« 車お宝話(396)やっと稼働し始めた2つの工場 | トップページ | 車お宝話(398) 悪友の結婚式INハワイ! »

2013年11月20日 (水)

車お宝話(397)「トミタオート復活」の取材が!

先日「トミタオート復活」をタイトルにした取材を受けた。
30数年の時を経ているのに、本当に有難いことだと思う!

昔の「トミタオート」との違いは看板に掲げたサブタイトルが、
ワールド・エキサイティングカーからワールド・クラシックカー
になったこと!

この取材の最初にも、「どうしてクラシックカーがメインに
なったんですか?」って質問があったけど・・・

早い話、当時扱っていた、昔懐かしいクルマを集めていたら、
それを現代では「クラシックカー」と呼ぶようになっていた
だけのこと。

それはそうだよね~、だって僕が既に68歳にもなっている
んだから、共に立派なクラシックですよ!

そんなことで、ちょっとモノクロ写真にしてみたんだけど・・・
クラシックカー効果か、昔の写真みたいで、なかなか面白い!

___1

カメラマンさんの衣装もお洒落なレトロ調で、いい雰囲気だし、
工場の雰囲気も昭和だから、まるで映画のセットそのものだ。

___2

こんな風に昔になりきって色々楽しめるのが、クラシックカー
のいいところなんだな~と、しみじみ思ったんだけど!

それはそうだよね~、「クラシックカー」だって歌と同じで、
その当時の思い出や、香りを、懐かしみながら、楽しむもの・・・

だから走らせなくても、ガレージに置いてあるだけで落ち着くし、
安心するんだよな~・・・

そして気分がいいときに、たまに引っ張り出して乗るのが、
僕流の「クラシックカー」の楽しみ方だと、勝手に思ってる。

それにしても、普段は最近のクルマばっかり乗っているから、
改めて大きな進歩を感じる・・・

クラシックカーから乗り換えて、最近のクルマの運転席に座る
だけで、否応なしに時代の経過を感じてしまう・・・

クラシックカーのダッシュボードって、ものすごく機械的に、
スピードメーターとタコメーター、その他の計器類が居並び、
そして整然と必要最小限のスイッチ類がそこにある。

この必要だから付いている感じが、何とも言えない郷愁をそそる!

とにかく反応がダイレクト、コンピューターとか一切介在しない
からだろうが、凄く直接的で男性的なマシンに乗っている満足感
がある。

だから、いま時から思えば大した性能でもないのに、心が高揚し、
運転すること自体に、おおきな喜びを感じるのだろう!

一方、現代のクルマは性能も桁違いに凄いのに、安心感は抜群で、
緊張することなど何もない・・・

でもでも、あまりにイージー過ぎて、まるで緊張感が湧いて来ない!

いつだってクラシックカーに乗る前に感じる、あの緊張感が・・・

マセラティの音は最高だし、ボクスターは一瞬でオープンになる、
イボーグはお洒落な4駆で良く走る・・・

そのうえ、痒い所にまで手が届き、楽しみまで演出されている!

それぞれ至れり尽せりで、もうなにも不自由はないが、でもでも
それに慣れてしまえば当たり前で、有難味を忘れてしまう・・・

だけど、クラシックカーに乗った途端、その忘れていた気持ちが
一瞬にして蘇るから、不思議だ!

そして古いクルマの良さと、最新のクルマの良さを、瞬時に理解
させてくれるんだから有難い・・・

だからクルマ好きにとって、古いクルマに価値を感じるのだろう!

|

« 車お宝話(396)やっと稼働し始めた2つの工場 | トップページ | 車お宝話(398) 悪友の結婚式INハワイ! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/58612208

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(397)「トミタオート復活」の取材が!:

« 車お宝話(396)やっと稼働し始めた2つの工場 | トップページ | 車お宝話(398) 悪友の結婚式INハワイ! »