« 車お宝話(337)僕の今年の一文字漢字は「再」でした! | トップページ | 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・! »

2011年12月23日 (金)

車お宝話(338)クラシック・スポーツ続々登場

 

前回のお宝話で、ヤルと決めたら「善は急げ」で場所探しを
スタートしたと書いたが・・・

・・・でも肝心のクルマがなければ話にならない!

海外からの輸入なら時間も掛かるし、新規車検も手間がかかる。

・・・だからクルマ探しも同時にスタートしたのだが。

もっともクラシックカーだから排ガス規制は楽なんだろうけど・・・

でも、一体どんなクルマが集まってくるのか・・・
・・・40年振りに、ワクワクドキドキする気持ちが堪らない!

そんなとき、早くも海外からの一報が入って来た・・・

はやる気持ちを抑えながらメールを開けば、憧れのベビーサンダー
の写真が続々と送られてくるではないか・・・

Mk2_38_127_2

Mk2_38_128 Mk2_38_129

これが手に入れば、憧れを通り越して、現実になるのだと思うと、
興奮せずにはいられない・・・

Mk2_38_130

Mk2_38_133

Mk2_38_134

Mk2_38_135 Mk2_38_136

Mk2_38_139

Mk2_38_140 

このあと、あのルート66のコルベットや、初期のマスタング
コンバーチブルやファーストバックの情報も入ってくるだろう・・・

既に真紅のジャガーXJSコンバーチブルや、XK8のコンバチ
は手元にある、どれも極上だから見ていて気持ちがいい!

トミタオート時代に出会った人たちと、昔あこがれたクルマたち
を手元に於いて、クルマを愛でながら心行くまで車談義がしたい。

只それだけの事なのだが、現実に演出するには相当に準備が
必要だし、時間もかかる・・・

クルマを通して人生の夢を語り、そして遠い想い出を慈しみつつ、
未来に希望をつなぐ。

それこそがクラシックカーが持つ一番の醍醐味ではないだろうか・・・

もちろん現代のクルマなどとは比較にならないほどの艶やかさと、
美しさを併せ持つ独特の世界は、別格としか言いようがないが・・・

目立つとか目立たないとかの問題ではなく、クルマが好きだろうが、
好きでなかろうが、否応なしに人の目を釘ずけにするオーラがある!

現代のフェラーリや、アストンマーチン、マセラッティなんぞとは、
次元が違う美しさで、人の目を虜にしてしまうから、不思議だ。

このクラシック・スポーツカーの発するオーラは、歴史と郷愁とが
入り混じった独特の世界で、深い味わいと真の美しさを併せ持つ・・・

この殺伐とした現代に於いて、これほど魅力的な物語はそうは簡単
には見つからないと思うのだが、どうだろう・・・!

 

|

« 車お宝話(337)僕の今年の一文字漢字は「再」でした! | トップページ | 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝読させていただいております。

夢への実現に向けて一歩一歩、着実に進む様子が伺えます。
魅力のあるクルマを知らない若者へは「クルマ離れ」に歯止めをかけることができるでしょう。そして、お父さん世代にとっては懐かしいクルマが当時のいろいろな思い出が蘇るとともに「もう一度」と気持ちになるのではないのでしょうか。

来年は非常に楽しみですね。ブログのアップデートを楽しみにしておりますので、御身体に気をつけて頑張ってください。

投稿: 野村宏一郎 | 2011年12月23日 (金) 21時09分

応援ありがとうございます。なにより心強いです!
まだまだ頑張りますから今後ともよろしく!

投稿: 富田義一 | 2011年12月23日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/53549970

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(338)クラシック・スポーツ続々登場:

« 車お宝話(337)僕の今年の一文字漢字は「再」でした! | トップページ | 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・! »