« 車お宝話(465)台北、香港、青森ねぶた祭り | トップページ | 車お宝話(467)南仏・コートダジュールに出発 »

2016年9月15日 (木)

車お宝話(466)探究心を失わない為に!

お宝話「台北、香港、青森ねぶた祭り」のブログを書いた翌日、
南仏コートダジュールに向け、パリ経由、ニース空港へ出発!

そして、帰りにパリに2日ほど泊まって帰るという計画。

帰国後、2日於いて、今度はサンディエゴへ出発というのが
今年の夏休みのハイライト・・・

このサンディエゴでは一軒家を借りて自炊し、2週間滞在
するという計画なのだが・・・

元々この計画は古希のパーティで「70歳からの挑戦」を
掲げたことに端を発する。

Img_0701

70歳までに身体を鍛え上げ、健康を維持しながら、
あらゆる事に挑戦しようとの目論見だ!

21

毎月の様に海外に出て語学力を向上させ、知らなかった
知識の向上と、いつまでも探究心を持ち続けることの
大切さを実感したいが為に・・・

これは僕が若い時より「座右の銘」にしている言葉が
記されている「サムエル・ウルマンの詩・青春」に
すべて書かれている。

その言葉たちを信じてずっと生きてきた様な気がする・・・
だからいまこそ、それを実践しようと・・・

「サムエル・ウルマンの詩・青春」      
                                       
「青春とは人生のある期間ではなく、
心の持ち方を云う。
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、
たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。」

「 青春とは臆病さを退ける勇気、
安きにつく気持を振り捨てる冒険心を意味する。
ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない
理想を失うとき初めて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情は失えば心はしぼむ。
苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥にある。」

「60歳であろうと16歳であろうと人の胸には、
驚異に惹かれる心、おさなごのような未知への探求心、
人生への興味の歓喜がある。
君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美・希望・喜び・勇気・力の
霊感をうける限り君は若い。」

「 霊感が絶え、精神が皮肉の雪に覆われ
悲嘆の氷に閉ざされるとき、
20歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして已む。」

だから、僕はいつまでも探究心を失わない為に、
色んなことに挑戦し、生きて行こうと思うのだ!

 

|

« 車お宝話(465)台北、香港、青森ねぶた祭り | トップページ | 車お宝話(467)南仏・コートダジュールに出発 »

コメント

富田さん
ご無沙汰しております。
さすが、すばらしい詩をご存知ですね!
富田さんは自然に実践されてますね。

もっとできるのではないか、と考えると、もっと勉強したくなるし、もっと試したくなりますよね。
富田さんの足元にも及びませんが、僕なりに同感してます!

投稿: さわ | 2016年9月19日 (月) 14時28分

ご無沙汰です!
お陰様で好きなことばかりして生かしてもらってます。
最近思うことは、「日々これ好日」のこころで、全て
良い方に考え、全てに感謝の日々です。
ゴメン、ちょっとカッコ良すぎました・・・

投稿: 富田義一 | 2016年9月20日 (火) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/64207199

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(466)探究心を失わない為に!:

« 車お宝話(465)台北、香港、青森ねぶた祭り | トップページ | 車お宝話(467)南仏・コートダジュールに出発 »