« 車お宝話(323)ひとり言・・・「車好きで良かった!」 | トップページ | 車お宝話(325)続ペブルビーチ・コンクール・デレガンス »

2011年8月30日 (火)

車お宝話(324)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス

  

年に一度行われる「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」は、
サンフランシスコから南へ約200kmの西海岸沿いにある超有名な
ゴルフコース、「ペブルビーチ・ゴルフリンクス」で行われる。

Mk2_38_052

ご存じ、2010年の全米オープンの舞台となった場所でもある・・・

2011年8月21日、このペブルビーチ・ゴルフリンクスで、世界の名車、
高級車の品評会「第61回 ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」が
開催された訳だが・・・何故かそこに僕の姿が!

勿論、クルマ大好き人間の僕がそこにいること自体、当然のようだが・・・

正直に言うと、全くの偶然で、2009年3月3日、『車お宝話(130)
明日からシスコ&ロスへ海外出張!』にでも書いたセミナーのために
来ていたのだ。

サンフランシスコから南に移動中、折角だからと奇麗な海岸沿いを
現地に詳しい友人のドクターが走ってくれた・・・

そしてここが有名な全米オープンの舞台となる「ペブルビーチ・ゴルフ
コース」だよ、と紹介されて気がついた。

もの凄い”サプライズ”・・・僕のクルマ好きを知っていて連れて行って
くれたんだ!!

Mk2_38_038

そうだよな~、なんか凄いクルマばっかり走って来るな~と思ってたんだ・・・

Mk2_38_036

もう、あちらこちらに「第61回 ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」
の旗がひらめいている・・・!Mk2_38_034

ほんと、クルマ好きが聞いてあきれるよね~、現地に行くまでスッカリ
忘れてたんだから・・・!

もう現地は異様な雰囲気で、あちこちでクルマのショーや展示会が開催
されていて、新車の発表会場としても有名・・・

去年の第60回は、ベントレイの新型「ミュルザンヌ」の新型が発表されたし、
今年はトヨタの「レクサスGS350」がこのペブルビーチ・コンクール・デレガンス」
で発表された・・・

Mk2_38_055

勿論、日産もホンダも勢ぞろいだし、各自動車メーカーが競って展示する。

Mk2_38_054

それも其のはず、8月17日から順次各メーカーがブース展示や、イベント、
クラシックカーのオークションなどを開催、全米から集ったクルマ好きが
この自動車の祭典に参加するんだから・・・

Mk2_38_030

そうそう、後から聞いた話だけど、今年のクラシックカー・オークションで
最高落札価格が出たんだって・・・1台、13億円のフェラーリだとか?!

                                                                                    つづく

|

« 車お宝話(323)ひとり言・・・「車好きで良かった!」 | トップページ | 車お宝話(325)続ペブルビーチ・コンクール・デレガンス »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

ぺブルビーチへは一生に一度は行きたいところです。ゴルフじゃなくてクルマ目的で。(笑)

最近、ラルフ・ローレン氏のコレクションがパリで開催されましたが、自動車という工業製品を芸術面の観点からイベントを企画、全世界へ情報を発信することにより、クルマが単なる乗り物ではないことだと感じた人が少なからず増えたことだと思います。

ぺブルビーチの歴史はクラシックカーのイベントとして長い故、クルマを文化的なものとして捉えられている側面があるように思います。あれだけ美しいコースに展示されたクラシックカーを目の当たりにすると、「古いものを長く使うことの大切さ」みたいなものを感じると思います。

投稿: 野村宏一郎 | 2011年8月30日 (火) 21時53分

すさまじい光景ですね・・・!
最近海外への興味が離れません
まぁ、自動車の聖地でもありますが(笑

今現在販売されているスポーツカーも
そのうちこのような値段になるのでしょうか・・・
いまいち実感がわきません

いつまでも新しいデザイン

いつまでも美しいデザイン
全く逆棚と思う今日この頃ですし
今という時代に合ったものは本当に難しい事だと実感しています!

投稿: あきら | 2011年9月 1日 (木) 18時04分

そうですね、特にクルマが大事にされてるな~と感じるのはアメリカの西海岸とモナコでしょうか!
古いクルマを新車のようにレストアして自慢げにのってるし、また見てる人も拍手でもしそうな勢いで、見せてくれてありがとう見たいなノリで微笑ましい。
特に老夫婦が、楽しそうにお洒落なスポーツカーに乗っているのを見ると、つい笑顔で手を振ってしまう!
だから成立するんでしょうね~、乗る側と見る側の関係が・・・
その点、日本は無関心な人が多いし、もっと違う目で見てるような気がするから少し寂しいですね~・・・!

投稿: 富田義一 | 2011年9月 2日 (金) 12時50分

レクサスGS350ってサスペンションへのアルミの応用やGS450h用新設計ハイブリッドによる20km/l平均燃費等、技術的には満を持していることを承知の上でそのデザインがいかにも臆病風に吹かれているようでペブルビーチでの存在感も率直言って冴えない印象の方が強いです。
その意味で従来型GSやIS(何を隠そう小生の愛車!)の方が遥かにチャレンジ精神に富んで尖鋭に感じられますが富田さんは如何でしょうか。
さてそんなペブルビーチに1963年型ビュイック・リビエラやボートテールの1971リビエラ、近年のアメリカ車ではダッジ・チャージャー(そう、W210メルセデスEクラス・ベースにクライスラーで開発したシャーシーを使用!)が来れば実に決まり度最高で、アメ車らしさの集大成だと思います。

投稿: 真鍋清 | 2011年10月24日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/52606054

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(324)ペブルビーチ・コンクール・デレガンス:

« 車お宝話(323)ひとり言・・・「車好きで良かった!」 | トップページ | 車お宝話(325)続ペブルビーチ・コンクール・デレガンス »