« 車お宝話(350)トミーカイラ・オーナーズクラブin高尾 | トップページ | 車お宝話(352)クルマお宝探しの旅から帰国(Ⅰ) »

2012年4月29日 (日)

車お宝話(351)さあ~再びクルマお宝探しの旅へ出発!

   

3月に続き、1日から2回目の”クルマお宝探しの旅”へ出発!
今回はクラシックカーの聖地「セントルイス」まで足を延ばす。

前回みたいに希少で値打ちのあるクルマに出会えればいいのだが・・・

それにしても前回手に入れた59年のコルベットは、いま米国で
話題の映画「ザ・ラム・ダイアリー」のエピソードまでお土産に
つけてくれたのだから・・・

それではアラブの王子様と取り合っただけの事はある、59年の
コルベットの話をしよう!

Mk2_38_202

この59年型コルベットは一目見たときから目が釘付けになった
クルマで、数多あるクルマの中で一際異彩の美しさを放っていた・・・!

新車かと思わせるほど美しいホワイトのボディは、シルバーブルー
のサイドインティークとのマッチングで、現代のクルマにはない
妖艶さと上品さを兼ね備えている。

現車を前にして感じるのは、当時のスポーツカーがこれ程までに
個性的で主張が強いのは、当時のクルマが持つ芸術品として性格
かも知れない・・・!

アメリカで最初の、本格的なスポーツカーを目指したこの時期、
コルベットは5種類のパワー・バリエーションを持っていた。

比較的マイルドなキャブレター仕様が3種類と、その上級モデル
として、2種類の機械式ラムジェット・フューエル・インジェク
ションモデルがある。

キャブレター仕様は230・245・270馬力の3種類、
インジェクション仕様は275と315馬力の2種類で、
このホワイトボディの現車は珍しい上級モデルのインジェクション
仕様で、トップモデルと思われる。

このインジェクション仕様のエンジンルームは、美しいの一言・・・!

Mk2_38_202

エンジンフードを開けた時、見なれたメッキの大きなエアークリーナー
はなく、メカニカルなフィンを持つ機械式ラムジェット・フューエル
・インジェクションが、本格的なアメリカン・スポーツカーを演出している。

偶然の産物だが、面白いことに先月全米で公開されたジョニーデップ
主演の「ザ・ラム・ダイアリー」で大活躍しているのが、
この59年型コルベット。

・・・・・この映画の予告編から面白いエピソードを紹介しよう・・・・・

『今月末に全米公開となる映画『ザ・ラム・ダイアリー』で主演を務める
ジョニー・デップに、同作のプロデューサー、グレアム・キングから
超太っ腹なプレゼントが届いたらしい。』

『届けられたプレゼントとは、なんと映画に登場する1959年型シボレーコルベット』
『この映画に尽力したジョニーに、キングから感謝の気持ちとして贈られたようだ。

 ジョニーは撮影中、自分の愛車のように大切に扱っていた、希少な車をもらえて
 大いに喜んだという。』

|

« 車お宝話(350)トミーカイラ・オーナーズクラブin高尾 | トップページ | 車お宝話(352)クルマお宝探しの旅から帰国(Ⅰ) »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/54587884

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(351)さあ~再びクルマお宝探しの旅へ出発!:

« 車お宝話(350)トミーカイラ・オーナーズクラブin高尾 | トップページ | 車お宝話(352)クルマお宝探しの旅から帰国(Ⅰ) »