« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月23日 (木)

車お宝話(441)パリ、ノルマンディ、シャンパーニュの旅(Ⅲ)

パリの宿はいつもの「ブリストル」だが、ここには名物というか、
マスコット的な存在として、可愛い猫が住んでいる・・・

名前もスゴイ、「クレオパトラ」という名前だが、風貌もピッタリの
気品あるネコ!

Img_2198

こんなホテルに住んで、1日中好き勝手に徘徊している「クレオパトラ」
は、ある意味パリで一番優雅なネコかも・・・

Img_2200

だって、綺麗なテラスでも、お部屋でも、チェックインカウンターでも、
好きなように振る舞ってるんだから・・・

Img_2202

そのアイドルのネコが、なんと今回は部屋に忍んできてくれたのだ!

これは何か良いことがありそうな、と思っていたら、なんと、またまた
ディオール会長のペロー氏から、一族が経営する2つ星レストランに、
招待されてしまった。

Img_2269

ペロー氏とはカンヌで、言葉が通じてるかは知らないが、共にキック
ボクシングをする仲間だと分り、意気投合した仲だ!

Img_2270

その彼が食事の合間に建物内を案内してくれたが、これまたビックリ!Img_2286

なんとナポレオンが建てた建築物で、隣接するブローニュの森で狩りを
するために使ったのだとか・・・

なんとも由緒ある建物での食事会は、気候がいいからと特別にテラスで!
というわけで、今回もまた楽しくも、貴重な時間を持つことができた。

あくる日、車で一日中ブラブラしていたら、僕が持っているのと全く同じ
メルセデス280SE3.5に遭遇、思わず携帯のシャッターを押す。

Img_2208

近くに面白い店があるとからと行ってみたら、店の名前が「エスガルゴ」で、
ここはその専門店・・・

Img_2308Img_2312

人気のメニューは、3種の味が楽しめるエスカルゴの大皿の盛り合わせで、
定番のニンニク味、フォアグラ味、トリフ味だが、やっぱり食べなれてる
ニンニクにバジル味が1番かな~!

その店の近くで、面白いクルマを見つけたので、写真を1枚だけ・・・

Img_2220

ジャガーXJRをベースにワゴン風に改造してあるけど、不恰好?!

さぁ~出発、、旅の締めくくりは、シャンパーニュ地方ランスの街まで!
高速道路をゆっくりとシャンパーニュ地方に向けてクルージング・・・

到着したのは、古いお城のホテルで、その名も「シャトー・レクイエール」。

Img_2476

友人の紹介で、このホテルに25年も務めるスーシェフの馬田氏に会う!

Img_2417

Img_2423

心のこもった彼のディナーを満喫、そのあとは素敵なホテルのバーで、

Img_2445

ちょうど勉強に来ていた、東京のレストランオーナーとも一緒に歓談!

やはりどんな職業でも、名のある人は勉強熱心だとつくづく思った次第。

翌日、馬田氏が厨房や、5万本もあるシャンパン&ワインのセラー室を
案内してくれるという・・・

Img_2469_2

地下3階まである厨房で、何十人もいる職人さんに的確に指示を出す!

Img_2462

こんな体験は初めてだからと言ったら、あとでシャンパン工場を見学
したら面白いよって、1800年代のシャンパンもあるからって!

Img_2531

Img_2519_2

この街のシャンパン工場が持つセラーは、冷やす地下道になっていて、
全部を合わせると120キロにもなり、パリまで行ける距離に等しい
んだって・・・!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

車お宝話(440)パリ、ノルマンディ、シャンパーニュの旅(Ⅱ)

パリに帰っての”うれしいお誘いとは”・・・

なんと「ベルサイユ宮殿の晩餐会」に誘われてしまったのだ!

Img_2321

5月にカンヌであったディオールのクルーズファションショー
に続き、今度はオートクチュールショーを巨匠ロダンの美術館
で開催するから是非にと!

そしてディナーはベルサイユ宮殿のお庭を特別仕立てのトラム
に乗って散策した後、「グラントリアノン宮殿」での晩餐会!

こんな貴重な体験を、いっぺんに2つも体験できるチャンス!
そんな嬉しいお誘いを、断る理由はなにもない・・・

ロダン美術館は、オートクチュールショーを開催するために
大きく様相を変え、普段の「ロダン美術館」とはまた違った
美しさで衣替えされ、招かれた人や関係者でにぎわっている。

Img_2234

モデルさんが歩く紫のカーペットの両側は、世界から招かれた
招待客、120人が座るための席なのだが、きちきちのスペースで
超狭い!

Img_2243

Img_2247

Img_2248

それでも、席順が決まっていて、ネーム入りの資料がその狭い
スペースに所せましと置いてある・・・

Img_2240

案内されて席に着くと、ショーンコネリーそっくりのダンディな
おじさんが、アメリカから来たんだよ、よろしくって、握手を!

多分、この狭さに驚き「袖触れ合うも何かの縁」みたいなノリで
話しかけて来たんだろう、その後晩餐会でお友達になってしまったが!

夜の晩餐会まえのトラムでのお散歩も、優雅で美しいの一言!

Img_2327

Img_2320

Img_2323

Img_2353

Img_2350

そのあとゆっくりと晩餐会の会場へ・・・

Img_2366_2

Img_2360

Img_2378_2

Img_2386

いつもは「ベルサイユ宮殿見学コース」として柵の外から見ていた
ところを歩いていくのだから、一瞬、タイムスリップしたかと錯覚
する!

Img_2398

パリからシャンパーニュ地方へと続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

車お宝話(439)パリ、ノルマンディ、シャンパーニュの旅

LAから帰ったばかりなのに、1週間後、今度はパリに出発!

2月にパリに行ったとき、ドライバーのS氏が「今度は季節が
良い7月に是非きてください、パリを離れて郊外のノルマンディ
やシャンパーニュ地方を案内しますよ」って!

そう言えば最近はクリスマスとか、真冬のパリがほとんどで、
パリと言えば、厚手のコートと皮の手袋がすぐ頭に浮かぶほど
だったのに!

そのS氏から、綿密な計画がメールで送られてきて、即決!

何度かやり取りをして、空港からパリを素通りしてノルマンディ
まで一気に、ニューSクラスで行きましょう、ということに!

空港から、パリを通り抜けて一気に走れば、ドービルまでは
2時間半から3時間ほど・・・

ノルマンディでゆっくり3泊して、美味しい海の幸とゴルフを
満喫しようと言う計画。

Img_2062

Img_2067

特にノルマンディ地方のムール貝は、世界の中でも絶品中の絶品。
小さな殻に黄金色の中身は、まるでウニのような味といえばいいか

Img_2127

Img_2128

Img_2129

素手で、殻を爪代わりにして食べる美味さは、なんとも格別な味!
あまりの旨さに2日続けて挑戦、すっかりムール貝の虜になって
しまった。

Img_2120

日本語の「SAKANA」を名乗る2つ星レストランの味も絶品!

Img_2099

Img_2105

まさにノルマンディー地方はご馳走天国、ドービルの優雅な地には、

Img_2151

豪快な景色の綺麗な海もあるし、そしてカジノもある。

Img_2046

それぞれに凝った建築の別荘は、面白くも見ていて楽しい。

Img_2038

Img_2042

Img_2044

郊外を走っていたら、偶然にも「ポルシェ356A」に出会ったが、
やっぱり優雅な別荘地に良く似合う!

Img_2144

ゴルフ場も素朴で、優雅で、日本では味わえない風格があるし、

Img_2079_2

Img_2084

ホテルもなんとも落ち着ける素晴らしい雰囲気だった。

Img_2059_2

Img_2068

このあとパリに戻れば、なんともうれしいお誘いが待っている!

つづく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »