« 車お宝話(377)鮫のようなアメリカンな珍車中の珍車 | トップページ | 車お宝話(379)ニューZZ・青蓮院で発表会! »

2013年3月21日 (木)

車お宝話(378)クラシックカー・同窓会でお披露目

 

3月16日の夜「第2回トミーカイラ・レジェンドミーティング」
の名称で同窓会が開催されたのだが、その昼間にクラシックカー
を初めて披露した。

Mk2_38_3083

Mk2_38_3084

早いもので、クラシックカーを集めだしてからほぼ1年が経つ!

手筈としては「tomita auto」を再開するのが目的で収集したのに、
蓋を開けてみれば、倉庫に居並ぶコレクションと化していた・・・

決して独り占めしようとか、自分のコレクションにしようとか、
ではなく、現実的にそうなってしまったのだ!

「tomita auto」時代と、見かけは同じクルマたちだが、その間、
30年~40年の月日が過ぎ去っていることに、本当の意味で気が
付いていなかった・・・

勿論、クラシックカーと名打つ以上は、時の経過からくる古さが、
利便性も、希少性も、性能も、造り、醸し出している事ぐらいは
知っていたが・・・

現地で下見し、はるばる船に乗って日本に到着し、「tomita auto」
の倉庫で再会したとき、初めて自分の甘さが身にしみた・・・

”こんな状態では絶対に納得できない”

まぁそう思ったのが運のツキか、あれから1年、番頭さんの中島君
と2人で、あれやこれやで、何とかここまで漕ぎ着けたって感じ!

Mk2_38_3082_2

そんなことで、お披露目会の数日前から、慌ただしく最終仕上げ・・・
1台1台、粘土で鉄粉取り、そして磨き、メッキの艶出しなどなど!

Mk2_38_3051

だから、出来上がった時は嬉しかったな~・・・

Mk2_38_3064

Mk2_38_3065

Mk2_38_3066

Mk2_38_3068

Mk2_38_3069 Mk2_38_3071

Mk2_38_3062

Mk2_38_3063

Mk2_38_3061 

1台1台に、透明のビニールシートを被せるとき「良かったね」って!

そうそう、「ZZ」の1号車が出来上がって、イギリスから「夢工場」
に到着した時も”こんな状態では絶対に納得できない”と思ったもん!

リアーフェンダーの歪みが納得できなかったもんな~・・・

でもでも、みんなのお陰で納車までには何とかなったし「良かった」
んだけどね!

”やっぱり人生って繰り返しかな~”

|

« 車お宝話(377)鮫のようなアメリカンな珍車中の珍車 | トップページ | 車お宝話(379)ニューZZ・青蓮院で発表会! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

同窓会で社長に会えて嬉しかったです。
28年前にトミタオートに社長の面接で入社した時の事は今でも鮮明に覚えています。

また遊びに行きますのでヨロシクお願いします。

投稿: K | 2013年3月22日 (金) 18時19分

赤とディープ・パープルの初代マスタング・コンバーチブルがコクのあふれる艶を放っていますね、ロールスとも対峙できるオーラを!!
この他初代マスタングではTahoe Turquoiseの2ドアセダン(つまりノッチバックのハードトップ)が小生のイチオシです。

投稿: 真鍋清 | 2013年3月24日 (日) 03時36分

Kさん、来てくれてありがとう!
ほんと楽しかったです。いつでも声を掛けてくださいね!

投稿: 富田 | 2013年3月28日 (木) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/57004056

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(378)クラシックカー・同窓会でお披露目:

« 車お宝話(377)鮫のようなアメリカンな珍車中の珍車 | トップページ | 車お宝話(379)ニューZZ・青蓮院で発表会! »