« 車お宝話(404)シャンゼリゼのショールーム | トップページ | 車お宝話(406) 1年振りの ” Los Angeles” »

2014年3月10日 (月)

車お宝話(405)バースデー・パーティ「ロックの会」

私くしごとで恐縮だが、3月1日の69歳の誕生日に、
「ロックの会」なる名称のバースデー・パーティを
「ザ・リッツカールトン大阪」の一室で開催してもらった。

Img_5112

何もロックバンドが来るわけじゃ~ないが、69歳になっても
「ロック」な人生を送ろうという意味!

多くの友人が参加してくれ、楽しくまた有意義な時間を
過ごさせてもらった・・・

童夢の林君も、女体書道家の「圭春」さんを連れてきて、
花街の無地の「うちわ」に「左」と書くパフォーマンスを
披露してくれた・・・

「うちわ」に「左」で、「左うちわ」という僕に対する皮肉らしいが、
彼らしくて面白く、うれしかったな~・・・

「トミーカイラZZ・EV」の、「GLM」の小間社長も乾杯の音頭
を取ってくれたし・・・

特に友人で、兄弟の様な付き合いを保っている、馬場弘文君には、
大いに会場を盛り上げてもらった・・・

ミュージシャンである彼のプレゼントは、勿論「歌」だ!

僕の年齢に合わせて「エルビス」から始まり、「ビートルズ」
彼のオリジナルの「幸子」、「いちご白書をもう一度」などなど、
8曲も歌ってくれ、遊びに来てくれた人たちを、大いに喜ばせ、
盛り上げてくれた!

「いちご白書をもう一度」などと、洒落のようなアンコールで
大いに盛り上がり、気前よく2回も「いちご白書を・・」を歌ってくれた!

想えば彼には、節目節目で大変お世話になっている。

息子の結婚式も思い出に残るが、なんといっても1995年7月、
東京プリンスホテルでの「トミーカイラ・ZZ」の発表会!

10211

発表会当日、プロの彼も友人の晴れ舞台に緊張のご様子、当人の僕も
一世一代の舞台と、おおいに緊張し、二人で気楽にやろうぜと声を掛け
合ったのを想いだす。

10216

その記念すべき僕の大きな節目に於いて、総合司会をしてくれたことは
今も大切な想い出だ・・・

10217

10214

10218 102111

10223

あれから早くも20年近くの月日が経ち、69歳にもなってしまったが、
お互い元気で人を励ます仕事ができて、幸せだとしみじみ語り合った・・・

だから、益々元気で若返れるように、今年も鍛えて行こうと改めて決意!

来年は、「七十年生きる人は古くから稀である」、に由来する「古希」。

長寿の祝いは、還暦、喜寿、盤寿、傘寿、米寿、卆寿、白寿、百寿など、
数多くあるが、来年はその「古希を祝う会」を、またまた元気で楽しく
やりたいと思っている!

|

« 車お宝話(404)シャンゼリゼのショールーム | トップページ | 車お宝話(406) 1年振りの ” Los Angeles” »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/59270463

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(405)バースデー・パーティ「ロックの会」:

« 車お宝話(404)シャンゼリゼのショールーム | トップページ | 車お宝話(406) 1年振りの ” Los Angeles” »