« | トップページ | 車お宝話(422) 歳と共に思うこと! »

2014年10月 3日 (金)

  車お宝話(421)シンガポール事情

先週の半ばから一週間ほどシンガポールに行って来た。

Img_6398

昨年のお正月にも行ったから、これで2回目となるが、
なにもF1シンガポール・グランプリに行ったわけでは
ない・・・

美容皮膚科学会が、偶々シンガポールであっただけのこと!

でもグランプリが終わった直後だったから、道路脇には
まだフェンスや観客席の名残があって、前回とはまた違う
雰囲気の街並みが楽しめたけど・・・

そんなことを書いていたら、面白いことに気がついた・・・

前回書いたぺブルビーチだって、もともとは何も知らずに
学会があるからとサンフランシスコに行って、そこから足を
延ばし、偶然にもパレードに遭遇したんだし・・・

3年前に行ったモナコだって、これまた、偶然にも学会が
グランプリの直前だった!

やはりこの手の世界的な学会は、観光を兼ねてという気配り
がなければ、世界中から何万人というDrは集められない
のだろう・・・

まさか世界中のDrがクルマ好きだからってことはないよね~!

そうそうシンガポールに話を戻すが、前回と同じ案内人で、
車が大好きなポールが、今回もおもしろいことをいっぱい
教えてくれた。

なにしろ車で案内している最中も、聞きもしないのに殆どの
車の値段を解説付きで教えてくれる・・・

例えば前にベントレーが走っていれば「これ1億2千万もする」
とか、いま乗ってる日本製の8人乗りミニバンは「1200万」、
因みにカローラは「1千万もするよ」とか・・・

ホテルに帰って玄関前に居並ぶ「ロールス」や「フェラーリ」などの
高級車も、関税が3倍以上かかるから全て1億以上もするって!

「だから僕はクルマは買わないよっ!」ってポールが叫んだけど、
「ほんとは買えないのよ~」って、小さくつぶやいた!

「だったら僕が安い中古車を日本から送ってあげるよ」って言ったら、
中古車は一切輸入できないんだとか・・・

仮にできたとしても、全くメリットのない価格になってしまうという。

そのうえ、新車で買った車は10年以上は乗れず、あとは強制的に
後進国に売ってしまうんだって!

家を買うのも、車を買うのも頭金が半分必要で、それが用意できない
人は一生買えない。

「僕はたまたまいい時期に公団住宅を買ったけど、今は5倍になって
 いる」ってポールが言う・・・

だけど車は無理して買わなくても、国の政策でタクシー代が異常に
安いから、不便は感じないって!

日本人には考えられないほど、国に力があるんだな~・・・

もの凄く国の管理が厳しく、タクシーなど一度でもトラブルを起こせば
即、タクシードライバーとしての資格をはく奪されるんだって!

そうそう、怖い話を聞いた!

シンガポールにあるゴルフ場が多くなったので、現在より3割ほど
減らす計画があるという、でもすべて没収なのだそうな・・・

Img_6385

・・・ほんとかな~!

そんなことで、改めて日本は住みやすいってことを再確認した旅でもあった!!

|

« | トップページ | 車お宝話(422) 歳と共に思うこと! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

シンガポールはCOE(登録手数料)に車両本体価格並みかそれ以上の費用がかかる以上は、小生自身が所有しているレクサスIS350(3500cc)は正規の販売をされていないとは言え同型ボディのIS250は1600-1700万円!!!!!、当のIS350も日本/豪州からの並行で買うとすれば2000万円前後と言う話も小耳にはさんだことがある。
まさに「エコと環境のために考えられた税制」ですね。
その一方で、同国は「ベンツ/BMW(そしてレクサス)の都」みたいですね。
カローラをはじめとする一般車が売れず、高額車が主流となる辺り「同じ高関税ならより上等なものを」と言うユーザー心理が伺えるのと同時に、浮世離れを通り越して「殺人的」な税制の下なお一連の高級車をこぞって求める「アセアン・パワー」の購買力にひたすら驚愕させられるしかありません!

投稿: 真鍋清 | 2014年10月 8日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/60414802

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 車お宝話(422) 歳と共に思うこと! »