« 車お宝話(399) マセラッティの行く末が心配! | トップページ | 車お宝話(401)新年 おめでとうございます。 »

2013年12月26日 (木)

車お宝話(400)今年のラストは「400回の記念」

とうとう「車お宝話」も400回にもなってしまいました。

有難いことに歳を取るにつれ、だんだん忙しくなって行く
今日この頃・・・

多忙にカマケて少々ペースが鈍っていたのに、気が付けば
この「お宝話」を400回も書いたことになる。

数か月前から「30年振りトミタオート復活」のタイトルで、
「カーセンサー誌」などに掲載・・・

「カーマガジン誌」など、数誌が取材で取り上げてくれたが、
それもみんな「昔取った杵柄」のお蔭か・・・

そこで『毎年恒例の「今年の一文字漢字」は「歴」にした!』

一昨年は「再」、昨年は「動」と来れば、今年の一文字は
「歴」が順当かと・・・

一昨年の「再」は、トミーカイラ、トミタオートの復活で
再起し、昨年の「動」はそれを突き動かす「行動」に打って
出た!

そうなれば今年は「歴」の文字をもって、その歴史を大切に
育てていく年であったような・・・

「歴」の持つ意味、「順序を経てきたもの」に沿って自然に
行動した気がする。

そこでふと気がついた事は、私ごとき者の「歴史」でさえ、
私自身が決めるのではなく、日々邁進してきた私の行動や、
言動が、如何にひと様の記憶に留まっているかだと・・・!

有難いことに私自身、”あの時ああしておけば良かった”
とか、「こうしておけば良かった」とかの悔いが一切ない。

その時、そのとき、精一杯考えて、判断したのだろうし、
一生懸命、前に突き進んできたと思うから・・・

ましてや「歴」の”順序を経てきたもの”に乗っかって、
「再度」「行動」できるのだから・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は全く変わって、先日まで10日ほどクリスマス一色の
パリに行ってきました。

Img_4689_2

「アルピーヌ捕獲作戦」の頃から10数回パリには行ってる
けど冬のパリは初めて・・・

Img_4696_2

時に近年クリスマス前後のパリのイルミネーションは別格で、
夜は街中がキラキラ輝いて、幻想の世界を見せてくれる。

Img_4797

車も年々綺麗になって、古い車は極端に少なくなったが、
それでもまだこの駐車感覚はバンパーがあった頃の名残りか!

Img_4792

それにしてもパリに最も似合う車は、この「スマート」だろう。

Img_4800


勿論シトロエンC6もクラシックなベントレーもお似合いだが!

Img_4673_2_2

Img_4844

|

« 車お宝話(399) マセラッティの行く末が心配! | トップページ | 車お宝話(401)新年 おめでとうございます。 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

シトロエンC6が良い味を見せておりますね。
くすんだダークトーンで、パリの街が哀愁の空気に染まっていく感が憎めないと思います。

投稿: 真鍋清 | 2014年1月 1日 (水) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/58825257

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(400)今年のラストは「400回の記念」:

« 車お宝話(399) マセラッティの行く末が心配! | トップページ | 車お宝話(401)新年 おめでとうございます。 »