« 車お宝話(256)歴史のターニングポイントかも知れない・・・! | トップページ |  車お宝話(258)地球の異変とスポーツカー・・・! »

2010年7月28日 (水)

車お宝話(257)”好きこそものの上手なれ”

 

先日アニメ映画のことで取材を受けたが、その奥の深さに感動した・・・
もちろん、僕に取材の依頼があるくらいだから、楽しいクルマの映画だが・・・!

こう云っては申し訳ないが、アニメ映画一本創るのに7年もの
歳月を掛けたという話を聞いたときには、思わず驚いてしまった。

この歳月の掛け方はクルマ造りと変わらない・・・
それも手造りだというのだから、恐れ入ってしまう・・・!

いまどきほとんどがCGなのに、画像にこだわればハンドメイドに
なるのだというから驚きだ・・・。

多分この監督さんは、幼い頃から一途だったんだと思うけどな~・・・
まぁこれは僕の勝手な想像だけど・・・。

まったく映画造りに素人な僕としては、見るのも聞くのも驚きで、
本当におもしろい体験をさせてもらったが・・・

でもハンドメイドという手法と、車に興味を持つ子供を増やそうと
いう気持ちには大きな共通点があったから、嬉しくなってしまった・・・!

この映画が世界で評価されることを、心から願っている・・・!

久々にモノ造りにこだわる話が聞けて興奮したが、僕もいま推し進
めていることで、クルマに興味を持つ子供を増やそうと思っている。

ものをキチンと造ることが、日本の得意技だったはず・・・

最初に造った「ZZ」も、あのポールフレールさんが絶賛してくれた
のは、やはり整然とした「日本車らしい仕事」だったんだから・・・

そんな良き日本の技が、世界で再び評価されるときを夢見て、
もっと頑張らなくてはね~・・・!

でもこのとき若者のクルマ離れの話しが話題に上ったが、
ほんとに寂しいことだ。

特に10代から20代がクルマに対し顕著に興味を失っているらしく、
30代から上は、まだまだクルマは興味の対象なのだという・・・

ところが逆に小さい子供はミニカーがブームらしく、結構売れて
いるらしいから、将来は期待できるかもしれない・・・。

それにしてもスーパーカーブームを知っている僕としては寂しい
限りだが、あれほど脚光を浴びることは二度とないだろうな~・・・

・・・と云いつつ、心の中で思いっきり期待している自分がいるん
だからおもしろいもんだ。

何かを好きになるということは、映画造りにしろ、クルマ造りにしろ、
それほど情熱的になれるんだから、子供にはまず興味の持てることを
教えなければいけないと思う・・・

できれば中学生ぐらいに、将来したいことを決められれば一番いい・・・
・・・”好きこそものの上手なれ”を実践すればいいんだから!

|

« 車お宝話(256)歴史のターニングポイントかも知れない・・・! | トップページ |  車お宝話(258)地球の異変とスポーツカー・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/48997513

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(257)”好きこそものの上手なれ”:

« 車お宝話(256)歴史のターニングポイントかも知れない・・・! | トップページ |  車お宝話(258)地球の異変とスポーツカー・・・! »