« 車お宝話(318)最近の小さなスポーツカーが気になる! | トップページ | 車お宝話(320)30年前の想像が現実になった・・・! »

2011年7月26日 (火)

車お宝話(319)いつも元気な友!

   

先日、僕より2歳年上の友人が大阪入りし、行きつけの居酒屋風
イタリア料理店で、しこたま飲んで、食べたて、大盛り上がり・・・

とにかく元気いっぱいで、声も大きいし、良く飲むし、良く食う!

僕たち二人とも髪はフサフサで、体形も若いし、何より夢がある・・・
世間がイメージする70歳前後の風情とはまったく違うんだから・・・

とてもとても僕が66歳で友人が68歳だとは、周りにいる人達
は気がつかなかっただろう・・・

以前にも書いたが、良し悪しは別にして、医学的には125歳まで
生きられると、キッパリ思っている二人。

このときも大盛り上がりで、8月は講習会でサンフランシスコに、
9月も一緒に沖縄に行く約束をしてしまった・・・。

彼は毎年沖縄に、スキューバダイビングをしに行くのが楽しみで、
僕は海を見ながらゴルフをするのが楽しみで、毎年のように沖縄
に行っている。

余談だが・・・海の傍で育った僕は、幼い頃から素潜りが好きで
毎年潜っていたから、特にスキューバダイビングに興味はある
のだが・・・

・・・残念なことに、僕はスキューバダイビングをしてはいけない!

それは39歳のときに患った「真珠腫性中耳炎」が元で左の三半規管
を損傷、鼓膜も失い、いまも左の耳は殆ど聞こえない。

だから海に潜ったときの「耳のエアー抜き」が正常にできないのだ・・・
それに損傷している部分が雑菌に弱いから、水中に頭をつけられない。

今では稀だが、昔は真珠腫性中耳炎から髄膜炎(昔は脳膜炎と言った)
に至り、死亡することが結構多かったんだから・・・

飛行機に乗った時も、「耳のエアー抜き」が正常にできないから、
離発着のときは死ぬほどつらい時期もあったが、これはなんとか
克服したから、沖縄にもサンフランシスコにも行けるんだけどね・・・!

まぁそんな訳で、スキューバダイビングにチャレンジできない。

ぼちぼち話を元に戻す・・・

・・・その友人は某医大の名誉教授で、現職はアンチエイジングを
主体としたクリニックを東京で開業しているから、同じ志を持つ者
同士と言える。

以前は、数十年も大学の研究室で研究のみに没頭し、永きに渡り
教授生活をしていたが、何を思ったか地位と名声をかなぐり捨て、
数年前に独立、開業してしまったのだから驚く・・・!

普通なら、地位と名声が約束されていれば、残りの人生を楽しく、
安易に暮らすものだが、彼のチャレンジャーの血が騒ぐのだろう・・・

人間本来の持つ能力を持続させ、長く豊かに健康で、生き生きと
暮らせる人生を確立するために、アンチエイジングを主体とした
予防医学に力を注いでいるのだ。

老いない肉体、安定した精神、生き甲斐、遣り甲斐などの持続。

要するに、肉体が持つエネルギーが強いほど、精神も安定するし、
そこに、生き甲斐や、遣り甲斐などが加われば、幾つになっても
若くいられるという訳!

だから同じ夢を持つ者としてアンチエイジングにチャレンジするのだ・・・!

|

« 車お宝話(318)最近の小さなスポーツカーが気になる! | トップページ | 車お宝話(320)30年前の想像が現実になった・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいご友人をお持ちで読みながら元気をいただいたような気がします。
私は毎週3時間テニスをするのが楽しみなのですが、私が通うクラブには60代~70代の方もいらっしゃって、非常に綺麗なフォームで普通に鋭いボールを返球されているのをそばで見ながら恐らく、若い頃からなさっていて基本がしっかりされているからできるのではないかと思っています。
テニスに限らず、何事も基本を踏まえて継続することが大切ではないのかと思います。
継続していくうえでメンタルな部分も重要な要素になってくると思いますが、ここまでくると富田氏と今回ご紹介されたご友人のアンチエイジングのお話に興味が湧いてきました。
機会があれば、今回のご友人とのお話をぜひお聞かせ下さい。

投稿: 野村宏一郎 | 2011年7月27日 (水) 20時43分

そうなんですよ・・・! アンチエイジングはもっと身近なものなのに、どうも日本人は猜疑心が強くて冒険心が薄いからか、普及するのに時間がかかる。早く取り組めばそれだけ永く健康でいられるのに、殆どの人が病気になってからしか行動を起こさない。自分の身体は自分が守らなくては・・・決して医者任せにしないというのが僕の考えです。
だから僕は成長ホルモンを促進させる加圧トレーニングを週2回と、内筋を鍛えて整えるピラティスを週1回実行しています。おっしゃる通り何事も基本が大事。だから自分の体のベースもしっかり造って置かないと・・・。

投稿: 富田義一 | 2011年7月29日 (金) 11時22分

中耳炎と見て、小生が中学時代末期=14-15歳(1984年頃)に患った症状を思い出しました。
何でもあの頃はアンチ耳かき派で、耳の内部の三半規管が耳かき棒で振動することによるあの特有の痛みが身体にフラッシュバックして恐怖と戦慄に襲われる体質でした。
小学校時代に我が父親(当時は耳かきフェチ=「耳かきこそ至福の時間」というヒト)によってサービスエリアやスーパーの駐車場に止めた我が家の愛車「日産ブルーバードU1600GL」(610型、1975年製)やらその後釜の「1978年式アウディ80GLE」(1588ccの縦置きFF)の室内で「リクライニングシートを使って」頼みもしないのに綿棒で耳かきされたトラウマもさることながら、耳かきというそれだけで血の気が引いて知らずに顔が真っ青になっている小生がいたものです。

そうこうするうちに小生自身、耳かきなど全く行わずにんっちゃっておく性癖となり、14歳の時点では耳には耳垢が溜まりまくり、本格的な石ころ状態と化していたものです―耳痛に悩まされるようになったある日、父親に診断してもらったところ「こりゃ鼓膜切開が必要かも知れない」と言われて父親の学友である耳鼻咽喉科に行く運びとなりました。
隣町にあったその耳鼻科、皮肉なことに当時買ったばかりの1984年式アウディ80GL5E(1994cc/5気筒縦置き)で父親に送ってもらう格好となり、「第一級のクルマ/上質なクルマに乗れる」という多福感ゆえの脳内エンドルフィンで痛みや恐怖がカバーされたぐらいだから我ながら十分に馬鹿であり、頓狂だったかと思えます―富田義一さんだからこそそんな小生の感覚をわかって頂けるかと思います(苦笑)。
果たせるかな道中、「小生独自のヒーロー同一視」(どうです、笑って下さい、バカにして下さい!)パターンを逆手にとって父親、「耳鼻科でもベンツ500SEL並みの風格でやるんだぞ!」と謎の言葉を連発していたものです。別にルノー25でもアウディ80でも、5シリーズBMWでもそれぞれ魅力的だし良いかと思うのですがともかく「Sクラスメルセデス」こそが小生の「心のヒーロー」として絶対的な記号性を持っていたことの証左ではないでしょうか。
耳鼻科では麻酔注射を受けて「恐怖の鼓膜切開」を受けたものですが、その瞬間がどれだけ長く、映画の一シーンを再現するかの如きドラマチックさで迫ったか―本人以外でないと解らない体験とはこれかというものです。
それでも先入観の割には痛みも薄く、「治療を受けたら快適ライフが待っている」という夜明け前の苦難という性質上、今思えばすんなりと済んで、良き思い出の一つではあったのでしょうか。

投稿: 真鍋清 | 2012年3月 6日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/52316665

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(319)いつも元気な友!:

» 起業通信講座Aコース [起業通信講座Aコース]
あなたの成功実現のために★多くの成功者を輩出した本物の事業家が直接お教えします! [続きを読む]

受信: 2011年7月29日 (金) 22時00分

» 起業通信講座Aコース [起業通信講座Aコース]
あなたの成功実現のために★多くの成功者を輩出した本物の事業家が直接お教えします! [続きを読む]

受信: 2011年8月10日 (水) 00時00分

« 車お宝話(318)最近の小さなスポーツカーが気になる! | トップページ | 車お宝話(320)30年前の想像が現実になった・・・! »