« 車お宝話(317)お金の奴隷になってはいけない。 | トップページ | 車お宝話(319)いつも元気な友! »

2011年7月16日 (土)

車お宝話(318)最近の小さなスポーツカーが気になる!

 

歳のせいか、それとも歳甲斐もなくなのかは良く分からないが、
特に最近、小さなスポーツカーが気になってしかたがない・・・!

穏やかだった心に火をつけたのが、「ミニ・クーペ・コンセプト」

2009年のフランクフルト・モーターショーで発表され、しかも、
ほぼそのままの状態で市販化する計画という内容だった・・・。

Mk2_38_014_2

ブルーメタリックの小さなボディに、シルバーメタリックのトップ。
そして、センターに2本のストライプが入っている・・・

特徴のあるトップは、ヘルメットを模した“ヘルメットルーフ”と
呼ばれ、この形状が2シーターであることを強くアピールしている・・・!

デザイン担当は、約10年ほどミニに関わっているドイツ人で、
エクステリアデザイン責任者のマーク・シリング氏。

新生ドイツ・ミニを育ててきた人で、ミニに関して何からなにまで
知っているのだろう・・・。

エクステリアデザインから発する妖艶な魅力は、心憎いばかりの
演出によるもので、僕の心を一瞬にして虜にしてしまった・・・

その「ミニ・クーペ」がつい先日、正式に市販されることになり、
様々なカラーリングの「ミニ・クーペ」の写真が目に飛び込む様に
なったが・・・

でも僕としては、大好きなアルピーヌA110を彷彿させるブルーメタ
がベターチョイスで、空想でしかないが、もし手に入れるのなら
ブルーメタリックと決めてしまっている・・・

多分、実用性のない2シーターだから夢を掻き立てるのだろうな~!

それと最近のクルマはみんなデカクなってしまったから、小さくて
やんちゃなベビーギャングに、郷愁を感じるのかも知れない・・・

A1101300g_2

昔はアルピーヌA110や、シムカラリー3、ミニクーパーS、アバルトなど、

C5
小さくてやんちゃなベビーギャングが大好きだった。

04012

Fiat500

そうそう、アバルトで思い出したが「ミニ・クーペ」の他にもう一台気に
なるクルマがある。

Mk2_38_014

「アバルト695トリブ-ト・フェラーリ」、フィアット500アバルトのチューン車。

フェラーリのエンジニアが手を入れたものだが、なんとターボを付けて
180馬力なんだから、3,65mの小さなクルマは飛んで行ってしまうだろうな~・・・

・・・と、まぁそんなことを想像しているときが、一番幸せなんだけど!

でもでも、久し振りにヒール&ツーを駆使して、マニアルミッションを
操ってみたいと真剣に思っているんだけどね・・・!

ちぃっと待てよ!書き終わってから以前にも書いたような気がしてきた。

思い出して検索してみたら、やっぱり似たようなことを『車お宝話(181)・
復活・フランクフルト・モーターショー!』で書いてしまっていた。

これぞ間違いなく歳のせいでしょう・・・!  (是非とも参照を)

|

« 車お宝話(317)お金の奴隷になってはいけない。 | トップページ | 車お宝話(319)いつも元気な友! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

クーパーのクーペ、ほんのりと「ZZ」の様な茶目っ気たっぷりの小さな相棒って感じが滲んでいます(笑

ある種私の年齢層になってくると「軽自動車」がやはり維持費の面ですごく有効に思えます。(都市部に限ってしまうと思いますが)

歳のせいではなくて、若返ったのではないでしょうか!!!!

投稿: あきら | 2011年7月19日 (火) 23時57分

歳のせいではなくて、若返ったのではないでしょか!・・・

うれしいこと言ってくれるね~!・・本気で欲しいよ。

投稿: 富田義一 | 2011年7月20日 (水) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/52223092

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(318)最近の小さなスポーツカーが気になる!:

« 車お宝話(317)お金の奴隷になってはいけない。 | トップページ | 車お宝話(319)いつも元気な友! »