«  車お宝話(412)「侘び寂び」の世界! | トップページ |  車お宝話(414)ZZ・EVスポーツ認証取得 »

2014年7月18日 (金)

 車お宝話(413)ドロップヘッドとフィクスドヘッド

早い話、今回のタイトルは、コンバーチブルかクーペかを、
古い昔より英国では、ドロップヘッドかフィクスドヘッド
の名称で区別しているのだが・・・

ドロップヘッドクーペ、フィクスドヘッドクーペと言う風に・・・

実は何故こんなタイトルになったかと言うと・・・

最近仕入れた9台目のオープンカーが、実はオープンカー
ではなく、フィクスドヘッドクーペなのだそうな!

ドロップヘッドクーペ、即ち頭の幌が下に降りるクーペ、
ではフィクスドヘッドクーペとは、頭が固定されたクーペ
ということになるのだろう!

最近のイメージでは幌付のクルマをクーペとは呼ばないが、
昔はドロップヘッドクーペと言っていたし、今でもロールス
ロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペといった正規の
名称のモデルもある。

今回仕入れた1957年モデルの「MGA・フィクスドヘッド
クーペ」は、外観からはオープントップにハードトップを
乗せたように見えるが、室内から見れば立派なクーペ仕立
ての内張りで、しっかりと固定されているから取り外しは
できない!

Img_5698

Img_5699_2

余談だけど、「トミーカイラZZクーペ」と言ったモデルを
後期タイプから発売したけど、やっぱりイギリス生産のZZ
だから、これと気分は全く同じだったけどね・・・

ドイツ車のオープンカーに多いガブリオレは、主に布製の幌
に内張りをつけ、寒い冬でもなんら支障が出ないほどの完璧
な室内空間を確保しているのが特徴で、公用にも使えたほど・・・

それに比べ、カルフォルニアは年中気候が安定しているから、
布かビニール系の簡単な幌がついたコンバーチブルが多い!

まぁなんにせよオープンカー好きの僕だから、仕入れる車は
屋根が開くモデルが圧倒的に多くなってしまう・・・

因みに8台のコンバーチブルや、ガブリオレモデルを簡単に
紹介しようと思うけど!

57年「フォードサンダーバード」(通称ベビーサンダー)で
   超珍しいツインキャブレター・モデル

Img_4689
Img_4476

65年フォードムスタング・コンバーチブル

Img_3538

67年フォードムスタング・コンバーチブル

Img_3554_2

93年ジャガーXJS V12・コンバーチブル

Img_3533

92年ロールスロイス・コーニッシュⅢ・コンバーチブル

Img_5697_2

ガブリオレモデルは・・・

71年メルセデスベンツ 280SE3.5・ガブリオレ

Img_4438

93年メルセデスベンツ 320CE・ガブリオレ

Img_4947

それに新しいけどポルシェ4S・ガブリオレ・・・

Img_5206

だから「MGA・フィクスドヘッド・クーペ」は
残念だけど、9台目のオープンカーには入れられない!

|

«  車お宝話(412)「侘び寂び」の世界! | トップページ |  車お宝話(414)ZZ・EVスポーツ認証取得 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/60005050

この記事へのトラックバック一覧です:  車お宝話(413)ドロップヘッドとフィクスドヘッド:

«  車お宝話(412)「侘び寂び」の世界! | トップページ |  車お宝話(414)ZZ・EVスポーツ認証取得 »