« 車お宝話(457)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅱ | トップページ | 車お宝話(459)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅳ »

2016年4月22日 (金)

車お宝話(458)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅲ

4日目の朝にモナコを出発、ニース空港方面に向かう。

でも空港へは直接行かず、途中から山の手に進路を・・・
1時間ほどで、エズ村へ到着。

ニースとモナコの間の急峻な山の中腹にあり、鷲の巣村
とも呼ばれる小さな村で、コートダジュール観光の目玉
でもあるらしい・・・

中世の面影が色濃く残る石畳の坂道に、2つのホテルが
あり、そのひとつの「ラ・シェーヴル・ドール・ホテル」
に到着・・・

Img_5405

Img_5406

石畳の坂道を案内されて部屋に到着したが、荷物を運ぶ
人はさぞ大変だろうな~・・・

Img_5428

部屋は村の中に点在していて、食事の帰りなど、まるで
自分の家に帰るような気持ちにさせてくれる。

Img_5443

素晴らしい眺めと、中世の雰囲気の中を散歩する感覚は
なかなかのもの!

翌日はゆっくりと朝食をとって、ニース空港へ向け出発。

ニース空港を飛び立って1時間半ほどでシャルルドゴール
空港へ到着・・・

ここからはいつものS氏が待っていてくれるから楽ちん!

彼のSクラスのリアーシートに収まると不思議と安らぐ!
これから先は全てお任せで、何の心配もないからだろう。

Img_5543

やはり海外は何度行っても神経は使うもんね~!

一路、シャッパニュ地方、ランスに向けて・・・

途中、これから3日間のスケジュールや、世間話を聞き
ながら、空いた高速道路から望む美しい景色に心が和む!

3時間弱で、シェフのU氏が待つ「シャトー・レクイエール
・ホテル」に到着・・・

既に玄関で待っていてくれたU氏と、数か月ぶりに再開!
積もる話に花が咲く・・・

明日は彼の親しい取って置きのワイナリーに連れて行って
くれるそうな・・・

午前と午後に分け、ゆっくりと2つのシャンパンの造り手
を紹介してくれるという!

重厚な中にも、華やかさやと風格が備わるこのシャトー
での食事は格別・・・

Img_5465

Img_5464

特にこの日のためにと、取って置きの料理を振る舞って
くれたもんだから、早速、初日にドンペリのP3を開け
てしまったけど・・・

Img_5470

翌日、最初に訪れたワイナリーは、昨年の暮れにU氏を
招待した京都のお茶屋さんのバーに、偶然置いてあった
シャンパンの造り手の館。

既に下話が出来ていたのだろう、こちらがビックリする
ほどの歓迎ぶりで、手造り醸造の仕方から、地下の広い
倉庫まで丁寧に案内してくれた。

Img_5493

おまけにクルマ好きのオーナーで、僕のことを知って
いてくれ、お互い手造りだよねえ~って!

彼は審査員のようなこともしていて、ドンペリのP3
のことを話したら、自分も飲んだがあれは素晴らしい
よって!

そう言いながら、うちにも同じ年のP3があるからと、
もってきてくれて見せてくれた・・・

思わず、それ分けて欲しいってお願いしたら、にっこり
笑ってダメだという・・・

諦めかけていたら、なんと、なんと、パ~ンと躊躇なく
栓を開けてしまった。

Img_5519

折角だから、みんなで飲もうという・・・
この”振る舞いには”ほんと頭が下がった・・・

Img_5538

40年の時を経た3度目の飲み頃のP3を、惜しげも
なく開けてくれた、その気持ちに、感動し、感謝した!

|

« 車お宝話(457)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅱ | トップページ | 車お宝話(459)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅳ »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/63521985

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(458)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅲ:

« 車お宝話(457)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅱ | トップページ | 車お宝話(459)モナコ・エズ・ランス・パリの旅 Ⅳ »