«  車お宝話(437)バブルなクラシックカー市場 | トップページ | 車お宝話(439)パリ、ノルマンディ、シャンパーニュの旅 »

2015年6月27日 (土)

 車お宝話(438)ジャガーEタイプ2台を衝動買い

3月に引き続き、先週からまたLAに行ってきた。

ホテルはいつもの「ビバリー・ウイルシャーホテル」・・・

このホテルが好きなのは、いつ行ってもクルマ好きを
満足させてくれるクルマが、所狭しと置いてあること!

そして、目の前の「ロデオドライブ」を流すクルマたちが、
新旧を問わず、いつも僕の目を楽しませてくれる事なのだが・・・

今回は、宿泊2日目のお昼にホテルの中庭にお置いてあった、
真っ赤な「ジャガーEタイプ・コンバーチブル」が主役!

Img_1991

美しい女性がオーナーで、まっことよく似合う!

Img_1992

以前にも、マットブラックのアベンタドールから降り立った
女性に痺れたが・・・

特に今回は、この最終モデルのジャガーEタイプ・12気筒が、
やけに僕の心を虜にしてしまった・・・

実はLAに着くまで「190SLロードスター」を100%買う
積りでいたのだが・・・

ところが、ホテルに着いてすぐに電話が掛かり、お目当ての
「SL」はタッチの差で売れてしまったのだという・・・

とんでもなく高いプライスがついていたので、まさかこんなに早く
売れてしまうとは・・・

他にも数台見たが、お目当ての「SL」とはすべてに於いて
見劣りすること甚だしい。

パゴダルーフのSLは、山のように売り物はあるけど興味はないし!

まぁ今回は友人たちと、ゴルフ三昧と、おいしい食事で楽しくって、
思っていた矢先に、真っ赤な「ジャガーEタイプ」に出会って
しまったという訳・・・

急遽、ターゲットをジャガーEタイプに変更し、結局、帰国日の
午前中に3台の「ジャガーEタイプ」を一挙に見ることに・・・

Img_1982

Img_1983

内容は、ジャガーEタイプ・シリーズ2のコンバーチブルが1台、
シリーズ1の3.8クーペと、シリーズ3の12気筒クーペ、計3台

Img_1985

Img_1986

Img_1987

Img_1989

随分と昔の話だが、ブリティシュグリーンの「Eタイプ・クーペ」
に乗っていたことがあり、個人的にはコンバーチブルよりクーペ
のデザインが僕の好み・・・

02051

02052

このリアーゲートを開けた時の雰囲気が、たまらなく好きで、

Img_1988

クーペというよりシューティングブレイクといった方がいいと思う。

このリアーゲートのからの眺めは最高で、コンバーチブルにはない

Img_1990

雰囲気が得した気持ちになる!

そんなわけで、フライト数時間前にこの2台の「Eタイプ・クーペ」
を買ってしまった!

と言っても、まだまだ日本に到着するまでには、時間も掛かるし、
厄介な車検も必要だから、乗るまでには数か月は掛かるけど・・・

でもいま乗っている一番お気に入りのジャガーは、25年前だけど
新車同様のバンデンプラス4.0・・・

まぁ、この同じジャガーに乗って、ゆっくりと待つことにしよう!

|

«  車お宝話(437)バブルなクラシックカー市場 | トップページ | 車お宝話(439)パリ、ノルマンディ、シャンパーニュの旅 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
たまたまマトラ シムカ バゲーラを検索していましたら富田様の記事に遭遇致しまして、勝手ながら色々観覧させて頂き凄く楽しませて頂いてます。
私もスポーツカーは好きで過去プジョー306、BMW E36とまあ、大衆車にはなりますが乗ってました。
今はトヨタ86に乗っています。
と、ジャガーEタイプ〜イイ車ですよね。
私もクーペの柔らかいラインが好きです。おっしゃられておられますように
リアハッチバックからの眺めは素晴らしく、また癒されますよね〜
しかしながら走ってる姿は見たコトありますがまた乗ったコトは無いんですが
やはりイギリス車らしくしなやかな乗り味なんでしょうね〜
現行ジャガー車ではF-typeが好きで、まあ今乗っている86のデザインもそれに似たところがあり惹かれたと思われます。
ご購入された2台、早く手元に届くと良いですね。
また今後もブログの方観覧させて下さいね。
では楽しいカーライフを…


投稿: 木原 雅裕 | 2015年7月 5日 (日) 09時02分

返事遅れて・・・先日までパリにおりました!
バゲーラは子供がちいさい頃、横に3人座れるので結構
重宝して乗っておりましたよ!30年以上前のことですが!

投稿: 富田義一 | 2015年7月14日 (火) 16時39分

このジャガーEタイプ、6気筒のツインカムエンジンの〽パタパタデュデュデュデュ ブオーン グオオーン〽~と言う古き良きジャガー節が唯一無二の味わいを醸し出し、アストンマーチンDB6ともマセラティとも一線を画する「スピットファイア戦闘機」ないしは「アームストロングシドレー・ハリアー戦闘機」(ともに英国空軍の第二次大戦中の有力兵器)を連想させる、大英帝国ならではの攻撃性を地で行った排気音が印象的です!
トレッドが車幅に対して狭い寸法設定もまた、良き時代の英国文化を感じさせてくれて視覚的には魅惑的な「工芸品」に仕立てられていると思いますが21世紀に入って久しい今日にはまず生まれ得ない貴重なサイズ設定ではないでしょうか。
貴殿の駆るジャガーEタイプにいつかどこかのクラシックカーフェスティバルでお会いできることが見果てぬ夢であるのと同時に、1990/91年式のジャガーXJ6 4.0も負けず劣らず魅力的に感じられます―ロングストロークDOHC6気筒の持つ魔力は、どんな磁石にも勝ると確信します★

投稿: 真鍋清 | 2015年8月19日 (水) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/61801972

この記事へのトラックバック一覧です:  車お宝話(438)ジャガーEタイプ2台を衝動買い:

«  車お宝話(437)バブルなクラシックカー市場 | トップページ | 車お宝話(439)パリ、ノルマンディ、シャンパーニュの旅 »