« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

車お宝話(445)トミーカイラ20周年全国ミーティング

9月12日に「トミーカイラ・オーナーズクラブ・東京」主催の、
「オーナーズクラブ・結成20周年記念・全国ミーティング」が
京都の高雄パークウェイで開催された。

Img_3691

Img_3687

Img_3685

Img_3693

東京を中心に、全国より集まった「トミーカイラ」たち・・・

Img_3692_2

Img_3694

Img_3695

快晴の高雄での楽しいひと時、夜はリーガロイアルホテルでの
宴会が待っている。

Img_3697

Img_3698

Img_3699

それぞれ自慢のオリジナルな「トミーカイラ」を前に話が弾む!

僕にしてみれば全てが懐かしいクルマたちで、静かに胸の内で
想い出に浸り、しみじみと遠いむかしを懐かしむ・・・

1台1台見て廻る様は、まるで遠い過去を散歩しているようで、
なんとも、形容し難い気持ちになる!

まぁそれにしても時の経つのは早いもので、チューニングカー・
プロジェクトをスタートしたのが1985年・・・

前後して「トミタ夢工場」が金閣寺の傍に完成!

そして「ハルトゲジャパン」発足、「BMW635CSI」で
ツーリングカーレースに参戦、その年、シリーズチャンピオンに・・・

87年には、日本初の公認チューニングカー・メーカーとして、
「トミーカイラ・M30」を発表。

その後1997年3月までに、開発生産機種は45車種に上り、
登録台数も、2550台となる。 

その間、1995年には念願の「トミーカイラ・ZZ」を発表!

と、まぁ、そんなことが次々と思いだされ、そこに想いがめぐる。

自分たちが生んだトミーカイラを1台1台見て廻る、その不思議さ!

いろんな思いが胸の内で交差し、一巡して正気に戻る・・・

まだまだやれた悔しさ、荒波にも絶対に負けなかったのに・・・
すべてが目前の、手が届くところまで来ていたのに・・・

株式上場目前での取引銀行の倒産、日産自動車の事実上の倒産、
朝令暮改で、たった半年だけの、ZZに不利な法改正、などなど・・・

数え上げれば切がないが、でもこれにはきっと意味があると思う。

焦りすぎたのか、時代が早過ぎたのか、能力が足りなかったのか!

でも胸の内はスッキリしている・・・

なぜなら、その時、そのとき、寸分の余地もないほど精一杯やったから!

だから今でも前を向いて生きているし、”夢も追い続けている”

Img_3696

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

車お宝話(444)ペブルビーチ・コンクールデレガンス(Ⅱ)

まずは「ラグナセカ・サーキット」の模様をもう少し詳しく!

Img_3463

今回は特別に「シェルビーGT350」のコーナーが設けられ、
誰でも身近に見たり触れたりすることができる。

Img_3464

Img_3465

そして、いよいよ50周年記念トロフィー・レースのスタート!

50台近い「シェルビーGT350」のレース仕様車が、一斉に
スタートする様は圧巻で、V8アメリカン独特の爆音が懐かしい。

一瞬にして50年前にタイムスリップしたかのような錯覚に嵌る!

そして、どのカテゴリーのレースもクラシックカーオンリーなので、
その錯覚が1日中続くから、幸せな気持ちになってしまう・・・

そのクルマたちもまた凄い、何億も何十億もするクラシックカーでレースを楽しむんだから・・・

やはりアメリカはスケールが大きいな~!!

次はオークション会場に目を移そう・・・

Img_3452

Img_3451

Img_3453

どれもこれも目移りしそうなクルマばかりで、幾ら時間があっても
足りないし、 切がない。

Img_3459

Img_3460

Img_3458

コンディショが素晴らしいクルマばかりで、見ていてうっとりして
しまうが、予想落札価格を見た瞬間、びっくりして我に返る!

昨年と比べて、倍以上、いや3倍ぐらいに高騰しているクルマも
ざらにある・・・

Img_3455_2

Img_3456

このメルセデス・ガブリオレなんぞ最早5000万に近いんだから・・・

Img_3454

国産車もトヨタ2000GTや、コスモスポーツが出品されていたが、
かなりの高値で、最近は日本のクラシックカーも人気のようだ。

ビックリしたのはこのポルシェRS60、8億円もするんだって!

Img_3473

Img_3474

僕はこの珍しいアストンマーチンのシューティングブレイクが気に
入ったけど・・・

Img_3457

だってポルシェRS60の10分の1なんだから!

大人気のオークション会場は、熱気ムンムンでヒートしてる!

Img_3461

お次は。、いよいよ「ペブルビーチ・コンクールデレガンス」の日。

Img_3469

Img_3470
特別参加のジャッキースチュアートは大人気だった!

Img_3467

昨年に続き、日産専務の中村史郎さんの部屋から特別に参観・・・

Img_3471

飲み物、食べ物、全部付の、特等席からの眺めは本当に有難い!

Img_3472_2

これは昨年の優勝車のMMだけど、もう30億円は下らないん
だって・・・

Img_3466

今年は「テーマ・フェラーリ」の年だったから、見たこともない
ような1オフのフェラーリがわんさか出ていた。

だから例年より、はるかに人が多かったみたいだ!

Img_3462

その夜、ペブルビーチで会う約束をしていた奥山氏と淳ちゃんと、
大いに盛り上がって、楽しかったコンクールデレガンスを締めくくった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

車お宝話(443)ペブルビーチ・コンクールデレガンス

今年もこの時期、サンノゼ空港経由でペブルビーチに
やってきた!

昨年はサンフランシスコ空港からレンタカーで2時間
かけてモントレーまで来たけど、調べた結果、サンノゼ
空港の方が断然近いいことが判明・・・

日曜日の、ペブルビーチ・コンクールデレガンスを
フィナーレに、この1週間は近郊の、モントレーや、
美しいカーメルなど、一斉に華やかな街に変身する!

特に今回のペブルビーチ・コンクールデレガンスの
テーマが「フェラーリ」だったから、余計に華やかで、
ビッグなイベントになっている・・・

面白いことに、このペブルビーチ近郊にあるモントレーや、
カーメルのホテルは、「コンクールデレガンス」を見ようと
集まる観客のために、宿泊料が普段の10倍に跳ね上がる・・・

嘘のような話だが、間違いなく本当の話しで、
特に今年は「テーマ・フェラーリ」のために12倍に
高騰している!!

並んでもう一つ、「モントレー・ジャズフェスティバル」
の時もこの価格に高騰するのだとか、実にアメリカらしい
出来事だが、これで1年間のバランスが取れてるのだろう・・・

それは、華やかなクラシックカー・レース1色に染まる、
近郊のラグナセカ・サーキットも同じで、入場料の高騰と、
特別席の高いこと・・・

特に今年のラグナセカ・サーキットは、今年が50周年
記念となる、「シェルビーコブラGT500」の記念レース
が開催されるとあって、大変な賑わいだ!

Img_3058

Img_3059

この他、この世界最大級のイベントを自動車メーカーが
黙って見ている訳ではない・・・

新型車の発表の場として、大いにアピールしているし、
大試乗会もド派手にやっている・・・

Img_3008

Img_3011

Img_3013

Img_2980

昨年お友達になったバガーニさんも6台も新車を展示!

だけど、なんといっても、メインはクラシックカーだ。
このコンクールデレガンスには、見たこともないような
名車が、新車のような状態で平然と置いてあるんだから・・・

でも最終日、日曜のコンクールデレガンスだけが凄いん
じゃ~ない!

この1週間は、至る処でクラシックカー・オークションが
開催されている。

Img_2939

そのオークション会場には見学者も多く、熱気が漂う!

Img_2941_2

オークション会場によって、出品されるクルマの内容は
大きく変わるが、最高峰の車が競りにかけられる様子を
見ているだけでも、大興奮!

Img_2942_2

1台、数千万から数億まで、中には数十億の車も競りに出る。

会場の前には、セリに掛けられるクルマが展示してあるが、
どれもフロントガラスに、落札予想価格が必ず書いてある・・・

それを見ながら、ため息交じりに写真を撮っていたら、
幾ら時間があっても足りないし、飽きることがない!!

つづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »