« | トップページ | »

2014年9月22日 (月)

車お宝話(420)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス(Ⅴ)

いよいよ最終日の日曜、メインイベントの「ペブルビーチ・
コンクール・デレガンス」が、ゴルフの聖地とも言われる
「ペブルビーチ・ゴルフコース」の18番最終ホールを使って
開催される。

Img_6144

毎年開催され、権威あるこの「コンクール・デレガンス」は、
世界的にも注目度が高く、新型車のワールドプレミアの場と
しても有名。

Img_6081

Img_6083

世界的に超希少なクルマ達が、数十年の時を経ていながらも、
全く新車のような素晴らしい状態で展示されているのを見て、
ちょっと信じられない気持ちになってしまった。

Img_6086

Img_6111

まるでタイムスリップしたかのような光景に、ただただ唖然!
別世界にいるような錯覚に陥ってしまった!

Img_6164Img_6166Img_6184Img_6197

この栄えあるコンクールは賞を取ることを目的としてレストア
されたクルマが中心だが、ノンレストアのカテゴリーも用意され
ているから楽しい・・・

殆どのクルマには数人の「ほこり払い役」みたいな人が横に居て、
常にボディを磨いているから、当然「さわるな」の状態・・・

ところがノンレストア車の中には「さわり倒して」みたいな紙が
張ってあったヤツがあって、思わず噴き出してしまった!

このコンクールの審査員には、世界中から数十人の人が選ばれ、
10年以上務めた人、20年以上の人などキャリア組も多い・・・

日本からも数名の審査員が選ばれているが、今回お世話になった
日産自動車の中村史郎専務が、丁度10年目の表彰を受けていた。

もう一人「トミーカイラZZ」や「ZZⅡ」のグランツーリスモ
でお世話になった、プレステの山内氏も審査員として壇上で紹介
されていた。

久しぶりにお会いして「グランツーリスモ」の世界的な活躍を目の
辺りにして、おなじ日本人として少々誇らしかったが・・・

やはり知り合いの日本の方が審査員というのは、うれしいもんだ!

そんなわけで僕は、史郎さんのワインも食事も付いた特別室から、
ゆっくりとこの「コンクール・デレガンス」を見学させてもらった。

世界で最も権威ある、クラシックカー・コンクールの『第64回
ペブルビーチ・コンクール・デレガンス』のグランプリには、
「フェラーリ375MM」が・・・

Img_6118

Img_6116

イタリア映画の巨匠、故ロベルト・ロッセリーニ監督が、
女優で妻のイングリッド・バーグマンのためにオーダーメイド
で作らせた、スカリエッティ・クーペ「ロベルト・ロッセリーニ」
が優勝 !

Img_6149

そのカラーは「イングリッド・グレー」と呼ばれる美しい車で、
最初見たとき「メルセデス 300SLR」を想像させるこのクルマに
一目惚れしたほど・・・

Img_6159

オーナーはクラシックマニアで有名な、もとマイクロソフトの
社長なのだとか・・・!

そうそう今思い出したけど、前日の夜、コンクールが開催される
ゴルフコースのすぐ傍の豪華な別荘で、パーティがあった・・・

スーパーカーでお馴染みの、ビンゴスポーツさん主催の夜会で、
その席に パガーニ・ゾンダでお馴染みの、パガーニさん一家が
参加していて、一家と親しい淳君が紹介してくれたのだが・・・

Img_6061

有難いことに「トミーカイラ」はよく知ってるとのこと・・・
で、話が盛り上がって思いがけず楽しい夜を過ごすことに・・・

やっぱり僕ももう一度「スポーツカー造って見ようかな~」って!

|

« | トップページ | »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

黒色のフェラーリ500スーパーファストとマルーンの1938年式メルセデスベンツ540K/フィゴニ製カブリオレが好対照を成していますね!
ともに「戦前と1960年代を代表する」貴族文化爛熟の集大成で、贅沢の美学である点にノックアウトさせられます!
特にフェラーリ・スーパーファストは全長4820mm=後年の同社の365GT4/2+2やマセラティ・メキシコよりも長いにも拘わらずこの巨体を「完全2シーター」にしている点が「無駄を極めたところにある奢侈の極致」を感じさせてくれて心そそられます。
こうした走る工芸品はもう二度と出ないのかも知れませんね。

投稿: 真鍋清 | 2014年9月26日 (金) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/60357834

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »