« 車お宝話(383)30年振りの「メルセデス280SE3.5ガブリオレ」 | トップページ | 車お宝話(385)カナダ800キロの旅 »

2013年6月 8日 (土)

車お宝話(384)特権階級ってこんなん!

 

先週またまた香港に3日ほど行ってきたが、相変わらず活気がある!

行きつけのホテルは超高級車のオンパレードで、特にスポーツカー
が多いから嬉しくなってしまうけど・・・

それにしてもLAと違い、雨も結構降るのにオープンモデルが多い
のはなぜか!

現地の知人曰く、自動車の中で一番ステータスを感じるのがオープン
モデルなのだそうな。

そうそう、ステータスで思い出だしたが、高級ホテルの送迎車は
殆どが黒塗りのメルセデス・Sクラス、稀にロールス・ファンタム
も鎮座しているけど・・・

だけど、このロールス・ロイス・ファンタムはVIPの専用車・・・

ロールス・ファンタムが空港にお出迎えする宿泊客はスイートルーム
の顧客と決まっているらしい・・・

ジュニアスイートやエグゼブティブフロアのユーザーは、Sクラス
が相場なのだとか・・・

そう言えば先月、もっと凄いのに遭遇したな~。

5月の連休に、幹部社員を連れて沖縄のホテルリッツに泊まったとき、
出会ったVIPは半端じゃ~なかった!

ロールス・ロイス・ファンタムどころじゃない。

アメリカから沖縄までは自家用ジェット、そこから送迎にはヘリが
2台なんだから・・・

さすがはトムクルーズ。

余談だけど、たまたまこのホテルの宿泊マネージャーが知り合いで、
トムの接待役、だからトムのいろんなことを教えてくれた・・・

僕も一瞬挨拶したけど、50歳を超えてるなんて全く見えない・・・
礼儀も正しいし、超美顔、やはりハリウッドでもトップだよね~。

横道にそれて・・・話を戻すけど!

特にこの香港は、貧富の差から来るものなのか、イギリスの植民地
時代が100年も続いたせいなのか、このあたりの階級意識がハッキリ
している。

そんな香港で面白い体験をした・・・

飛行機を降りてすぐの所に、ゴルフ場のカートより、もっと、もっと
小さいカートで、ホテルマンが出迎えに来ている。

そのカートに手荷物と人間を乗せて、入国審査のゲート近くまで運ん
でくれるのだが、これがまた何とも不思議な気持ちになる!

だって、入国審査のゲートまではかなりの距離があり、普通なら動く
歩道に何回も乗って、ひたすら空港内を歩く羽目になるのに・・・

だけど、そんな人たちを横目に見つつ、歩く人たちを掻き分、掻き分け、
ただただカートに座っていれば、入国審査ゲートにたどり着くんだから!

この特権階級的な気持ちに初めて出くわした時、ここは香港なんだって、
と思ったもん・・・

今は病み付きで、帰りも毎回このカートに乗せてもらってるけど。
でもでも、実は約600円で帰りのカートは誰でも乗れるんだけどね~!

この気持ちは10数年前に、まだ殆どの人がETCをつけていなかった頃、
ズラリ並んだクルマを横目に、ETCのゲートを潜った時に似ている!

|

« 車お宝話(383)30年振りの「メルセデス280SE3.5ガブリオレ」 | トップページ | 車お宝話(385)カナダ800キロの旅 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/57549498

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(384)特権階級ってこんなん!:

« 車お宝話(383)30年振りの「メルセデス280SE3.5ガブリオレ」 | トップページ | 車お宝話(385)カナダ800キロの旅 »