« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

車お宝話(392)30年の経年を5分で取り戻す!

ここ2週間ほど、長崎を皮切りに国内を小旅行していたら、
幸いなことに懐かしいクルマに2台も遭遇できた。

最初に出会ったのがこの「ZZ」で、何とシングルシーター
にピカピカのエンジンルーム・・・

Img_4208

Img_4209
イエローのボディに赤いZZエンブレム、レッドのシートと、
エンジンルームにもレッドでアクセントを付けている・・・

Img_4210

思わず「こうゆうのもアリなんやな~」って感心してしまった。
まぁこの「ZZ」も大事にされて、幸せなんやなぁ~、って!

この時の目的は、大好きな「ポルシェ356」に逢うために、
いつものようにプリウスのレンタカーで国道を走っている時に
偶然見つけたもの・・・

その「ZZ」を後にして、20分ほど走った所に「356」が
待っていた!

久しぶりに間近で見る「356」は想像してたより遥かに小さく、
チャ~ミングだった・・・

以前に、と言っても30年も昔のことだけど「356ガブリオレ」
を9年間も大事に持っていたんだから・・・

03055

だから、こうして間近で見るのは30年振りか!

では、早速「ポルシェ356」の試乗と行こう・・・

相変わらず、グニャグニャと掴みどころのないシフトレバーを
操りながら、無事にスタート・・・

この感触を、昔は「バターをナイフで切る」と表現していたけど、
時代の進歩とともに表現も変わるんだろうな~・・・

でも一たび走り出せば体に染み込んだ感覚はいとも簡単に目覚め、
走り出して5分も経たないうちに、もう何年も乗っている気分に
なってしまうから不思議!

軽自動車よりもタイトな室内、空冷独特のエンジン音、シンプル
だが、何ともお洒落なインテリア・・・

そのうえタイミングよくシフトすると、嬉しくなるほど小気味いい
走りを見せてくれる、90馬力のエンジン・・・

そうそう、そんな感慨にどっぷりつかった直後、プリウスのレンタカー
に乗り換えてタマゲタ、こりゃ自動車じゃない、宇宙船か、って!

だから、やっぱりクラシックカーはいいな~、って!

それにしても、ホント、5分でもう何年も乗ってる気分になるんだから・・・

京都に帰ってからも、ほぼ完成した工場から、バッチリ仕上がった
「メルセデス3.5ガブリオレ」を引っ張り出して自宅まで持ち帰った。

Img_4220

Img_4225

Img_4233

勿論、名神高速を走って・・・

この時も、30年の経年は5分で取り戻せたし、ピカピカのロールスで、

Mk2_38_3062

京都を走り回ったときも、まったく同じ気分で走れたから人間の感性は
時が経つほど鋭くなるのかも!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

車お宝話(391)カナダ東海岸の旅

8月末から、お宝話(385)に引き続き、今度はカナダの
東海岸に行ってきたが、今回の旅はさすがに遠かった!

前回同様、成田からの到着地、トロントからオタワ迄は
レンタカーでの移動・・・

前回の大きな4輪駆動車、フォード・エクスプローラーは、
僕の好みとは大きく外れていたから、今度こそ気に入った
クルマにしようと思っていたら、逆にエクスプローラーより
ひと回りも大きい4輪駆動車になってしまった。

Img_4083

昔からスポーツカー好きの僕としては、背の高いアメ車は
どうも怖くて好きになれない・・・

どこのメーカーの車に乗っても、アメ車然として面白味に
欠けるんだけど、現地の人は満足してるのかな~・・・?

そんな疑問を現地の友人にぶつけてみたら、意外な答えに
素直に納得してしまった。

性能やステータスやカッコなんて、2の次、3の次の要素で、
何年乗っても壊れない、少々のことでは止まらないクルマが
1番なんだって・・・

確かにアメリカもカナダも、フリーウエイを走っている
車の多くは、精々100kmか120kmぐらいで、秩序正しく、
マナーがいい!

アメリカにしろ、カナダにしろ、広大な面積を誇る国での
クルマの役目は、狭い日本とは全く違う・・・

安全に、確実に、目的地への移動が、最重要事項なのだ!

前回もそうだが今回も長距離を走って、つくづく思い知ら
されたが、手付かずの原野を切り開いて、道路を造っている
所が多く、相当な距離を走らないと、お店も家もない・・・

たまに道路が決壊して、川状態になっている所もあったし、
そんな所で万が一止まってしまったらと思うと、僕だって
現地に住んでいれば、こんな車を選ぶかもしれないな~・・・

僕の現地の友人は、普段街中ではBMW、遠出の時は4駆
だそうな!

そんなことで友人が、わざわざビッグ4駆を頼んでおいて
くれたのだろう。

そうそう、このビッグ4駆で「ビルヌーヴ・サーキット」も
走ったんだから・・・

そのレンタカーをトロントで乗り捨て、列車でケベックに
向かう!

今回の旅の目的地ケベックは、京都のような所だと友人に
勧められていたが、流石に世界遺産だけあって、景色も
雰囲気も申し分ない・・・

Img_4127

Img_4156

Img_4158

そのうえ宿泊のホテルは、又々ドデカイお城で、部屋から
見える景色は最高!

Img_4132

それもその筈、グレースケリーが泊まった部屋で、なんと
部屋の名前も「グレースケリーの間」だった。

まぁ6月のカナダも大洪水に出くわして、お城に2日も
籠城したけど、広々としたベランダで退屈しなかったから

結構、カナダのホテルは運がいいかも!

だけどケベックから出発の帰り道は遠かったな~・・・

ホテルを出てから自宅に着いて、時差調整して見たら、
丸24時間も掛かってた!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »