« 車お宝話(238)過去にタイムスリップした瞬間・・・! | トップページ | 車お宝話(240)人生は自分がしっかりと決めなければ・・・! »

2010年5月 1日 (土)

車お宝話(239)行きは100分・帰りは7分・・・!

   

これはニース空港からモナコ、モナコからニース空港への時間だが・・・

行きはメルセデスのタクシーで、渋滞のために2時間近く掛かって、
モナコ入りしたことは書いたが、帰りはヘリでニース空港へ向かった・・・。

少々時間が足りなくなって、仕方なくモナコからニース空港へは
ヘリにしたのだが、これが予想以上に快適で、病みつきになりそう・・・

いままで絶対にヘリコプターに乗らなかったことを後悔したほどだ!

僕はヘリに乗るのが初めてで、今まで機会があるごとに避けてきたのに、
こんなに便利で快適だとは思いもしなかった。

実はかなり昔のことだが、ヘリコプターらしきもので怖い思い出があり、
その事がかなり影響している・・・

それは相当に古い話なのだが、あるときハンドメイドのホントに簡単な、
1人乗りヘリコプターに乗ってみないかと友人に誘われ、琵琶湖周辺に
試乗に行った事がある・・・

そのとき初心者の僕にお手本を見せようとした友人が、こともあろうに
離陸に失敗して、目の前で手の骨を折ってしまった・・・

当然僕は怖くて乗らなかったし、それからはヘリコプターがトラウマ
になってしまい、ことあるごとに避けてきたのだが・・・

今回は時間がないから仕方がないし、僕だけわがまま云う訳にもいかず、
乗る羽目になったが・・・

ところが案内されて目の前にしたヘリは、デザイン的にも仲々お洒落で、
カッコよく、すぐに興味が湧いてきた・・・

Dsc01036

もともと飛行機が好きで、伊丹空港まで良く見に行ってたぐらいだから、
間近で回るペラの迫力と音には、圧倒されつつ、好奇心いっぱいになる。

Dsc01037

乗り込んですぐ、いとも簡単に垂直に飛び立つもんだから、たとまち虜に
なってしまったが、このイージーさはほとんどクルマと変わらない・・・

Dsc01038

ジェットと違い、長い助走の”さ~行くぞ”といった感じがまったくない
から、これには拍子ぬけしてしまった・・・。

Dsc01043

海の上を低くゆったりと飛ぶその様に、なんの恐怖心も湧かず、ただただ
心地よいフライトを楽しんだが、なんとたったの7分でニース空港に着い
てしまった・・・!

Dsc01044

思い起こせば随分昔の話しだが、鈴鹿で開催された「F1・日本グランプリ」の
フジテレビのパドックに、京セラの稲盛社長(当時)を招待したことがあった。

当時、多少コネがあったフジテレビに無理を云って、結構大きなスペースを
用意してもらったのだが・・・

フジテレビのコパニオンがレースクイーン風のコスチュ-ムで、飲み物とか、
簡単な食事を用意してくれ、仲々リッチなF1観戦だったから良く覚えている。

翌年のレースにスポンサーをして貰おうと、同じ京都経済同友会のよしみで、
代表幹事の稲盛さんと、僕の師匠を、自動車レースの最高峰「F1」に招待した・・・

当然「F1グランプリ」が開催される鈴鹿には、稲盛氏と師匠はヘリに乗って
やってくる!

それに引き替え、僕と解良くんはBMWに乗って早朝に出発し、気の遠くなる
ような時間をかけて、鈴鹿サーキットに到着。
(駐車場に入れるだけでも1時間、出す時は3時間以上もかかったんだから!)

いよいよ鈴鹿サーキットのヘリポートに師匠たちが到着、出迎えに・・・!

「どれくらい時間掛かりました?」と僕が聞く・・・「10分ほどかな~」だって・・・!

そのときは余りピンと来なかったが、いまなら良く解るよね~・・・。

同じ日、京都の友人のK氏も、東京からきた友人のO氏もヘリで来ていたが、
いま思えばF1・GPの開催日に「よくも車で鈴鹿サーキットまで来たよな~」と、
僕のことを思っていたんだろうな~!

師匠に「富田君、帰りはヘリに乗って行く?」って云われたけど「結構です」と、
言ってしまったことが、いまになって残念に思えてきた・・・!

|

« 車お宝話(238)過去にタイムスリップした瞬間・・・! | トップページ | 車お宝話(240)人生は自分がしっかりと決めなければ・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

私もへり1度だけのったことあります、ただ富田さんの乗られたような高級へりじゃなくて、なんだかへんてこりんな風貌が足元まであるトンボの目みたいな奴で しかもパイロットが急激に尻アゲ離陸したものだから、ひえ~!
でも飛行中は気分爽快でした。

ご存知かもしれませんが、報道機関など仕事でヘリに乗るときは必ず保険に加入させてから、よし行って来い!です コレは本人のためと言うのではなく 万一の時遺族慰謝料の問題だと思うのですが。。。そう思うと大空飛行の爽快さから急に現実に戻されます。
ヘリの操縦は小型飛行機より数段難しいそうですね、本当はパイロットが夢だったのですが視力が。。。、今のように矯正手術がない時代でしたから。

投稿: aphrodisiaque | 2010年5月 3日 (月) 10時37分

そうですか、それは残念ですね~・・・!
僕も若かったら本気でヘリの操縦免許を取りたいですよ!
なにしろ若いときからクルマの事しか考えてなかったから、残念なことをしました。

投稿: 富田義一 | 2010年5月 6日 (木) 15時31分

富田さんのお好きなコルベットc1の画像発見しました↓のアドレスです。 スラントした一つ目ランプとお尻、ですばらしい造形です、と言うことはデザインに進歩はないのですね~かえって安全と補機類などメカニズムの制約からデザイン不毛の時代なのかもしれません。
http://www.supercars.net/cars/4431.html

投稿: aphrodisiaque | 2010年5月 8日 (土) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/48233377

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(239)行きは100分・帰りは7分・・・!:

« 車お宝話(238)過去にタイムスリップした瞬間・・・! | トップページ | 車お宝話(240)人生は自分がしっかりと決めなければ・・・! »