« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

車お宝話(345) 久しぶりにマスタングを官能・・・!

  

マスタングのコンバーチブルに乗るなんて、何十年振りだろう?!
・・・と言っても、現代版のマスタングなんだけどね!

この1週間ほど、南の島に飛行機を乗り継いで行って来たのだが、
レンタカーで借りたブルーのマスタング・コンバーチブルのお蔭で、
懐かしく、楽しい時を過ごさせてもらった。

Mk2_38_191

勿論、最高の景色でのディナーも忘れ難い。

Mk2_38_190

・・・それにしても、昔のマスタングの雰囲気をよく出している。

初期のマスタングと比べれば、見た目は少し小肥りで、安っぽく、
小さくなった印象だが、乗って見ると中々面白い・・・

排気音やトルクの感じが、昔のマスタングの雰囲気をよく出して
いて、久しぶりにマスタングを官能した。

でも流石は現代版。オープンモデルなのに、シャシーがしっかり
しているのには驚いたが・・・!

Mk2_38_192

だからだろうか、右も左もピックアップ・トラックかマスタング
のコンバーチブルだらけでハイブリッド車なんかほとんど見ない。

Mk2_38_193

オープン好きの僕としては、レトロな音楽とオープンエアーを
満喫しながら、願ってもない雰囲気と景色の中をひたすら走れ
たんだから、嬉しくない訳がない・・・

Mk2_38_195

もうすぐ67歳にもなろうと云うのに、ステアリングを握る手は、
もうすっかり20代の若者に成りきっていたんだから・・・

クルマもそうだけど、懐かしい音楽は、とびっきり脳を刺激して、
遠い昔へタイムスリップさせてくれる。

やわらかい風と懐かしい音、それだけで人は幸せになれるんだ
な~と、遠い昔に目をやりながら走っていたら、ウソのような
光景に出合ってしまった・・・

海岸道路の向こうから、ピカピカの新車のような、50年代、
60年代の、フォードやシボレー、はたまたホットロッドの
ようなヤツが走ってくるではないか・・・

まるで60年代の映画の中に居るような光景だ。
多分、クラシックカー・ミーティングの帰りだろうな~・・・!

僕が昔に乗っていた、フォード・ファルコンの2ドアクーペや、
もう日本で見ることのない、オールズモビルF85クーペ・・・

勿論、大好きな初期のコルベットや、ベビーサンダーなんかも
走ってくる。

総勢、100台ぐらいだろうか・・・

当然 Iホーンでムービー撮影したが、動画を見せられないのが
残念、残念・・・ でも数枚だけカットして見てもらおう!

Mk2_38_198

Mk2_38_199 Mk2_38_200

それにしても、クラシックカー専門のトミタオートを再開しよう
としている矢先に見たんだから、これも何かの縁かも・・・

嬉しいやら、有難いやら、今回の旅で10年は寿命が延びた。
つくづく健康で、いつまでも元気に働けることが幸せだな~と!

そうそう、来月に、学会とクラシックカーの仕入れを兼ねて行く、
LAが今から楽しみ、楽しみ・・・!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

車お宝話(344) オリジナリティーの重要性

  

最近の自動車関連ニュースで話題を振りまいているのが、
新型スポーツカーの「スバル・BRZ」と「トヨタ・86」・・・

兄弟モデルで、共に水平対向エンジンでFRのレイアウト。
コンセプトは、”クルマを操る愉しさと悦びを感じること”・・・

だからFRのレイアウトなのだそうだが、ここ数年は燃費
合戦だったことを考えれば、次のステップに入ったのかも・・・!

まぁ~若い世代でも手の届く価格設定だから期待できる
のかもしれないけど、一旦離れたクルマに対する興味を、
取り戻せるほどのパンチカを僕は感じない。

同じクルマでも、携帯市場でスティーブ・ジョブス氏が
スマートホンによって、革命的な市場を造ったように、
かっこ良くて、使って楽しい、オプションが山盛りの
クルマがあれば、ひょっとするかも・・・

だけど、今回のモデルは、「86」などと呼称するのだから、
当時の若者をターゲットにしてるのかも知れないな~・・・

それにしても、スバルはトヨタの資本が入ってから元気
があるように思うけど、トヨタだって、あのポルシェが
こだわり続けている「水平対向エンジン」が手に入ったん
だから、両社共々に良い縁組だったんだろうな~・・・

僕が提携していた頃の富士重工は、日産の資本が入って
いた時期だから、もっと固い雰囲気で遊び心が少なかった
ように思う。

だから日産は事実上潰れ、豊田は世界一になったんだろう
けど・・・!

そうそう、世界一と言えば「トヨタ・アクア」が発表された
衝撃は、特にアメリカを激震させたと僕は思う。

せっかくGMがトヨタを抜いて世界に返り咲いたところ
だったんだから・・・

後発だから当たり前なのかも知れないが、最早プリウス
を遙かに凌ぐ、軽快で快適な運転フィールと、使い勝手!

それに、価格だって、燃費だって、文句のつけようがない。
それが証拠に、1ヵ月の受注は十数万台だとか・・・

やはり世界一に成り得る企業は、独自の技術やノウハウが
いかに大事かを知っているし、またシコタマ持っている。

余談だけど、あの「フェースブック」だってIPOによって
世界的な大企業に昇格するけど、やはり独自のネットワーク
とノウハウがなければ、出来なかっただろう・・・

特に今世紀は「オリジナリティー」が最重要だと思うのだが、
どうだろう・・・!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »