« 車お宝話(264)人間の欲は限界を超えた・・・! | トップページ | 車お宝話(266)おもしろき こともなき世を おもしろく! »

2010年9月 1日 (水)

車お宝話(265)新感覚のスポーツカーになるかも・・・!

   

つい最近、テスト用の電気自動車に乗って街中を走って見たが、
まったく従来のクルマと運転感覚が違うことに驚いた・・・!

以前、三菱・i-MiE(アイ・ミーブ)に乗った時にはそんなことは
余り感じなかったが、まるで違う乗り物のようで全く新しい感覚だ。

よく調べてみたら三菱・i-MiEの場合、極力従来のクルマに近ずけて
違和感を消す方向にセッティングしてあるらしく、それぞれメーカー
によって味付けが異なる・・・

でもこの新感覚は正直楽しいもので、特にベース車がスポーツカー
ともなれば、余計に従来と違う方がおもしろいと僕は思うのだが・・・

このスポーツカーが似合いそうな、新しい感覚を一言でいえば・・・
「ブレーキは使わず、アクセルワークだけで早く走るクルマ」かな~!

単に高速道路をブッ飛ばすというよりは、アクセルのON・OFFを
繰り返しながら、細い峠道をヒラヒラと走って行く、そんなイメージ
だろう・・・。

細い峠道が得意技のスポーツカーといえば、「ZZ」がピッタリくる
と思うのは僕だけか・・・?!

恐ろしく効くエンジンブレーキ、いやいや回生ブレーキをフルに使って、
アクセルをON・OFFさせるだけで早く走れてしまう・・・

微妙なアクセルワークを身につけて、従来のガソリンエンジンとはまた
違う感覚で楽しむのも、一考かと!

『回生ブレーキとは、通常は駆動力として使っているモーターを、
 アクセルOFFで発電機として作動させ、運動エネルギーから
 電気エネルギーに変換し、発電時の回転抵抗を制動力として
 利用するもので、電力回生ブレーキ、回生制動とも呼ばれ、
 エレベーター、電車、自動車などに広く用いられる、とある。』

同じクルマでもパワーソースが違えば、特性が大きく異なる・・・

動力源をモーターで行うEV車は、吸入・圧縮・爆発・排気を繰り返す
内燃機関と違い、電磁力により直接回転カを生み出すからトルクの出方
が早いことが特徴・・・

だから従来のガソリン車の性能と比較するより、新しい基準値を作ら
ないと適確とは云えないし、イメージが湧かないだろう・・・!

では僕が考える「EV車の性能基準値」の考え方を簡単に紹介しよう・・・

最高速度は、減速機などで回転数を下げ、目的のトルクを得られるから
確保できる。

だから従来通り、そのままでいいと思う・・・

最近良く使われる0~100kmの加速と、0~400mの加速タイム
ではトルクの出方が全く違うモーターでは参考にならないと思うのだ!

誰でもEV車に最初に乗って驚くのは、出だしの瞬発力と立ち上がりの
早さだろう・・・

だから0~100km加速や、0~400mの加速タイムではモーター
の特徴が生かされないし、表現的にも違う気がする・・・

よって僕は基準値を「0~30km加速」と、「0~60km加速」、
            「0~100m加速」と、「0~200m加速」を
電気自動車の基準値にしたいと思っている。

|

« 車お宝話(264)人間の欲は限界を超えた・・・! | トップページ | 車お宝話(266)おもしろき こともなき世を おもしろく! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

こんな話聞かせていただくと・・・
ZZに乗っている者として
早くZZ-EVに試乗してみたいです。

投稿: ぱち@ZZ-Sクーペ | 2010年9月 2日 (木) 09時00分

昨日もテスラロードスターに324万も補助金が出て益々活気づいています。しかし環境や省エネでは有利でも、性能の点では100年の歴史を持つガソリンエンジンと対抗するのは至難の業です。でもマイペースで頑張りますから応援よろしくお願いします。完成しましたら是非乗ってみてください・・!

投稿: 富田 | 2010年9月 2日 (木) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/49316153

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(265)新感覚のスポーツカーになるかも・・・!:

« 車お宝話(264)人間の欲は限界を超えた・・・! | トップページ | 車お宝話(266)おもしろき こともなき世を おもしろく! »