« 車お宝話(330)スタイリッシュな最近のBMW! | トップページ | 車お宝話(332)愛しのマックィーン »

2011年10月29日 (土)

車お宝話(331)あ~あぁ・やっちゃった・・・!

 

今週の日曜日、所用で小豆島にフェリーで渡ろうと、
クワトロポルテを引っ張り出したのだが・・・

万一を考えて、姫路港のフェリーを予約しておいたので、
早朝に中国自動車道を抜け、山陽自動車道に入る。

気分よく道は空いているし、天気も上々・・・

ノーマルモードで軽く流して、姫路港のフェリー乗り場
に向けてひた走る!

そんな単調なドライブに、多少は飽き飽きしていたとき、
前方にポルシェ・カイエンターボの車高の低いヤツが・・・

思わずニヤリと、暫し後ろにくっ付いてチョロチョロ
走っていたら、今度は後ろからインプレッサWRXが戦闘
モードでやってきた!

これは面白くなってきたと、スイッチボタンを押し、
スポーツモードに切り替える。

このスポーツモードで、かなりサスペションは強化され、
シフトタイミングも素早いものになる。

エンジン回転は、一番美味しいところの少し手前といった
処で、常に廻っている感じで・・・

ミッション車で云えば、高速道路を常時4速か5速で走って
る様なもの。だからいつアクセルを踏んでも即座に反応する・・・

この時のアクセルレスポンスは抜群で、至極気持ちがいいし、
同調するように、甲高い排気音が、嫌が応でも雰囲気を盛り
上げてくれる。

そんな状況が単調だったドライブから一転してペースアップ
した状態に・・・

暫し前と後ろを見ながら、軽くバトっていたら、後が動いた・・・

咄嗟にアクセルを踏み込んだら、心地よいエンジンサウンド
と共に、強烈な加速が背中を押す・・・!

数秒たってルームミラー越しに後ろを見たら、2台のクルマ
は遥か後ろに・・・

・・・ところがだ、何となんとクワトロポルテの後方は真っ白な
煙が渦巻いているではないか!

瞬時に水温計を見たら、水温は上昇しているがオーバーヒート
はしていない。

一体なんだろうと、昔取った杵ずかで、頭をフル回転させて
思いついたことは、急激にエンジンに負荷をかけたが故に・・・

何処かのプラグが飛んだか、急激なエンジンの揺れでパイプ類
が損傷したか、最悪の場合はガスケットが抜けたかだろう・・・。

それにしても後ろのクルマのドライバーはビックリしただろうし、
バカな奴だと呆れてるだろうな~・・・

てな訳でパーキングエリアで待機。JAFのトラックに乗って京都へ!

Mk2_38_067

そんなことで現在クワトロポルテは入院中で、まだ原因は不明。
だってエンジン下ろさないと解らないんだから、重症だよね・・・!

|

« 車お宝話(330)スタイリッシュな最近のBMW! | トップページ | 車お宝話(332)愛しのマックィーン »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

富田さん
大変だったんですね~↓
それにしても、アクセル踏みこんだらブローしてしまうエンジンってあるんですね(汗)
で、小豆島は間に合ったんですか?

投稿: さわ | 2011年10月29日 (土) 19時46分

うん、お蔭さまで何事もなかったように、フェリーを1本遅らせただけで問題なかったですよ・・・!
でもクルマはマークⅡのレンタカーになってしまったのが、残念ですけどね!

投稿: 富田義一 | 2011年10月29日 (土) 22時25分

ご苦労様でしたね。
小生、富田さんのこの体験談を読んで誤解を恐れず言わせてもらえば「ああひと安心した」というのが率直な感想です。
何なら富田さんほどのクルマのプロ・運転のプロでさえもこうしたミスをすることによって、逆に言えば小生自身も愛車ヴィッツによるスピード違反等過去数種類のミスで自信を失って腐っていたのが徐々に自信を取り戻し、失望感も薄れたのはどこか印象的ではないでしょうか。
忘れもしない2005年初頭、目下92410kmに達した愛車ヴィッツ1300U-L/2004年式が購入後半年、10950kmに達したのを機にエンジンレスポンスが明確に軽くなり、当時のシトロエン先代C4 2.0(143ps)やドイツフォード・モンデオ2.0(145ps)に優に匹敵する1300ccのオートマ車とは信じがたい出足を得るに至ったのに気を良くして関越道下り嵐山小川~花園インター間で時速145まで出したその瞬間、後方の車影から銀色のV35型日産スカイラインが姿を現しルーフには赤色灯が.....時既に遅かった、悪夢の一瞬でした!
結局花園インターまでスカGに誘導され、余りに高圧的な交通機動隊に言い渡されたのは―「時速143km/h=43km/hのスピードオーバー」でした。
今だからこそ言えるのは、二人の交通機動隊のうち、50代のベテランの方は取り調べも半ばを過ぎた辺りに急に物腰穏やかになって「今回のスピード体験、如何でしたか?あなたもヴィッツの高性能を満喫されたかと思いますが、高性能を正しく使うきっかけになったかと思います.....。」と淀川長治の映画解説ばりの口調になったのが何とも結構すぎると言うか、滑稽と言うか(苦笑)。
そんな初春のよく晴れた土曜日の午後、抜ける青空は一転して「不吉なブルー」を表現しておりましたが、免停とその罰金は富田さんのマセラティのエンジントラブルによる費用と不自由に比べれば軽度という見方も出来ます―そこで富田さんも過去数十年の車人生の中での免停や事故、危機一髪で救われた体験等も今後ブログにアップしていただけたら小生も他山の石として十分に参考にさせていただき、自身の生きるオカズにしていこうと考えている所です。
今やGPS式レーダー探知機を装着し、120%安全運転に徹している小生、明日は足掛け7年5ヶ月目のヴィッツを駆って、北本市のクラシックカーフェスティバルに出没する試算です。

投稿: 真鍋清 | 2011年10月29日 (土) 22時28分

インプレッサWRXは煩いです 若者が多いせいか彼我の能力をまだ経験してないので 無茶します 私も先日直線でちぎってやりました ただしこちらも身の程を知っててカーブではアクセルあけません。

時代が違いますがビトルボもフル加速すると相当な白煙をあげてました でも白梅町のあの工場で 壊れてると言われなかったので癖なんでしょうか{笑う}
あの車の発進加速体感は強烈で 丁度トライアンフボンネビルみたい、軽い車体がジャダーで飛び跳ねてました 最近のマセラティは女性でものれる、飼いならされましたね。

投稿: aprodisiaque | 2011年10月31日 (月) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/53112131

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(331)あ~あぁ・やっちゃった・・・!:

« 車お宝話(330)スタイリッシュな最近のBMW! | トップページ | 車お宝話(332)愛しのマックィーン »