« 車お宝話(265)新感覚のスポーツカーになるかも・・・! | トップページ | 車お宝話(267)電気自動車が普及する背景とは・・! »

2010年9月 4日 (土)

車お宝話(266)おもしろき こともなき世を おもしろく!

 

大好きな「高杉晋作」の有名な言葉だが、情けないことに
この言葉がピッタリとくる、今の世の中・・・

だから個々が工夫をして、なにかに生き甲斐を持って生きる
しかない、と言うことだろうな~・・・!

今年はとくに幕末ブームと、偶然にしても出来過ぎているが、
時代背景を考えれば、今の世の中と、甚だしく似通っている・・・。

もうひとつ「高杉晋作」の言葉で「苦しいという言葉だけは・・・」
というのがあるが、「奇跡の杖」にも書いている通り、
口に出して言ってしまえば言霊(ことだま)の作用で頭に残り、
心が支配されてしまう・・・

だから決して「苦しい」などとは、口が裂けても言わないが、
今の政治で連想する言葉は「見苦しい」としか言いようがない・・・

だから、つい口を吐いて出てしまうが、ご勘弁を・・・!

その時代も、外国から黒船がやってきて大騒ぎになっていたが、
今の時代も、外圧で日本はおかしくなって円が異常に高騰して
いる・・・

・・・でも、それもこれも身から出た錆だから仕方がない。

グローバルスタンダードというヤツからすれば、
今の日本の行動は、理解できないことだらけ・・・!

一体、この幕末の様相を感じさせる今の日本に、当時のような
救世主は現れるのだろうか・・・?!

「地位もいらず、名もいらず、富すらいらず、命をも賭す」・・・

まぁ今時そんな人物が居るはずもなく、あきらめるしかないが、
それでも自分が出来ることは、自分なりにしっかりやろうと・・・!  

「常に歴史は繰り返す」というが、誰だって、どこの国だって
栄えたいのはあたりまえ・・・

だから頑張って懸命に働く国が栄える、だから「栄枯盛衰」は
仕方がない・・・

だが慢心から衰えるのは最も良くない、悠長なことを言っている
場合ではないだろう、まぁ今はそうならないように祈るしかないが・・・。

今できることは、一人ひとりがもっと真剣に世情を考えるしかないぜよ・・・!

   

|

« 車お宝話(265)新感覚のスポーツカーになるかも・・・! | トップページ | 車お宝話(267)電気自動車が普及する背景とは・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/49345721

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(266)おもしろき こともなき世を おもしろく!:

» Lack of a seriousness [とも@ログ ]
今日のブログは、ちょっと乱文になりそうですが、ご容赦を。1人のクルマ好きとして、ずっと憧れてたトミーカイラ。その創始者の方が書かれているブログをずっと読んでるんですが、その中の記事の一つに、本当にいい事書かれてるなぁと思うのがあったので、早速トラックバック。確かに、真剣さが足らないんですよね。全てが慢心のせいだとは思いませんが、確かに無策、無気力、無行動が具現化されてるのは間違いないかと。。。それもこれもゆとり教育のせい???みんな、生きる事、生活する事にもっと貪欲でないと。何事に対してもあまりにも... [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 21時55分

« 車お宝話(265)新感覚のスポーツカーになるかも・・・! | トップページ | 車お宝話(267)電気自動車が普及する背景とは・・! »