ~! | トップページ | 車お宝話(495)73歳で起業するぞ~(2) »

2018年6月16日 (土)

車お宝話(494)エールフランスの旅

今回はフランスで感性のお勉強をしてきた!

フランス郊外の、カンヌ、アンティーブ、グラース
と巡り、そしてパリに入る。

今回縁あって「ルイヴィトン」のラボとアトリエを
特別に案内してもらうチャンスに恵まれた・・・

モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・ジャパンの招待
によるものだが、これが大いに勉強になった・・・

通称「LVMH」、世界最大のフアッション企業。

その中でもドル箱の「ルイ・ヴィトン」ブランド
は規模も、分野も、すべてが別格・・・

一般的には1854年創業となっているが、創始は
1821年で、今回はその中でも初期の頃から続く
「トランク・アトリエ」を見せてもらうことができた・・・

Img_1153

Img_1019_2

現在も創業当初から続く場所に有り、パリからは
30分ほどの街、アニエールにある。

当時から、長距離旅行用のトランク、スーツケース
など、すべてハンドメイドで造られているが、
メインフレームはすべて木製・・・

Img_1020_2

そのメインフレームとなる「木」がこの地に豊富に
有ったことと、セーヌ川沿いで木の運搬にも最適と、
この地が選ばれたのだという・・・

現在も長距離旅行用のトランク、スーツケースなど
は勿論、ヨットレースの優勝カップケース、ギター
ケースなど、すべてオーダーによる物のみ造っている!

150年前からの技術と、永年の経験から来るもの
がミックスされて、今日まで営々と継続生産されて
いる現場を見て、車造りと共通する「モノ造り精神」
に感動と、感慨を頂いた!

Img_1023

Img_1026

世界のルイ・ヴィトンのイメージからすれば決して
大きくないアトリエ、しかしこの中に全てが凝縮され、
環境、雰囲気、伝統の、すべてに優しさが溢れている。

前後するが、もう一つ素敵な経験をさせてもらった。
パリに入る前に、カンヌに滞在して「グラース」に!

「香水の都」として、知る人ぞ知る街で、古くから
ラベンダーやジャスミンなど、天然香料がふんだん
に咲き、素晴らしい水と相まって世界有数の地に!

ここで世界的に著名で、「調香師」のモーツアルト
と呼ばれる人物と出会う!

フランス語で「ネ」と呼ばれる「調香師」の殆どは、
2000種類の匂いを嗅ぎ分けるといわれ、因みに
一般の人は200種類ぐらいだとか!

僕があった天才調香師はなんと5000種類を嗅ぎ
分ける事が出来るという・・・

この人物はサンローランや、シャネルをはじめ、
超有名ブランドの香水を手掛けてきており、
昨年よりルイ・ヴィトンが香水を手掛ることになった
中心人物、「ジャック・キャバリエ」氏。

Img_1149

有難いことに車が趣味で、楽しくお話ができた!

やはり人が感じる「感性」に於いて、車造りにも
共通したものがあり、オリジナリティが大事だと!

ここのラボ、「ル・ファウンテーヌ・パルフュネ」は、
元々1848年から香水工場として使われていたが、
50年以上前に閉鎖され、廃墟となっていたという!

それをLVMHが2013年に大規模改修を行い、
天才調香師、ジャック・キャヴァリエに任せた結果、
誕生したのが、昨年9月に発表されたルイ・ヴィトン
初の香水・・・

Img_0968

夢のように美しいところで、ジャックが幼い頃より
慣れ親しんでいたこの地が、香水造りには最適、
最高の場所だという・・・

Img_0959

Img_0967

Img_0969

Img_0993

アトリエといい、研究所といい、自然を大事にした
素晴らしい環境が、創造性を高め、独自性を生み出す
原点になっていることを、じっくり教えてもらった!

|

« 車お宝話(493)73歳で起業するぞ~! | トップページ | 車お宝話(495)73歳で起業するぞ~(2) »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

見ることが出来ない沢山の写真ありがとうございます。
こんな素敵な場所で感性を磨きたいです!

投稿: Goodchy | 2018年6月16日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/66837096

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(494)エールフランスの旅:

« 車お宝話(493)73歳で起業するぞ~! | トップページ | 車お宝話(495)73歳で起業するぞ~(2) »