« 車お宝話(276) 燃費 今昔物語・・・! | トップページ | 車お宝話(278)最近の日本はなにかがおかしい・・・! »

2010年10月30日 (土)

車お宝話(277)生きるということ・・・!

   

今日、友人の「お別れの会」が京都であった・・・。

「奇跡の杖」を最初に編集したときは、元気で参加してくれたのに・・・!

まだ30代の若さで、悪性リンパ腫の一種「セザリー症候群」という
名の「癌」に侵され、逝ってしまった・・・

簡単な死ではなかった。20%を切る生存率との闘いは、5年もの
長きに渡る闘病生活に表れている。

僕はいままで、これほど前向きで、そして生きることへの愛情を
持っていた人を知らない・・・

僕も常に、前向きで積極的な生き方をしていると自負しているが、
彼女の強さと比べれば、足元にも及ばないだろう・・・!

苦しいこと、困難なこと、悲しいこと、そんなものをみんな見方に
つけて、生きていた・・・

幼い一人娘のためにも、年老いた両親の為にも頑張ったんだろうが・・・!

でも、その生き方には、共鳴するもの、学ぶもの、考えさせられる
ものが、凝縮していたから、常に教えられた気がする・・・

『せっかく病気になったんだから、これを将来に生かさない手はない。』

『こんな珍しい病気になったということは、神様に選ばれてすべきこと
 を与えられているはずだから、病気が治らないのはおかしい・・・!』

『なにか世の中を良くすることをしよう、愛すべき生き物のことを考え
 ていこうって・・・』

『自分にはすべきことがある、小さい娘も残していくわけにはいかない。』
『その一心で、人間性が壊れるかもしれないほどの辛い治療にも耐えてきた。』

人間性が壊れるかもしれないほどの痛みって、いったいどんなにすごい痛み
だったことか・・・。

そして、意識が遠ざかる寸前、酸素マスクを外して8歳の娘にニッコリ笑い、
ふたたび目覚めぬかもしれない覚悟をもって、別れの話を・・・

『人生の楽しさと、愛情と、生きる力、』を娘に残して・・・。

その娘さんにひさし振りに逢ったが、心優しい、強い子に育っていましたよ・・・
でも彼女の人生は娘だけではなく、今でも多くの人に多大な影響を与えている。

ぼくも「奇跡の杖」を見るたびに、この言葉を思い出すだろうから・・・

・・・「自分にはすべきことがある」・・・!

|

« 車お宝話(276) 燃費 今昔物語・・・! | トップページ | 車お宝話(278)最近の日本はなにかがおかしい・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/49887061

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(277)生きるということ・・・!:

« 車お宝話(276) 燃費 今昔物語・・・! | トップページ | 車お宝話(278)最近の日本はなにかがおかしい・・・! »