« 車お宝話(293)・・・山陰の雪の想いで! | トップページ | 車お宝話(295)汽車とクルマの今昔物語 »

2011年1月29日 (土)

車お宝話(294)京都府の丹後半島は見所いっぱい!

京都市は小さいが、京都府北部は海もあり、想像以上に広い・・・

余り知られてないが、京都府北部の丹後半島は遙か遠く日本海
沿岸まで続き、その先には名所が多い。

戦後引上げ船で有名になった舞鶴、日本三景のひとつ天ノ橋立。
高級絹織物の丹後ちりめんで名を馳せた、宮津など・・・

宮津と言えば日本一の「とり貝」が獲れることで通には有名。

鳥のくちばしに似てることから、そう呼ばれている「とり貝」は、
宮津湾のちょうど真ん中あたりに生息しており、赤貝そっくりの
貝は、大きいもので15センチほどの大きさになる・・・

この天然の「とり貝」は、大きさ、肉厚、味、どれをとっても
絶品だが、希少すぎて手に入りにくいのが難点・・・

旬は夏場だが、天然ものの大きな奴は、1シーズンで5000個ほど
しか取れないらしく、東京の高級料亭や寿司屋ではべら棒に高い。

因みに地元の料亭で1個3千円ほど、東京の高級料亭では倍以上
もするらしい・・・

でも宮津湾では、型は小さいが味は絶品の「育成とり貝」を天然と
同じ条件で育てているから、ご安心を!

その他、見所いっぱいの丹後半島には映画の寅さん、釣りバカ日誌、
連続テレビ小説「ええにょぼ 」等で、すっかりお馴染みになった
「伊根の舟屋」がある・・・。

その舟屋から見た海の景色も、海から見た舟屋の景観も美しいが、
舟屋の前の街並みも情緒タップリで、クルマを降りてブラブラ歩けば、
何故か昔に帰ったようで、漁村の原点を想いださせてくれる・・・

それも其の筈、この舟屋は江戸時代の中期頃から存在するもので、
漁村で初めて「国の重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けた。

この伊根町の船宿は、当時のまま240軒近く実在しているから、
季節の良いときにクルマで行かれることを、是非お勧めする・・・。

季節柄もう一つ、取っておきの「幻の蟹」の話しをしよう!

この伊根町の近くにある、間人港(たいざこう)に水揚げされた蟹が、
間人蟹(たいざがに)と呼ばれ、幻の蟹として、知る人ぞ知る存在・・・!

間人蟹は松葉蟹の中でも頂点に立つブランドとして知られているが、
先ほどの宮津の「とり貝」同様、数が少ない・・・

なぜ幻か?・・・間人漁港は、小型の底引き網船がたった5隻の
小さな漁港で、常に近場の漁場で網を引く”日帰り”漁なのだ・・・

蟹の漁場に最も近い間人港だからこそ、蟹の鮮度と肉質を落さず
水揚げできる、だから日本一活きの良い蟹が手に入いるという訳・・・!

ズワイ蟹は地方によって名前が変わるが、丹後地方や山陰地方では、
「松葉蟹」と呼ばれ、福井県や石川県では「越前蟹」、その他の地方では
「ずわい蟹」と呼ばれる。

ご存じのように「松葉蟹」や「越前蟹」と、北海道やロシアの「ずわい蟹」
とでは、同じ蟹なのに値段が10倍以上も違う・・・

だから最近は、水揚げされた漁港の名前のタグを、蟹の足に付け、
細かくブランド化している。

水揚げされた漁港ごとに色分けしたタグを蟹に付け、何処の港に
水揚げされたかが、一目瞭然でわかる仕組みになっている・・・

例えば、緑のタグは、ここ丹後半島の「間人蟹」
・・・・青のタグは兵庫県津居山港の「津居山蟹」
・・・・白色のタグは兵庫県香住港の「香住蟹」
・・・・黄色のタグは福井県越前港の「越前蟹」

・・・といった具合にブランド化されている。

|

« 車お宝話(293)・・・山陰の雪の想いで! | トップページ | 車お宝話(295)汽車とクルマの今昔物語 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、R32のM30を所有しております、セブンと申します。
いつも楽しく拝見しております。
間人には我が家の先祖代々の墓があり、毎年お盆には必ず訪れています。
夏は海水浴、冬は絶品の蟹、丹後は良い所ですね♪

投稿: セブン | 2011年1月29日 (土) 18時59分

富田様

お世話になります。真砂です。
丹後半島は絶好のドライブコースですよね。
伊根の舟屋、なんとも言えない風情があります。
僕もとり貝大好きなんです!特に宮津のやつは絶品ですね。お値段は...ですが。

奇跡の杖、お陰さまで仕事が追いつかないくらい忙しくさせてもらってますよ。熱い気持ちが行動を生み、途中課題は色々あるけれども自ずと好転していくことを実感できており、富田様には本当に感謝しております。

Tommykaira-ZZのEV仕様、ぜひ見てみたいです。

投稿: 真砂 | 2011年1月30日 (日) 22時56分

セブンさん、はじめまして・・・
いいですね~、毎年お盆に間人ですか!
僕も間人に友人がいて、一度泊まりがけで行ったことがあります。夜にむしろに寝転がって、満天の星を見た記憶が今も鮮明に残っています。M30共々お元気で・・・!

投稿: 富田義一 | 2011年2月 1日 (火) 12時35分

真砂さん、お元気そうでなによりです。
まだ一人で北九州で頑張っているんでしょう・・・?!
文面から察するにR&Dが順調なようで良かったですね。
僕も今年はなんとしても、あの大きいとり貝を食べるつもりです。

投稿: 富田義一 | 2011年2月 1日 (火) 12時48分

お久しぶりです。
先月から国家試験対策講座が始まり、連日帰宅が22時等になってしまい、ブログを読むだけで精いっぱいになってしまいました・・・

京都は修学旅行でしか行ったことが無いので美味しい海の幸はいただけませんでした・・・

が、貝ひとつに5000円・・・
タイムセール狙いの私にとって破産してしまう金額です・・・(笑

私にとって
まだまだ高級品は早いようです(笑

投稿: あきら | 2011年2月 2日 (水) 07時56分

あきら君、公私ともに苦労してるみたいやね~・・・!
すごく良いことですよ。
お金の有り難味も分かるし、努力して苦労が報われた時の喜びは、何物にも代えがたい宝になるから・・・
僕も今年は勝負の年と決めたから、頑張ってるよ・・・!

投稿: 富田義一 | 2011年2月 2日 (水) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/50716830

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(294)京都府の丹後半島は見所いっぱい!:

« 車お宝話(293)・・・山陰の雪の想いで! | トップページ | 車お宝話(295)汽車とクルマの今昔物語 »