« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月27日 (木)

車お宝話(477)北野天満宮でスーパーカーショー(1)

5月14日に「Super Car Heritage in Kyoto 2017」が
京都北野天満宮で開催される。

このイベントは、自動車評論家の西川淳氏が数年前から
推進しているイベントで、初回はランボルギーニ主体で、
ミウラやカウンタックなどが数十台並ぶなど、華やかな
スタートを切った!

今年はスーパーカーが主体となり、それに合わせて
昔懐かしいスーパーカーがズラリ勢揃いするらしい・・・

今回は僕も少しお手伝いをして、懐かしいスーパーカー・
ブーム時代のお話など、させてもらう予定だ・・・

それに伴い、トミーカイラZZⅡも是非展示をと賜り、
出展することに・・・

Img_9418

Img_9417

このイベントの告知に西川淳氏が色々と書いているので、
それを読んでもらった方が話が早いかも、と思って!

まずは、昨年のイベントの様子を写真で掲載しよう。

Img_9409

素晴らしい状態のランボルギーニ・ミウラたち・・・

それにしても、舞子ちゃん、芸子さんと良くマッチしてる!

毎年この時期は、海外出張で参加できなかったから、

初めて参加できる今年は、いまから楽しみで仕方ない!

北野天満宮は、僕が23歳で開業したお店のすぐ傍で、
僕にとっては、聖地のようなもの・・・

開業当初、北野天満宮さんには本当にお世話になった。

だって、当初はトイレもなかった、トミタオートの事務所、
いつもトイレを借りてたもんな~・・・北野神社で!

そんな聖地でのイベント、それも僕にとって縁の深い

スーパーカーたちと共に・・・

このコブラなんて、この景色にまったく不釣り合いだが、
よく天神さんの前で、写真を撮らせてもらったもんだ!

Img_9416

Img_9415

今から40年以上も昔の、トミタオート前での写真!

この当時の京都市内には、市電が走っていた。

それにしてもこのコブラが、今は10数億円もするんだ
から、先を見る目が、あったのか、なかったのか・・・

Img_9420

Img_9419

この当時の自宅には、30台ほどのスーパーカーたちが・・・

Img_9414

いま思えば、この頃の自宅は華やかだったんだな~!

毎日、毎日、数百人の子供たちが、おとずれて来て・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

車お宝話(476)春のベッキオバンビーノ!

今年も岡山県で開催された恒例のクラシックカー・ラリー、
「春のベッキオバンビーノ」に参加。

いつも楽しく、久々のクラシックカーの運転を楽しんだ!

このイベント、毎年うなぎ上りの人気上昇中で、今回は
100台が参加した・・・

というより、100台で締め切ったという方が、より実態!

毎回感じることだが、地元の人の温かさがなにより魅力
なのが人気の秘密なのだろう。

Img_9199

Img_9195

今回は「トライアンフTR3」通称トラさんでの出場だが、
古い車から順に出走する、このトラさんは56年型だから
ゼッケンナンバーは「14番」と随分と前からの出走だ!

Img_9207

Img_9206

前回の73年型「パンサーJ72」からすると17歳も年上
だが、機動力は遜色ないし、なによりも本物のビンテージ
の味がうれしい・・・

もっともこのトラさん、ミッションも5速に変更されているし、
フロントにはオプションのディスクブレーキも入っている
から、高速道路も結構静かで、安心感もある・・・

今回は同型が3台出走していたが、無事3台とも完走した
から、結構信頼性もあるのだろう・・・

Img_9185

Img_9208

車齢61歳と考えると、さすがはスポーツカー発祥の地、
イギリスの凄さを思い知らされる!

特に今回の春のベッキオバンビーノには、ミュージシャン
の稲垣潤一さん、ケンバンドの横山剣さんも、参加されて、
チェックポイントがある休憩所などは凄い観客だった!

Img_9192

Img_9205

お二人とも僕の前後で、剣さんは同じ56年型のヒーレー、

稲垣さんは、59年型のMGAフィクスドヘッドクーペだ。

毎年のことだが、地元の食材と近所のおばさんたちが作る
昼食は絶品で、これをピクニック気分で頂けるのも魅力、
だから、これが目当ての参加者も多いと聞く!

Img_9201

Img_9200

Img_9202

毎回一緒に参加している売れっ子自動車評論家の西川淳君
は今回も夫婦で参加・・・

Img_9203

この夫婦での参加が圧倒的に多いのがこのベッキオの特徴!
多分、一泊二日というのがいいのだろう

それと岡山県を挙げての歓迎が心地いいし、たのしいのだろう。

特に、岡山の美観地区の美しさは格別で、普段は絶対クルマ

Img_9193

では走れないところを、ゆっくりとパレードできるのも魅力的だ!

Img_9204

でも主催者の人の苦労は大変なもので、ほぼ一年をついや
している感じだ!

ほんとにご苦労さまで、有難いことです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »