« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月 9日 (日)

 車お宝話(442)初代シルビアと二代目シルビア!

ひょんなことから、懐かしいクルマを買ってしまった・・・

僕のことを「お父さん」と呼ぶ若者が経営する、
クラシックカー屋さんで、初代シルビアに遭遇。

Img_2796

一目見た途端、初恋の気持ちにも似た感情が炸裂!

Img_2798

それもその筈、僕が50年前に乗っていた車と全く、
色も同じシルビアが、突然目の前に現れたんだから・・・

20歳のころ、やっとの思いで手に入れたシルビア。
当時京都に2台しかなく、ほんと超希少車だったな~・・・

Photo3

当時20歳の僕と、シルビアの懐かしい2ショット!

淡いゴールドの車体と、当時としては斬新な白い内装、

Img_2655

Img_2654

ズラリと並んだメーター類に、ウッドステアリング!

Img_2652

Img_2656

迫力あるホイールキャップは、アルミホイールが
主流ではなかった時代の、象徴的な存在だった。

Img_2657_2

でもでも、クルマの大きさだけが記憶と大きく違う。

もっともっと、大きかったな~、と不思議な気持ち!

これは小さい頃遊んだ家の前の道が、もっと広かった
と記憶しているのと同じだろう・・・

ところが今にしてみれば、このサイズが大きな魅力で、
全長3.985, 全幅1.510,の2シーターで、現代のサイズ
からは想像もできないほど小さい!

でもこの小さなクルマが、お世辞抜きにカットが美しい
「宝石みたいな車」に見えてしまうのは僕だけかな~!

当時としては極めて稀な、オールハンドメイドの車で、
1965~1968年までの3年間で、僅か554台のみの製造!

Img_2651

現存数は極めて少ないらしい・・・

数日後、前出の若社長から2代目シルビアもあるよって!
見れば素晴らしい状態の車だったので、エエイ、ヤーって、
買ってしまった!Img_2693

Img_2694

これで初代、二代目と日産シルビアが揃い踏みした訳だが、
二代目はまだ手元に届いていない・・・

Img_2695

この二代目は、当時としては地味なカラーリングだから、
結構年配の人が購入したのではと!

だから今日まで、状態良く乗り継がれてきたのだと思う・・・

Img_2700

Img_2704

Img_2696

今見れば、なんとセンスのいい内外装色だと感心する。
現代は、白、黒、銀、がほとんどの時代だから余計にそう思う!

この前衛的なスタイルは、当時「UFO」シルビアと呼ばれ
話題を呼んだ、正式にはニューシルビアS10だ!

初代、二代目ともに、オリジナルペイントのままの状態だが、
全く美しさが失われていないところに、注目してほしい・・・

この初代シルビアで、秋に開催されるクラシックラリーに出場
しようかと思って、今から楽しみにしている!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »