« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月26日 (水)

車お宝話(406) 1年振りの ” Los Angeles”

1年前の2月以来のLAだが、昨年はヨーロッパに行くことが多く、
少しご無沙汰,、でも、やはり待ってくれている友人が沢山いる
LAは格別の感情が湧く!

でも、もう一つの楽しみは、いつものビバリーウイルシャー・ホテルに
着いた途端、クルマ好きには堪らない光景が目の前に広がること!

Img_5122_2

Img_5123

超高級車は当たり前だが、何といってもオープンカーが多いことが、
僕にとっては堪らない・・・

Img_5136

Img_5139

このブログを最初から読んで頂いている人には、理解してもらえ
と思うが・・・

19歳で「パブリカコンバーチブル」に始まり、「ホンダS600」、
「オースチンヒーレースプライト・マーク1」と、若いころから
オープンカーにしか興味がなく、お茶を飲むのも、食事をするのも、
できればオープンテラスがいいんだから・・・

そんな僕だから、メインストリートに面したホテルのテラス席から
眺めるロデオドライブの景色は、なににもまして大好きな光景だ!

土曜、日曜日ともなれば、よくぞここまでレストアしたもんだ、と
思わんばかりのクラシックカーが、平然と走ってくる・・・

今回も、僕がいまレストアしている「ムスタング・コンバーチブル」
と全く同じ、67年型の赤い車を、子供と奥さんを乗せて得意げに、
フル・オープンで流してる・・・

思わず、僕の目の前に停まってくれ~って、心の中で叫んだけど・・・
ほんと、目立ちたがり屋のクルマ好きが、あからさまにいるんだから!

この新しく再生産された「モーガン3ホイラー」だって初めて見たけど、
目立つことにかけては”天下一品”の代物だろう。

Img_5125

日本では滅多に見ることのない「シェルビーコブラ」のレプリカだって、
これ見よがしに駐車してあるし、ごろごろ走っている。

Img_5127

そうそう、目立ちたがり屋さんで思い出したのがこのアベンタドール!

Img_5131

やたらコウモリのマークが、べたべたクルマに張ってあったが、
なんとドライバーはタレント風の中年女性!

Img_5130

この「アベンタドール」が日常の足なのか、不釣り合いなほどドレッシー
な衣装を纏って運転していたが・・・

でもこの辺りがビバリーヒルズ的なんだろうな~、と変に感心して、納得!

ビバリーヒルズと言えば、ホテルから5分の所にある、超VIPなゴルフ場、
「LAカントリークラブ」に初めて招待してもらったが、何とこんな高級地
に36ホールもコースがある・・・

Img_5172

すぐ傍にロデオドライブがあるというのに、広々として、静かな事、静かなこと!

Img_5161

招待してくれた人が、昔メンバーになりたいと言った、田中角栄氏も断られた
んだから、と自慢していた・・・

因みに、現在も日本人メンバーはたったの4人なんだとか・・・

流石にこの「LAカントリークラブ」の駐車場はド派手で、フェラーリなんぞは
ゴロゴロ、超高級車のオンパレード・・・

このビバリーヒルズのナンバーのポルシェなんぞ、超お洒落だ!

Img_5159

でも、その中で、最も僕の心を捕えたのは、この「ポルシェ356」だったけど・・・

Img_5158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

車お宝話(405)バースデー・パーティ「ロックの会」

私くしごとで恐縮だが、3月1日の69歳の誕生日に、
「ロックの会」なる名称のバースデー・パーティを
「ザ・リッツカールトン大阪」の一室で開催してもらった。

Img_5112

何もロックバンドが来るわけじゃ~ないが、69歳になっても
「ロック」な人生を送ろうという意味!

多くの友人が参加してくれ、楽しくまた有意義な時間を
過ごさせてもらった・・・

童夢の林君も、女体書道家の「圭春」さんを連れてきて、
花街の無地の「うちわ」に「左」と書くパフォーマンスを
披露してくれた・・・

「うちわ」に「左」で、「左うちわ」という僕に対する皮肉らしいが、
彼らしくて面白く、うれしかったな~・・・

「トミーカイラZZ・EV」の、「GLM」の小間社長も乾杯の音頭
を取ってくれたし・・・

特に友人で、兄弟の様な付き合いを保っている、馬場弘文君には、
大いに会場を盛り上げてもらった・・・

ミュージシャンである彼のプレゼントは、勿論「歌」だ!

僕の年齢に合わせて「エルビス」から始まり、「ビートルズ」
彼のオリジナルの「幸子」、「いちご白書をもう一度」などなど、
8曲も歌ってくれ、遊びに来てくれた人たちを、大いに喜ばせ、
盛り上げてくれた!

「いちご白書をもう一度」などと、洒落のようなアンコールで
大いに盛り上がり、気前よく2回も「いちご白書を・・」を歌ってくれた!

想えば彼には、節目節目で大変お世話になっている。

息子の結婚式も思い出に残るが、なんといっても1995年7月、
東京プリンスホテルでの「トミーカイラ・ZZ」の発表会!

10211

発表会当日、プロの彼も友人の晴れ舞台に緊張のご様子、当人の僕も
一世一代の舞台と、おおいに緊張し、二人で気楽にやろうぜと声を掛け
合ったのを想いだす。

10216

その記念すべき僕の大きな節目に於いて、総合司会をしてくれたことは
今も大切な想い出だ・・・

10217

10214

10218 102111

10223

あれから早くも20年近くの月日が経ち、69歳にもなってしまったが、
お互い元気で人を励ます仕事ができて、幸せだとしみじみ語り合った・・・

だから、益々元気で若返れるように、今年も鍛えて行こうと改めて決意!

来年は、「七十年生きる人は古くから稀である」、に由来する「古希」。

長寿の祝いは、還暦、喜寿、盤寿、傘寿、米寿、卆寿、白寿、百寿など、
数多くあるが、来年はその「古希を祝う会」を、またまた元気で楽しく
やりたいと思っている!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »