« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月15日 (月)

車お宝話(478)北野天満宮でスーパーカーショー(2)

昨日の昼、京都の北野天満宮でスーパーカーの集いが
開催され、予想外の大盛況で幕を閉じた。

近県からだけでなく、東京からも大勢のスーパーカー
愛好者が集結・・・

Img_0123

Img_0124

Img_0125

Img_0128

Img_0132

Img_0132_2

今回は僕も「トミーカイラZZⅡ」を取材を兼ねて展示した。

Img_0121

食事時のトークショーの後の、野外でのトークショーは

Img_0154

「ZZⅡ」のまえで・・・

初夏の晴れ渡る、気持ちのいい日曜日という事もあり、
一般の方々もこれは何事か、という顔つきでの参加!

まぁ僕としては主催者側の立場としての参加だから、
うれしかったな~・・・

それにしても、自動車評論家の西川淳氏のプロデユースは、
大したもんだと・・・

普段は弟のように気さくな淳君だが、仕事をきっちり熟す
パワーには脱帽!

だってこのイベントが終わって夜には、もうイタリアへ
飛んで行ったんだから、その行動力には驚く・・・

記念すべき、本場のミッレミリア90回大会に出場する
ためだが、その情熱と好きさ加減には感心するしかない!

僕もこのスーパーカーブームの頃には、誰にも負けない
好奇心が、知識と行動を生み、精力的に海外に出て行った
もんだけど!

最初に行った国がイタリア、それから西ドイツ、フランス
アメリカと・・・

当時はツアーといった言葉もなく、まず日本人が観光で
海外に行くなど、ほとんどなかった時代・・・

1ドルが360円の時代だから、大昔の古い古い話だ!

その頃の日本人は、イエローモンキーといわれ、物まね
人種の代表で、海外の企業からは嫌われ者扱いだった・・・

今や国際的に立派になってる大企業でも、当時は同じで、
海外の企業に見学に行ってはカメラを取り上げられ、
物真似を封じられていた。

今の中国と、なんら遜色のないことをやっていたんだから!

その日本人が、今や公正な行動をとる人種として世界から
認められているんだから、やはり歴史を造るには時間が
掛かるのだろう。

そう今思い出したけど、だからこの頃に物まねではない、
日本独自の考え方と、昔から日本人が誇りにしてきた
精巧な技術で車を造りたいと、思い初めたんだ!!

それが何十年後に、この「ZZⅡ」や「ZZ」として誕生し、
特に厳しい目で評価されたかったから、スポーツカー発祥の地
イギリスで披露したのだ!

若さ故、日本人としての誇りを取り戻したかったのだろう・・・

でも、和製スーパーカー「トミーカイラ・ZZⅡ」は世に
出ることもなく、ひっそりとガレージに潜んだままだった!

ところが最近、ネットやモバイルの発展のお蔭で「ZZⅡ」が
蘇ったのだ・・・

Img_0120_2

近年、ZZⅡに関し僕も驚く程の情報が僕の携帯に寄せられ、
どうして世界中の人が、こんなにも「ZZⅡ」を知っている
んだろうと・・・

その理由は、「プレイステーション・グランツーリスモ」の
お蔭だった!

当時、高い人気を誇った「ZZⅡ」を、グランツーリスモで
楽しんだ彼らが、いま大人になって、本物の車に興味が出て
きたのだろう!

彼らは英文で、本物が見たい、乗りたい、どこに行けば・・・
などなど、毎日のように世界中からアイフォンに寄せられる!

やはり「バーチャル・ゲーム」の威力は凄い・・・
いまの「日本の漫画ブーム」も同じなのかもね~・・・

そんなことで、昨日の北野天満宮でのスーパーカーショーで、
この「ZZⅡ」を、あと5台造ると言ってしまった!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ