« 車お宝話(481)ロデオドライブは楽しい! | トップページ | 車お宝話(483)1年振りのアンティーブ・エデンロック »

2017年7月28日 (金)

車お宝話(482)電気自動車時代の到来!

6月に「車お宝話(480) 私見・電気自動車の将来」で、

「今後は世界一の市場を求めて、世界中の自動車メーカー
 が電気自動車を推進していくことになるだろう。」

「丁度100年前、蒸気機関車から電車に切り替わる節目の
 様な気がしてならない・・・」

「だから僕も「EVスポーツカー・トミーカイラZZ」が、
 市民権を得、「GLM」が大きく羽ばたくことを期待して、
 100年に一度の出来事に参加したいと思っている!!」

と書いたが・・・

ところが驚くことに、その後1ヶ月余りの間に決定的な現実
となってしまったのだから、驚く!

「フランスのユロ・エコロジー相が2040年までに国内での
 ガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する方針を明ら
 かにした。地球環境への影響に配慮し、電気自動車(EV)
 の普及を目指す。」

「英国でもディーゼル車とガソリン車の新車販売が2040年
 以降禁止される見通しとなった。英政府が近く発表する」

最早、中国だけでなく、フランスもイギリスも、電気自動車
の普及に本格的に取り組む姿勢を鮮明にしたのだから・・・

まぁ時間の問題で世界中の自動車メーカーが追随することは
間違いないだろう。

このブログを書いている最中にも、そんな予兆が現れてきた。
たった今、ヤフーニュースを見ていたら、初めて目にする
文字が飛び込んできた・・・

「世界販売、ルノー・日産が首位=トヨタ過去最高も3位」

「独フォルクスワーゲンの515万5600台を上回る526万8079台
 を販売した日産自動車と仏ルノー連合が初の首位となった。
 トヨタは3位。」

これを見て、何か大きな地価変動が起きているように感じる
のは僕だけではないだろう・・・

EV市場に於いて、いまテスラを追従できる自動車メーカー
はルノー・日産連合しかないと言われている事とは無関係で
はないという気がする!

このEV市場は100年以上続いてきた自動車産業構造を根底
から覆す大きな波となって、関連産業界に大きな試練を突きつ
けるだろう。

部品点数が、ガソリン車と比較して、4割減とされるEV車、

またこでも、栄枯盛衰の戦いが始まる!

でもこの時期タイミング良く「GLM」は香港投資会社と資本提携、
中国、香港を中心に、活躍の場が大きく広がる。

Img_0523_2




|

« 車お宝話(481)ロデオドライブは楽しい! | トップページ | 車お宝話(483)1年振りのアンティーブ・エデンロック »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/65591081

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(482)電気自動車時代の到来!:

« 車お宝話(481)ロデオドライブは楽しい! | トップページ | 車お宝話(483)1年振りのアンティーブ・エデンロック »