« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

車お宝話(404)シャンゼリゼのショールーム

12月に続き、またまた大好きなパリに来てしまった!

世界の天候が不順なせいか、日本やアメリカは大寒波続き。
なのに、パリの2月は暖かかった・・・

毎度の美術館めぐりの後は、大好きなシャンゼリゼ通りの
ショールーム巡りが待っている・・・

メルセデス、シトロエン、ルノー、プジョー、トヨタなど、
凝ったディスプレイのショールームは、まるで美術館の様に
優雅で、気高く、いつもワクワクさせてくれる!

今回は特にメルセデスのショールームが美しく、ストーリー
があって、自信に満ち満ちた主張は、他のショールームを
圧倒していると感じる。

メルセデスのニューモデルが相次ぐ中、何故かショールーム
のメインはクラシックカー・・・

Img_5025

Img_5005_2

正面玄関に鎮座するのは、メルセデスの歴史上、最も有名な
「300SLガルウィング」で、現代では絶対に表現できない
優美さと気品を醸し出している。

Img_5018

Img_5019

その奥にはパゴダの「280SL」が、時代を超えた美しさと、
新車と見間違うほどのコンディションで展示してある。

Img_5020

自動車がステータスだった、古き良き時代のスポーツカーを
目の前にして、ほとんどの人たちが記念撮影よろしく
シャッターを押す・・・

改めて感じたけど、昔の富豪たちは、車内に旅行鞄を積んで
別荘や避暑地を目指し、長距離ツーリングに出かけたんだな~、
って!

このショールームにいると そんなに自動車が華やかで、
優雅だった頃の、ロマンや、憧れに、自然と浸れてしまう。
  
このメルセデスの歴史と、常に先頭を走ろうとする気合が、
ここシャンゼリゼのメルセデスショールームには宿っていた!

でも、本当のところは、最近のニューメルセデスたちの評価
が圧倒的に高いが故の自信だろうと思うのだが・・・

CLAに端を発して、ニューSクラス、ニューCクラスなど、
どれをとっても、相当高いレベルでまとめていると感心する!

高いクルマは高いなりの装備と高級感、でも安いクルマも、
それに負けない高級感と特徴をうまく引出し、今までとは
一味違う、個性的なデザインを完成させたところが、
流石にメルセデスと唸らせる・・・

特にインテリアは他社と頭一つ抜け出していると思うのは
僕だけではないだろう。

もう既に、一流ホテルなどはニューSクラスが配車済みで、
その雰囲気は先代より遥かに高級感を醸し出し、早々と
一流ホテルに溶け込んでいる・・・

そのSクラスが何十年振りかに、クーペとガブリオレを復活
させるという!

満を持してというか、メルセデス復活と思わせるだけの
自信が出た証拠だろう。

いま僕は70年モデルのSクラスガブリオレと、
83年のEクラスガブリオレを持っているけど、
古いほうがいいんじゃないかと思うぐらい、どちらも
メルセデスらしく素晴らしいんだから・・・

そのメルセデスが自信を取り戻して、メルセデスらしい、
ニューSクーペと、ガブリオレを再開するというのだから、
大いに期待できるし、いまから楽しみで仕方がない!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

車お宝話(403)最後のハイクオリティ・メルセデス

最近クラシックカーの話ばかりで恐縮だが、
又々気に入った、「W124・ガブリオレ」を
手に入れてしまった・・・

Img_4947

昨年、友人からプレゼントされた「W124・ワゴン」
が切っ掛けでその乗り味の良さが病み付きに・・・

最後のオーバークオリティ・メルセデスと呼ばれる、
124シリーズは、乗れば乗るほど味があり、
その魅力にズルズルと引き込まれてしまう・・・

Img_4946

バリエーションも豊富で「ノーマルセダン」に
「ワゴン」と「クーペ」、
そしてこの「ガブリオレ」モデル・・・

オーバーフェンダーで迫力満点の「E500」に
「AMG・E60」と、スポーツ系ラインナップ
も豊富。

「124」には明日も又、このクルマに乗りたいと
思わせる何かがある!

だけど新車で「E230」に乗っていた時期があるが、
当時はそれほど感激もなかったと記憶しているから、
やはり、永い年月によって醸造された味わいがもたらす、
旨みなのだろう・・・

・・・そうそう、こんなこともあった!

当時、500SELに乗って東京まで行き、
帰りは下取りのE500で京都まで帰った時のこと、
「SEL」に比べなんと質素で、飾り気のない
クルマだろう・・・

「帰りもSELで帰りたかったな~」と思ってたもん!

だから20年を経た今だから、質素で飾り気のない、
走りだけに特化し、自分で操る喜びを持つクルマが、
新鮮に想えるのだろう。

この20年ほどでクルマは大きく変化したと思う。

便利で贅沢な装備と、すべてがドライバーの意のまま
になる運動性能・・・

極上の乗り味は、乗っていて楽しいし、楽ちん。
でも苦労がないんだよね~・・・

余りに贅沢しすぎて、楽しすぎたから、
原点回帰で苦労したくなったのかも・・・

だから程度の良い、「E500」か、「AMG・E60」が
見つかったら、また悩んだ挙句に、絶対に手に入れると思う!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ「ZZ・EV」の報告をしなくっちゃ~!

先日「NEWトミーカイラZZ・EV」が東京で初デビュー。

ドアーも大きくなって、豪華仕様もできました。

Img_4955

発表会場は上野の東京都美術館。プレス発表会形式で行われ、
その後、そのクルマは六本木の「ル・ガラージュ」に常設展示
されます。

「トミーカイラZZ」に関しては少しづつ動きが出てきました
から、 順次報告して行きますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »