«  車お宝話(414)ZZ・EVスポーツ認証取得 | トップページ | 車お宝話(416)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス(Ⅰ) »

2014年8月 8日 (金)

車お宝話(415)50年の軌跡

 

今日のお話は、珍しくクルマの話ではなく「料亭の話」。

僕が19歳の時から通い続けて、なんと50年も経った
というお話・・・

僕が免許を取ったあくる年、念願の「ホンダS600」を
手に入れ、当時の彼女を隣に乗せて、意気揚々と鞍馬山
へドライブ・・・

それまでの「スバル360」では上り坂の多い所は避けて
いたから、新車同様の「S600」でうっぷん晴らしに・・・

09102

鞍馬山の帰り道、少し降りた所の分かれ道を、「貴船神社」
方面に・・・

ちょうどお昼過ぎの食事時、貴船神社を過ぎたあたりから、
「季節山家料理」の看板が掛かった旅館風の家が数件・・・

その頃の僕は世間知らずも甚だしく、料亭といった言葉さえ
知らないウブな整備士だった・・・

当然、うどん屋さん以上の処に行ったことなど数えるほどで、
経済的にも、世間的にも、両親がいない境遇では話にならない・・・

そんな世間知らずのガキだから、何の躊躇もなく一軒の料亭へ!

当然、お品書きには値段など書いてはいない・・・

記憶違いかもしれないが、鳥の水炊きと、一品料理が出てきた
ように思うけど・・・

生まれて初めて「こんなに美味いものは食べたことがない・・・」
腹いっぱいで、満足、満足、大満足でお勘定をお願いしたら、
なんと一桁違う!

ええっ!持ち合わせどころか、ひと月分の給料でも足りない・・・

すると、間髪入れずに、女将さん「よろしおすえ~、若い人は
美味しいもん、なんぼでも沢山食べはったら・・・」って!

その時、この女将さんの笑顔に一生掛かってでも恩返しがしたいと・・・

それから20数年、トミタオート時代も、夢工場時代も毎年暮れに
忘年会をさせてもらった!

そんなことでつい先日も、2代目の大将と女将を相手にむかし話。
「ほんと、50年まえに女将さんに人情を教えてもらったな~って」

Img_5788

今は、京都の奥座敷、貴船の川床っていえば知らない人はない!

Img_5787

良き時代、よき人たち、そんな想いをいつまでも大切に生きたい!

|

«  車お宝話(414)ZZ・EVスポーツ認証取得 | トップページ | 車お宝話(416)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス(Ⅰ) »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/60118612

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(415)50年の軌跡:

«  車お宝話(414)ZZ・EVスポーツ認証取得 | トップページ | 車お宝話(416)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス(Ⅰ) »