« 車お宝話(324)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス | トップページ |  車お宝話(326)おーい! 車屋さん »

2011年9月 3日 (土)

車お宝話(325)続ペブルビーチ・コンクール・デレガンス

 

そのメイン会場となるペブルビーチ・ゴルフコースのすぐ側に、
カーメルという、もの凄くお洒落な町がある・・・

Mk2_38_034

そのメインストリートがペブルビーチ・ツアー・デレガンスの
コースになっているらしく、古いフェラーリや、ジャガーなど、
ツアー・デレガンスに相応しいクルマがひっきりなしに通る。

身近で懐かしいムスタングと、BMW2002tiiも発見・・・

Mk2_38_032

Mk2_38_046

特に印象的だったのは、その殆どが老夫婦の運転するクルマで、
その他にも、この美しいポルシェスピードスターや、モーガン、
MGBなど、往年のプレイボーイが運転しているのだろう・・・!

Mk2_38_033_2

Mk2_38_035

勿論、新しいアストンや、ベントレイ、フェラーリなど、最近の
スポーツカーは幾らでも走ってくるが、写真など取る暇がない。

Mk2_38_037

いや正確には、よそ見をしていてシャッターチャンスから外れた
クルマ、と言った方が正しいのだろうが・・・!

Mk2_38_039_2

それは、このカーメルの町のショップというショップが、クルマ
一色に染まり、小物屋さんでも、洋服屋さんでも、骨董品屋さん
でも、見ていて飽きることがない・・・

Mk2_38_040

実は、この店は洋服屋さんだが、僕の大好きなデイトナコブラが
中央に・・・こんな楽しいディスプレイで見る者を引きつけている。

Mk2_38_041

男物だけでなく、女性もののセーターだってクルマが主役なんだ
から、嬉しくなってしまう・・・

Mk2_38_043 Mk2_38_044 Mk2_38_045

この写真はカーメルではなく、サンフランシスコの街の中だが、

Mk2_38_048_2

クルマが一般社会に溶け込んでいる事を証明する、良い例だろう・・・

Mk2_38_049_3

勿論アメリカという国は、クルマ無くしては成り立たず、永年に
於いてクルマ王国を自負してきた訳だが、それにしても、こうも
一般社会に好意的に受け入れられているとはなんとも羨ましい!

|

« 車お宝話(324)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス | トップページ |  車お宝話(326)おーい! 車屋さん »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/52638243

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(325)続ペブルビーチ・コンクール・デレガンス:

« 車お宝話(324)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス | トップページ |  車お宝話(326)おーい! 車屋さん »