« 車お宝話(338)クラシック・スポーツ続々登場 | トップページ | 車お宝話(340)あけましておめでとうございます。 »

2011年12月30日 (金)

車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・!


・・・ほんとうに、今年も1年お世話になりました。

僕はぎりぎりの30日まで仕事だが、ホント楽しい1年でした。

特に後半の数か月は目まぐるしいほどの忙しさで、来年に向けて
やることが山積状態。

特に来年はトミタオートの再出発と、クリニックの京都進出で、
年明けから走り回ることになりそうな気配・・・!

そんな中、世間の風は冷え、市場は益々低空飛行になってきたと
耳にするが・・・

でも、以前にスポーツカーを造ろうとスタートした時期もバブル
崩壊後だったんだからと、気持ちを奮い立たせている今日この頃。

むしろそんなことより、社会の変化や、国際情勢の中での判断の
方が重要だと思うんだけど・・・。

40年前のトミタオート時代、不利な円為替レートを承知の上で、
誰よりも先陣切って海外から車を仕入れていたんだから、それを
思えば勝機はあると思うんだよね~!

まぁそんなことより、人生を楽しむことが一番の目的なんだから、
楽しいことも苦しいことも一纏めにして、楽しもうと思っている。

要は考え方、心の使い方で、辛い事も楽しくなると思うんだよね!

そうそうつい先日、19年前のジャガーXJSコンバーチブルの
真っ赤なヤツが手元にやってきた。

Mk2_38_153

早速、京都から大阪まで、試運転を兼ねて走らせて見たのだが・・・
たいして走りもしないのに、なぜか大排気量で12気筒なのだ!

手持ちのV8、4リッター・ジャガーXK8のコンバーチブルと
比べても、充分に”遅い”・・・

Mk2_38_158

ところが1時間も乗っているとXJSのコンセプトが見えてきた・・・
静かに、優雅に、ゆったりと、走るクルマなんだな~・・・と!

本木目の美しさと、個性的で、上質なインテリアに囲まれて、
少し重めのアクセルと、時代を感じさせる、細くて大きめの
ステアリングから来る感触は、古き良き時代の雰囲気を十分
に伝えてくれる。

Mk2_38_155

特にこの個体の走行距離が1、2年落ちと同等の低走行距離の
クルマだから、まんま当時の雰囲気が味わえる・・・

しっとりと柔らかい足廻りと、重くて優雅な12気筒エンジン。

それらが醸し出すハーモニーは一種独特のもので、このクルマ
でしか味わえない、独自の世界を築いている・・・

Mk2_38_156

波のない、いつまでも伸び続けるこのエンジンを、少々キザな
表現をすれば、極上の赤ワインと似ているような・・・と。

クルマ大好き人間の僕としては、早いクルマも勿論大好きだが、
こんな雰囲気を持ったクルマに、最近は滅法弱い・・・!

    
    それでは、どうぞ良い年をお迎えください。

|

« 車お宝話(338)クラシック・スポーツ続々登場 | トップページ | 車お宝話(340)あけましておめでとうございます。 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

今年も毎回楽しく拝見させて頂きました。

来年も宜しくお願い致します。


良いお年をお迎え下さい。

投稿: ザクレロ25R | 2011年12月31日 (土) 21時49分

富田さん
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、ジャグアーですが、XJSはやっぱり格好いいんですね!XJSを本当に好きな知り合いが2人いるんですが、2人とも本当にお洒落なんです。
僕のセンスのなさをあらためて自覚しました、、、(笑)

京都店、楽しみにしています!

またお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: さわ | 2012年1月 1日 (日) 20時18分

新年明けましておめでとうございます。

・・・ですが、楽しみにしていたゴルフが雪で中止になってしまいました。元旦の初詣はすごく暖かかったのに・・!

まぁそんな年明けですが、今年一年、よろしくお付き合いのほどを・・・お店が出来ましたら是非遊びに来て下さい!

投稿: 富田義一 | 2012年1月 2日 (月) 11時42分

ジャガーXJ-SのV12コンバーチブル、良くも悪くも印象的な一台だったと思います。
これだけの質量を動かす255psのV12/5343ccエンジン、燃費はリッター3kmも走れば上等というぐらい天文学的な大食いぶりの癖に、GM製3速オートマチックの非効率に足をすくわれて0-400mなど同時期の1800のブルーバードSSSやコロナ/カリーナにも勝てるか怪しい17sec台という鈍足ぶり―といった具合に1990年代初頭にはすでに「天然記念物並みの」クラシックカーとなっておりました。
ところがそんな「世紀の駄グルマ」は同時に「世紀の美女」として他に唯一無二の艶やかな存在感を放っていたのはクルマというものの奥深さと「永遠に続く」矛盾のスパイラルを感じさせて改めて印象的この上ないです。

この一連の顛末を考えるに、ジャガー社の家庭の事情=3.6リッターから4.0リッターへと発展するAJ6型6気筒24バルブのシリーズを主軸に据えて開発資金を投入する一方で、いかんせん中小メーカーの苦しさ、スケールメリットが期待できないV12シリーズの刷新が後手後手に回ったというストーリーが伺えて「走る天然記念物」ジャガーXJ-Sに「逆にオーラを与える」格好となったことが伺えます。
実はこのXJ-S V12、1990年代当時のある日自身が愛用していた1992年製メルセデス260E(2599cc/165ps)でサーキットにてぶっちぎってしまった思い出のある一台、ジャガーの技術的遅れという表層的な面ばかりが目について、その裏に存在する「枯れた味わい・値打ち」を理解できるほど小生も熟していなかったことが今になって解り、自ら苦笑してしまうほどです。

あれから20年が経ち、インド資本タタ社傘下で日増しに輝きを増す新生ジャガー、ポストモダーンな独特の内外装だけでなく軽量技術/V8エンジンの煮詰めなどエンジニアリング面でもメルセデス/BMWと対峙する世界の最先端を行くに至っており、巷間噂される同社渾身の4気筒1.5リッター過給ユニット+ハイブリッドの次世代ジャガーXFが心から楽しみに思える限りです。
by「ヴィッツ1300U-L+レクサスIS350所有の41歳」

投稿: 真鍋清 | 2012年1月 6日 (金) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/53605990

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(339)今年は「再」で楽しい1年でした・・・!:

« 車お宝話(338)クラシック・スポーツ続々登場 | トップページ | 車お宝話(340)あけましておめでとうございます。 »