«   車お宝話(372)ニュー・ボクスターがやって来た! | トップページ | 車お宝話(374) 古希を祝う会 »

2013年1月29日 (火)

車お宝話(373) 高級ブランドの立地条件

 

僕のオフィスは大阪市中央区のど真ん中の心斎橋にあって、
周りにはエルメス、ディオール、シャネル、ルイヴィトン等々、
高級ブティックが勢ぞろい・・・

そして高級時計屋さんも、ずらーりと居並ぶド派手な場所で、
隣のビルなど、ブライトリングの直営ブティックなんだから・・・

この地に来て、早10年近くになるが、ほんの最近になって
何故か、スーパースポーツカーのメッカになってしまった。

フェラーリ、ベントレイ、ランボルギーニ、マクラーレン、
マセラティ、アストンマーチンなどなど・・・

通勤時には必ずクルマで、これらのショールームの前を通る
ことになる。

それに歩いても2分と掛らないんだから、自ずと足が向いて
しまうのは仕方のないこと!

やはりその中でも、一際華やかで魅力があるのはフェラーリ
のショールームだろう・・・

流石にピニンファリーナのデザインは、遠目で見ても、
真近で見ても、インパクトが強いし、美しい・・・

このインパクトとは、多分アクの強さだと思うし、
デザインに対し、チャレンジ精神が旺盛なのかな~とも思う!

改めてクルマにとって、デザインの良し悪しは最重要だと
痛感する!

ランボルギーニも、マクラーレンも、アストンマーチンも
凄く美しいのだけれど、まとまり過ぎてアクが弱い気がする
のだけれど・・・

ただ最新のランボルギーニは、そこに気がついたと思うのだが、
でもでも、これはあくまでも僕の私見だから余り気にしないで!

話を元に戻すが、半年ほど前にこのフェラーリのショールーム
の目と鼻の先に、スーパーカー屋さんが出来てしまった。

正確には、僕のオフィスのガレージの隣なんだから、
僕としては、これには正直驚いたし、大いに刺激を受けた!

同じ様なことを仕掛けている僕としては、全く逆の考え方で、
人知れず倉庫の中にクルマを並べているのだから・・・

やはり高級ブランドを扱うには、立地条件というものがあり、
そこから外れたら苦戦するかも知れないな~と、反省しきり!

このフェラーリのショールームだって、展示車の半分ぐらいは
中古車なんだから・・・

見る人も、買う人も、この立地のショールームにあこがれて
来るのは間違いない!

またまたこの先、楽しみながら大いに悩むとしよう・・・!

|

«   車お宝話(372)ニュー・ボクスターがやって来た! | トップページ | 車お宝話(374) 古希を祝う会 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

南船場のあの辺りですね。
先日、友人がMcLaren mp4-12cを購入しましたが確かに洗練され過ぎていてエグさがないです。
自分はしばらく高価な車は無理ですので富田社長のコレクションを拝見して目の保養をさせてもらいますね。

投稿: K | 2013年2月 3日 (日) 04時10分

了解です。クラシックカーも中々いいですよ!

投稿: 富田 | 2013年2月 4日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/56653603

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(373) 高級ブランドの立地条件:

«   車お宝話(372)ニュー・ボクスターがやって来た! | トップページ | 車お宝話(374) 古希を祝う会 »