« 車お宝話(297)ここ数年で世界は一変した・・・! | トップページ | 車お宝話(299)この国も根本から仕組みを変えないと・・・! »

2011年2月26日 (土)

車お宝話(298)クルマ選びは楽しいな~・・・!

  

つい先日、ネットで「日産GTR コルベット & マスタング と加速競争」
という動画を見つけ、久々に昔を思い出してしまった。

というのは、フォード・マスタングはチューニングカーの「シェルビーGT500」で、
それも色がブルーの迫力あるヤツ!

マスタングをベースに、5.4リッターV8をスーパーチャージャーでチューニング。
勿論フォードのカタログモデルだが、ブレーキもブレンボが入った本格的なマシーン!

550馬力のエンジンはDOHCとなり、むかしのOHVとは大きく異なるエンジンなのだが、
排気音は、むかし懐かしい音に不思議と再現されている・・・

やはり誰しも、むかし聞いたアノ排気音に憧れがあるのだろうな~・・・。

もう一台は、シボレー・コルベットの最強マシン「Z06」だ。

その2台が、最強の日産「GT-R」と0~400mの加速タイムを競ったのだが、
言わずもがなで、想像通り、4WDの「GT-R」が圧勝・・・

・・・でも、そんなことはどうでもいい!

僕はこの「シェルビーGT500」の ”ボロボロボロボロボロ”という音と、
アメ車の大胆で、改造車らしいルックスに、久々に昔を見た気がした・・・

それはトミタオート時代の想い出のクルマ、1976年式の「SHELBY GT500」で、
自分の足として永く愛用したことを懐かしく思い出してしまったのだ。

そのクルマも当時としてはド派手なブルーメタリックだったから、嫌が応にも
懐かしさが込みあげてきたという訳・・・

この'67年式の「SHELBY GT500」は、シェルビー・アメリカンの手で製作された
最後のモデルで、GT500は428cu.in.(7000cc)のOHVを搭載、当時もの凄く気に
いって乗っていた!

これが縁で、後にシェルビー・デイトナコブラを手に入れることになったのだが・・・

ところが今朝の出勤時、今まで見たこともなかった、「シェルビーGT500」が、
突然、脇道から新御堂筋に出てきて、出くわしてしまった・・・本当に!

コイツはガンメタで、動画で見たクルマよりもっと大幅にリファインしてある。
サイドマフラーやサイドステップ、フロントにもオイルクラーが見える厳ついヤツ。

僕は排気音が聞きたくて、とっさに、7車線ある新御堂筋の端から端まで即移動・・・
PCの動画で聞いた音より現実味があるから、ホント涙が出そうになってしまった!

マセラッティやアストンマーチンのエンジン音もいいけど、僕にとってはなぜか
「シェルビーGT500」の方がゾクゾクする。

今日はネットでむかし懐かしい「SHELBY GT500」や、現代版「シェルビーGT500」を
引っ張り出して、あれもいいな~、これもいいな~、欲しいな~・・・

もし買うんなら、むかしの「SHELBY GT500」のレストア車かな~・・・
でも壊れたら部品に苦労すかな~・・・

それとも壊れ知らずの現代版「シェルビーGT500」にしようかな~・・・って、
想像の世界で楽しんでしまった・・・!

|

« 車お宝話(297)ここ数年で世界は一変した・・・! | トップページ | 車お宝話(299)この国も根本から仕組みを変えないと・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

私など、国産と外車の違いですぐ気付くのは排気音です、なんで彼らはあんないい音を出すんでしょうか、へ詰まらないbmwの4リッタークラスでも惚れ惚れする排気音をだします、以前はロングストロークだから?とか爆発間隔が違うのだろうと素人判断で思ってましたが、どうもそうではないエンジン設計の段階から技術者に身に付いた音への習癖がそうさせるのではないかと思いはじめてます。 
何せ日本ときたら小学校の児童がチャイムならして”早く下校しましょう”と盛大に近所迷惑してもソレが普通と感じる環境ですから、 一方ご存知のようにヨーロッパの国鉄私鉄問わず発車のアナウンスさえなし! 音が時に暴力だと知りながら、心地いい音に心がけての歴史だと感じてます。続く

投稿: aphrodisiaque | 2011年3月 2日 (水) 14時12分

過日レクサスもIS-Fに乗りました、4000RPM辺りからの急激な取ってつけたような音の変化には驚いたものです、なぜもう少し自然な音の変身をさせないのだろう、官能とは違うな?と思った次第です、現在M30Zを愛用してますがなかなか低音の効いたしかも品のいい排気音なんですがね~~{当時の夢販売に頼み込んで作って貰った2世代目のマフラーですが}
また同じツインのバイクでもトラのボンネは乾いた歯切れのいい音なのに ヤマハの650はどうもいただけない、伝統の違いだけでは割り切れないものがありますね。
富田さんの真似してフェイスブックを私も初めました、老人性ゆうぜいがほほに出来始めたのでせめて時代に乗り遅れまいと涙ぐましい努力です。

投稿: aphrodisiaque | 2011年3月 2日 (水) 14時30分

そうですかフェイスブックを、よければお友達になりましょう・・・!
ホント、音と椅子は文化の違いですよね。でも最近のフェラーリはラッパ排気管的サウンドなので、あまり好きにあなれないな~!
やっぱり、クルマにせよバイクにせよ、昔の自然な音がいいですね~。音は大事な感性ですから・・・!

投稿: 富田義一 | 2011年3月 3日 (木) 18時46分

facebookにお邪魔いたします、”だれやあんた”と追い返さないでください。

投稿: aphrodisiaque | 2011年3月 3日 (木) 23時19分

フォード・マスタングこそ不等間隔V8サウンドを今に伝える貴重な存在ですね!
小生は1970年代初頭のマスタングマッハ1(7000cc)を筆頭に、近年ではマスタングGT5.0やそれをベースに生まれたシェルビーGT500に心からノックアウトされております。
名機シェルビーGT500、せっかくのあれだけのサウンドと爆発的トルクを実現しているのだから、オートマチックないしはクラッチレスマニュアルが設定されればまさに鬼に金棒ではないでしょうか。
さてフォード・マスタングシリーズ全般を通じて感服させられるのは、後席のスペースが外観からは想像できないほど広い点、とくに足元のスペースはかつてのアストンマーチンV8サルーンを凌いでBMW3シリーズの4ドアと遜色ないのには参ってしまいました。
かくも「価格はVWゴルフR、性能はマセラティグランツーリスモS以上」というV8マスタング、世界にも類を見ない貴重な四座スポーツサルーンとして孤高の境地を築くこと間違い無し―最新GT5.0のV8の平均燃費10km/l+に代表されるように新たなスタンダードを業界に築く姿は痛快ではないでしょうか。

投稿: 真鍋清 | 2012年1月31日 (火) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/50976089

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(298)クルマ選びは楽しいな~・・・!:

« 車お宝話(297)ここ数年で世界は一変した・・・! | トップページ | 車お宝話(299)この国も根本から仕組みを変えないと・・・! »