« 車お宝話(327)続 おーい! 車屋さん  | トップページ | 車お宝話(329)成功、挫折、追放、復活、再びの成功! »

2011年9月30日 (金)

車お宝話(328)気持ちの良い季節になってきた!

  

暑い夏がウソのように影をひそめ、気持ちの良い風が心を洗う!

部屋の窓を開けても、ベランダに出ても、車の窓を開けて走っても、
気持ちの良い、爽やかな風が頬を撫でてくれる。

心なしか乾いた爽やかな空気が、クルマの調子を一段と高めてる
みたいだし、僕の体も秋に向かって上り調子の様子・・・

・・・やはり自然界の力は大きい、いや大き過ぎると言わざるを
得ないだろうな~!

特に今年は大震災があり、続く天災も多く、ひょっとしてこの国
は嫌われているのではないかと思うほどだが、そんなことはない・・・

・・・地球の歴史からすれば、至極自然なことだ!

それにしても四季がある日本は素晴らしい。

四季折々変化する環境に、人々は極自然に対応する術を身に付け
ているし、楽しみ方も知っている・・・

ビジネスだって、四季があるからメリハリの利いた展開ができる。
ファッション業界も、旅行業界も、広告業界も、そんな恩恵を
みんな受けているんだから・・・

洋服に、春物、夏物、秋物、冬物と1年に4種類もの種類がある
のは、日本だけだと聞いたことがあるが、そうかもしれないな~!

旅行だって、京都ひとつ取って見ても、春、夏、秋、冬と景色も
違うし四季折々の行事もちがう、だから年中賑わっているのだろう!

余談だが、通に人気があるのは冬の京都だそうで、ちらちら雪の
舞う「金閣寺」や、三千院辺りが格別なのだとか・・・!

僕も「夢工場」時代は、雪が降ればすぐ近所の「金閣寺」や「嵐山」
によく行ったもので、普段の景色と一変するのが素晴らしかった。

11059

話を戻すが、この四季のお蔭で恩恵を受けているものは少なくない。

日本のクルマも、温度変化と湿度変化の激しいこの四季のお蔭で、
トラブルフリーになり、世界一になったとも云えるのでは・・・!

日本が経済大国になったとき、自動車の先進国はこぞって日本に
やってきたが、トラブル続きで、この激しい温度と湿度の変化に
困惑したという。

20年ほど前の話しだが、ガレージで突然アクセルが全開になって、
壁に激突したとか、前のクルマに突っ込んだとか、僕が所属して
いた外国自動車輸入共同組合の会議室でよく話題になったが・・・

その頃の風潮では、日本でモノが売れるようになることが、世界の
市場で勝ち抜ける試金石になると言われていた。

やはり厳しい自然が産業を育て、永年、人を育ててきたのだろう・・・

またまた余談だが、昔から京都には、革命家や、改革派が多い。
それは四季のメリハリがはっきりしていて、変革し易い土壌だった
からかもしれない。

そして盆地が故に、冬は底冷えのする厳しさで、夏は蒸し風呂の
如く、風が通らない。この厳しさは住んだ者しか理解できないかも!

でも、この厳しい土壌が、我慢強さを育て、ベンチャー企業を多く
排出してきた要因ではないかと僕は思っている!

|

« 車お宝話(327)続 おーい! 車屋さん  | トップページ | 車お宝話(329)成功、挫折、追放、復活、再びの成功! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

'温度変化と湿度変化の激しいこの四季のお蔭で、
トラブルフリーになり、世界一になったとも云えるのでは'
↑そうかも知れませんですね、わたくし現在、由あってさる小城下町に住んでいますが、この土地で商業で成功すれば日本中何処に行っても上手くゆくと言われているそうです、3方を山で囲まれ盆地特有の底冷え、、、それに負けないほどの排他性がそうさせるのでしょう、もともとが戦国時代を変わり身の早さで生き抜いた藤堂高虎の城下町ですが 。。。

京都には京のぶぶ漬という言葉があります ’まあ ぶぶ漬けでもどうどす?’といわれその気になったら ’奥に行ってなんと気のきかんお人やろ~’と田舎者扱いされます。 
その心の機微をわかるにはそれなりの年月が必要ですね。

メカ二ズムの固まりの車の事 とくにイタリアンを高温多湿の日本で快調に走らすことは難しかったでしょう、キャブ時代は梅雨によくパーコレーションを起こしとても走れたもんじゃなかったです。 
電子制御になった今でさえ くるまは京の町と同様 冬の方が味がでます、特にターボ車は。 

投稿: aphrodisiaque | 2011年10月 6日 (木) 09時27分

高虎の城下町ですか、味のあるところですね~!
京都と同様、盆地特有の底冷えが厳しいらしいですけど。

まぁガソリンエンジンは空気が冷えているほど燃焼効率が上がりますが、人間は程々の気候がいいですね~!

投稿: 富田義一 | 2011年10月 6日 (木) 17時50分

拝復させていただきます。

富田さんが情熱をかけて作ったチューン車の一つ 我がm30z、
現在273、000キロを突破しまして なおかつHID化と4回目のタイミングベルトの交換も行いました どこかの町で邂逅したらニンマリと見つめてください、オリジナルサイドデカールも健在ですからすぐにソレとわかります。

今週 東京のさるチューンナップ業者から 創業40周年のステッカーを貰いました、 ’金を残すは下 人を残すは上 技をのこすは中’と誰かが言いましたが、 技を後世に残すのも並大抵の事ではないですね。

投稿: aphrodisiaque | 2011年10月 7日 (金) 13時39分

いや~、273、000キロですか、実にすばらしい!
いつまでも記録に挑戦してください。

投稿: 富田義一 | 2011年10月12日 (水) 18時00分

小生のメインの足=2004年式トヨタヴィッツ1300U-L/92269kmはこの秋を迎えて急激に燃費が改善されてエアコンオンでも街道筋を40-50km/hで滑走させれば13.5-15km/l平均を軽くマークし、同条件でエアコンOFFなら16.3-17.21km/lの範囲になっております。なお、エアコンOFFで100-140km/h高速巡航を行なって11.86km/lを記録し、絶対的には可もなく不可もないというところですが年式や走行距離を考えれば、また「カタログ値の0.55~0.6掛け」が実走燃費という定理に当てはめれば10モード燃費21.5km/lに対して十分に健闘しているかと思います。
この辺り、秋になって気温が低くなってエンジンへの空気濃度が濃くなったために充填効率が改良されたことと同時に、自身で53700km時に静電気除去コードを取り付け、また定期的に(3000kmごとに)インジェクターのクリーナー並びにオイルへの添加剤(KURE製)を注入していることによるのではないでしょうか。
そんな初代末期・SCP13型ヴィッツは日増しにトルク感を増して実際の加速性能はメルセデスB200やルノーメガーヌ2.0に遜色なく、87ps/11.8kgmのカタログ値からは信じがたい性能を発揮してガ行の轟音を響かせまくっております(笑)。
そして乗り手である小生は、秋の気温変動の中で疲れる周期が存在するも、目下一枚280Kcal也のベルギーワッフルをつまみながらパソコンを打ち、糖分で頭と体にターボを効かせている按配です。

投稿: 真鍋清 | 2011年10月22日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/52871845

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(328)気持ちの良い季節になってきた!:

« 車お宝話(327)続 おーい! 車屋さん  | トップページ | 車お宝話(329)成功、挫折、追放、復活、再びの成功! »