« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月23日 (土)

車お宝話(435) 「カンヌ映画祭」と「モナコGP」

車お宝話(435)「カンヌ映画祭」と「モナコGP」

ひょんなことから、直前の「カンヌ映画祭」と「モナコGP」の
慌ただしい様子と、香りだけを嗅いできた。

関西空港からシャルルドゴール空港に飛び、そこから映画祭が
間近に迫るカンヌへ行くために、ニース空港へ!

こんな風に書いていると、あたかも映画祭に行くために飛行機を
乗り継いできたみたいだが・・・

実際は、映画祭が始まる当日の朝に、帰国便に乗ったのが現実で、
映画祭とは全くの無関係・・・

では、何故そんな忙しない時に、わざわざカンヌまで行ったのか!

それは「クリスチャン・ディオール」のクルーズ・コレクション
のパーティとファションショーが、当地のカンヌで行われ、
そのパーティに招待された、というのが本当のところ!

だから映画祭と絡ませたのは、「ディオール」の顧客にも多い
ハリウッドスターや、世界のスターを密かに呼び込むためだった
のだろう・・・

まぁそんなことはどうでもいい、普段は人口がそんなに多くない
カンヌの街が、映画関係者やパビリオン的な建物や、トークショー
の仮設工事で、1年で最も人が多く溢れている・・・

Img_1250

各ホテル毎に、1つの映画のパビリオンみたいになっていて、
各ホテルごとに、その映画に合わせた派手な装いやライトで
雰囲気を盛り上げている。

Img_1256

以前に1度だけこの地を訪れたことがあるが、ほんとに静かで、
海の綺麗なリゾート地だったと記憶しているが!

でも今回はカンヌを中心に、クルマで1~2時間ほどで行ける、
近郊のレストランや、美しい景色の田舎町を充分に満喫させて
くれる旅だった・・・

当然、1週間後に控えた「モナコGP」の聖地にも足を運んだが、
高速道路を使えば40分ほどで行ってしまったけど!

余談だが、5日間の滞在中、メルセデスSクラスが僕らの専用車
として常時待機していたのだが、聞けば、僕たちのために日本人
ドライバーをわざわざパリから10時間近くかけて呼んでくれた
のだという。

これには頭が下がったが、もっと嬉しかったのは、その専用車の
ドライバーであるK氏のこと!

彼は現役の頃「ルマン・24」のレーシングドライバーだった人で、
現在も「ルマン」に携わり、パリに30年以上住んでいるのだとか!

僕もルマンには10年通っていたので、間接的に知ってる人だった
から、友人が案内してくれてるようで、ほんと楽しい5日間だった。

この粋な計らいをしてくれたのは、5日間付っきりでアテンドして
くれた日系人の女性アテンダーで、僕がクルマと関係あるのを知って、
考え付いたのだという・・・

さすが世界の「ディオール」、まっこと、粋なことをしてくれる!

このファションショーには、世界中から200人ほど、日本からは、
大阪から1組、東京から1組だけだったから、一連のサービス精神は、
本当の意味でサービスの本質を知る、いい勉強になった。

写真が沢山あるので、まずは5日間の滞在の中でメインのパーティと、
ファションショーの会場から案内しよう・・・

アフタヌーンパーティ形式で行われたファションショー会場は、まるで
8本足のタコを連想させる奇妙な建物だが、なんとも南仏の海に良く映
える・・・

Img_1380

Img_1382

Img_1383

Img_1335

とても日本人では考え付かないようなアイデアと、見どころいっぱいの
この建物は、ピエールカルダン氏の別荘なのだとか・・・

Img_1338

Img_1339

このロケーションをバックに、珍しい野外でのファッションショー!

Img_1346

Img_1348

Img_1370

このたとえ様のない美しい景色を持つ建物は、カンヌの街から山の手に
30分ほど走ったところだったが、曲がりくねった美しい道を走りながら、
”もしスポーツカーで走ったら、さぞや幸せだろうな~”と思わせてくれる
ほど素晴らしいワインディングだった!

次回は「モナコ」や美しいレストランなど、数々紹介しますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »