«  車お宝話(326)おーい! 車屋さん | トップページ | 車お宝話(328)気持ちの良い季節になってきた! »

2011年9月21日 (水)

車お宝話(327)続 おーい! 車屋さん 

   

翌朝、僕の大好きな幕末で名を馳せた「長州」目指して、山口県萩市
にハンドルを向ける・・・

門司港ホテルを出発して、すぐ近くの中国自動車道から関門海峡大橋
を渡り、壇ノ浦SAで景色を楽しむ。

前日の下関との往復で、すっかりプリウスにも慣れ親しみ、山道で
シフトを使いながら、結構おもしろく走れることにも気がつく!

正直に白状するが、実はこれまで何回となくプリウスのレンタカーを
借り出しているが、毎回必ずと言っていいほどエンジンが掛からない
現象に悩まされていた。

原因はハッキリしていて、エンジンが掛かっているのか、いないのか
を判別するのに、永年の習慣で、振動で体感する癖がついているから
判断を誤る。

目の前のダッシュボードにある、デジタル・メーターで判別するなど、
まったくもって馴染みがない・・・

その上、ブレーキペタルに足をのせながらエンジ掛ける癖もないから、
ニッチモサッチモ行かなくなる・・・!

ところが、今回のプリウスでのドライブは、まったくもって問題なし!
そろそろ完璧に慣れたのかも知れない。

以前にも書いたが、結構走るしコーナーリングもほどほどに曲がって
くれるから、乗っていて楽しい・・・

・・・結構、僕も新しもの好きかも知れないな~!

多分、今までで一番楽しんだプリウスのドライブかも知れない。

高速を降りてから、途中に秋芳洞がある山岳ルートを、かなり早い
ペースで走ったが、普段乗ってるクルマより3倍は燃費がいい・・・

・・・でもでも、音が無いのがなんとも寂しい!

プリウスって新しい感覚だし、燃費が良くて適当に走るし良く曲がる。
でも僕としては一番肝心なメカニカルノイズや、排気音が楽しめない
から、メインのクルマにはなり得ない。

そんなプリウスを「ノン・アルコールビール」みたいだと表現しよう!

一番肝心なモノはないが、でも代わりにはなる。
一本以上はどうしても飲めないけど、あったらうれしい!
短時間なら十分に役目を果たせる・・・「ノン・アルコール・プリウス」

まぁそんなことを考えながら、楽しいドライブで「秋芳洞」に到着。

Mk2_38_060

実はこの「秋芳洞」には、なんと50年前の高校時代に、親しい友人達と
卒業旅行に来たことがある。だから2度目なのだが・・・

と言っても、そんな昔の記憶など99%覚えがない。でも記念写真が証拠
として残っているから間違いはない・・・

そんなことで50年振りの記憶がどんなものか楽しみにして来たんだけど、
何からなにまで記憶の"想像"とは違っていた・・・

もっと洞窟内は赤黒く生々しいと思っていたが、最近になって全面的に
改装されたLEDの照明のお蔭で、確かに幻想的だが、昔のおぼろげな
記憶とはまったく違う世界になっていた。

唯一つしっかりと覚えていたことは、洞窟内はもの凄く寒いということ。
だからしっかりと上着を持って潜入したのは、50年前の学習能力のお蔭か!

それにしても、改めて自然の偉大さと、不思議さにすっかり魅了された・・・

Mk2_38_058

このだんだん畑のような形は「百枚岩」と呼ばれ、巨大ツララのような
石灰華は「黄金柱」といい、高さ15m、幅4mの巨大な柱。

Mk2_38_059

三億年を経たこの光景は圧巻で、秋芳洞巡り最大の見せ場として、百枚皿
と人気を二分するのだそうだ!

冷気に包まれた洞窟をでて、一転猛暑の青天井ガレージに置いてあった
灼熱のプリウスで、一路、萩市に・・・

この萩市には幕末好きでなくとも誰でも知っている、木戸孝義(桂小五郎)
高杉晋作、吉田松陰、久坂玄端などの生家があり観光客に開放されている。

Mk2_38_061

と言っても、この勤皇の志士たち、当時の身分はそんなに高くないので、
大きな屋敷ではなく普通のお家だから、親近感が湧く・・・

面白いことにその志士たちが、侍姿で所々の屋敷の蔭に刀をさして立って
いるから、本気で幕末にタイムスリップしたような気になる・・・

この萩市も今回20年振り2度目で、以前も勤皇の志士たちの生家は見学したが、
その時は”侍姿の志士たち”はいなかったから、昨今のテレビ番組のお蔭で
萩市も立派な観光地として育ったのだろう!

Mk2_38_062

Mk2_38_063

秋芳洞といい、萩市といい、現代の観光地として変化を続けるのだろうな~!

|

«  車お宝話(326)おーい! 車屋さん | トップページ | 車お宝話(328)気持ちの良い季節になってきた! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

お邪魔致します。随分昔に京都でお世話になりました者です。偶然ブログを拝見し、相変わらずバイタリティーに溢れた社長で嬉しく思いました。この2日間でBackNumberを一気に読ませて頂きました。何と自分も映った写真が有りました!これからもちょこちょこお邪魔致します。どうやらお近くの様なので、機会があればお会いしたいものです!内容と関係ないコメント申し訳ございません。

投稿: Hashi | 2011年9月25日 (日) 23時48分

えっ、「何と自分も映った写真が有りました!」ですか??
多分、集合写真かと思うんだけどな~・・・
フェイスブックもやってるから連絡くださいね!

投稿: 富田義一 | 2011年9月26日 (月) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/52792702

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(327)続 おーい! 車屋さん :

«  車お宝話(326)おーい! 車屋さん | トップページ | 車お宝話(328)気持ちの良い季節になってきた! »