« 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・! | トップページ | 車お宝話(341)「出来ると信じる強い心」 »

2012年1月 5日 (木)

車お宝話(340)あけましておめでとうございます。

 

さ~、いよいよ今年はトミタオートを再開するぞ~・・・!

ひよっとして、このお宝話を続けてきたのも縁なのかな~。

クルマが好なだけでなく、本当はトミタオートが恋しくて、
このお宝話を書いていたのかも知れないな~・・・

・・・まぁそんなことで、4月を目途にと只今準備中!

コンセプトは「自分が乗りたくなるようなクルマの収集」

僕は意外と若いころから程度極上の古いクルマが大好きで、
むしろ新車の美しさより、古いクルマが大事にまるで新車
のように培われている方に、特別の魅力を感じていた。

10年以上も経っているのに数千キロとか、一万キロとか、
そんなクルマに出会ったら、車種やメーカーには関係なく、
間違いなく一目惚れしていた・・・

今でもとっさに頭に浮かぶのは、メルセデス280SE3.5、

01311
メルセデス280SL、シトロエンDSパラス、RR、モーガン、 等など!

0531

03286_2

01234_2

G2

数え上げればきりがないが、どれもこれも新車の輝きがあった。

その頃、屁理屈で良く言ってた言葉に「真の美しい女性は
中年の美女だ」・・・な~んてね!

若くて美しいのは当たり前、歳を経て美しいのは努力の賜物。
だから一日一日大事に暮らすのは、至難の業なんだ、って!

これクルマにも通じるでしょう・・・そんな理由かどうかは
分からないが、とにかく古くて美しいクルマを見たら今でも
参ってしまう・・・

新車なんか目じゃないって感じで、やっぱり生まれ持っての
骨董品趣味なのかも知れないな~!

まぁそんな感じで、キロ数の少ないヤツ、素性の知れたヤツ
を中心に、焦らず気長に探すつもりだ・・・

そうそう最近古いスポーツカーの事ばかり書いているからか、
立て続けに、2台も懐かしいクルマに出会ってしまった・・・

ホテルの駐車場で出会った一台は、僕が生まれて初めて手に
入れた外国製のスポーツカーで「オースチンヒーレースプライト
・マーク1」

Mk2_38_070

懐かしいな~、相変わらず動物のように可愛い顔をしている。
懐かしいというより出会って嬉しいと言った方がピッタリと
くる表現だろうな~・・・

確か僕が23歳で「トミタオート商会」をブッ建てた元気な頃。
東京の「エリートスポーツ」に現物があったのを買いに行った
もんだ・・・

後にFAIAを設立する仲間なのだが、当時はブローカーに毛が
生えた程度のクルマ屋で、何年も書類がもらえなくて困った
想い出がある。

Mk2_38_125

もう一台、これは良くできたレプリカなのだが、雰囲気と云い、
オーラといい、アメリカの古き良き時代の匂いがする・・・!

|

« 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・! | トップページ | 車お宝話(341)「出来ると信じる強い心」 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
メルセデス280SE 3.5がイカしてますね。
小生、今はまだ休みですが7日土曜日から仕事(日本語学校の授業/教師見習い)始めで、さらに親類知人とコンタクトを取って「日本語学校学長から義務付けられた」バイトのことで目鼻がついた格好なため、頭に本格的に電流が流れ始めた按配です。
さて、先ほどはお正月休みに愛車ヴィッツ1300U-L/2004年式を駆って佐野厄除け大師並びに益子の陶器市に足を運び、94000kmを超えて脂が乗りまくりの愛車の粘っこいトルク感をがら空きの東北道・北関東道で味わってきたところです。
何と言ってもレーダー探知機が無反応で周囲に交通が皆無なのを良い事に一直線に「時速98mph」まで届いてしまい、アクセルはそれでも余裕を残している有様で度肝を抜かされたほどです。
一昨日はエンジンにオイル添加剤を入れて、高速域でのパワー感が上がった愛車ヴィッツは目下94486km、向こう二回ほど車検を通して15万kmまで是非乗ろうと考えております!

投稿: 真鍋清 | 2012年1月 6日 (金) 02時25分

お久しぶりのコメントですが、
明けましておめでとうございます。
2012年もよろしくお願い致します。

今年は自分の安心領域を越えられる様に、
たくさん行動していきたいと思います。

現在私は無職で貯金は18万円位しかありませんが
「黄緑色のロールス・ロイス ファントム・クーペ」
「自分でデザインした公道を走れるレーシングカー」
「オープンカー(車種はまだ決まっていませんが)」
の3台を所有するために毎日色々と考えています。

ブログ内にある「奇跡の杖」にはとても励まされました。
ありがとうございます。感謝しております。
ほぼゼロからのスタートですが、
まだチャンスはあるので、
恐怖は消えませんが行動していきます。

富田さん今は気温が低くとても寒いですが、
再開された新「トミタオート」を楽しみに待ってます!

投稿: 一人の車好き | 2012年1月 7日 (土) 17時29分

あけましておめでとうございます。

今年は富田氏にとってひとつの転機、それも年始から頼もしいニュースで私も自分のことのようにひとり悦に入ってます(笑)
時代、国籍、メーカー問わず、いいクルマを1台でも多く紹介されるのを楽しみにしておりますので、くれぐれも御身体にを気をつけられてください。ご成功をお祈り申し上げます。

投稿: 野村宏一郎 | 2012年1月 8日 (日) 20時34分

あけましておめでとうございます。
トミタオートの再開を楽しみにしております。
今年で五十歳になる車好きです。
年齢柄、おきまりの回顧主義なのかもしれませんが、歴史のあるものに魅力を感じます。
年末に22年間乗継いだユーノス・ロードスターを手放しました。普段使いに、ロシアのUAZやVWタイプ2ダブルピックのような働く車があるといいなと思っています。趣味で車の絵を描いていますが、いいモデルがあればお教えください。

投稿: 日比野洋二 | 2012年1月 9日 (月) 12時32分

一人の車好きさん、先日、数年前にアメリカで手渡した「奇跡の杖」で見事に変身し、素晴らしいビジネスを立ち上げられた方と電話で話をしました。誰もが不可能だと言うことを信念を持ってチャレンジされてます。この話を聞いて益々僕も自信を持つことができました!

投稿: 富田義一 | 2012年1月 9日 (月) 14時14分

野村宏一郎さん。あけましておめでとうございます。
いろいろ戦略を練っていますが、ようやく「これで行くぞ」ってとこまで来ました。
どうせやるならNO1を目指します。・・・応援よろしく!


投稿: 富田義一 | 2012年1月 9日 (月) 14時21分

日比野洋二さん。あけましておめでとうございます。
22年間乗継いだユーノス・ロードスターですか・・・スゴイですね~!
さぞ手放す時は感無量だったでしょうね!

絵の題材なら「54年型コルベット」が、遊園地のおもちゃのクルマみたいでおもしろいですよ!

投稿: 富田義一 | 2012年1月 9日 (月) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/53663636

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(340)あけましておめでとうございます。:

« 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・! | トップページ | 車お宝話(341)「出来ると信じる強い心」 »