« 車お宝話(234)幕開けはハプニングから・・・! | トップページ | 車お宝話(236)発見・「メルセデス・ベンツ SLS AMG」 »

2010年4月17日 (土)

車お宝話(235)モナコ・グランプリまであと一月・・!

  

シャンデリア騒動の後は2,3日ゆっくりして、予定のスケジュール
をこなし、2日遅れでパリ入りしたピラティスのインストラクター
も交えて、シャンゼリゼなど街中をブラブラ・・・

このときシャンゼリゼ通りで立ち寄った、シトロエンビルの美しく、
魅力的だったこと、そのうえ思いがけないクルマにも出会えたし・・・

この話は写真を交えて後日ということに・・・!

もともと通訳も兼ねて、加圧のインストラクターも同行していたから、
贅沢にもこの旅の間中、両インストラクターによる加圧と、ピラティスは、
欠かしていないんだから・・・

本当に一生懸命、アンチエイジングに取り組んでいるでしょう・・・!

いよいよ「アンチエイジング医学国際学会&メディスパ」が開催される
モナコへ出発・・・

と言っても、パリからモナコだから、大阪から沖縄に行く感覚かな~・・・
・・・気候的にもそうだし!

一時間半ほどで到着した、ニース・コートダジュール空港からは、
モナコ行バスか、タクシーか、ヘリコプターが選択できるのだが・・・

以前行ったときはサーキット視察ということで、大型チャーターバス
だったから、今回は美しいニースの海岸も走りながらと思い、
メルセデスのタクシーで行くことにしたんだが・・・

結構新しいメルセデスのEクラスで、気分良く快調に走っていたけど、
ここからが絶景という所で、なんと、なんと、大渋滞・・・

仕方なく海岸沿いを走るのはあきらめて、普通のルートでモナコ入り!

・・・結局2時間近く掛かってホテルに到着。

やはりここはホテルの優劣に関係なく、F1グランプリの名物ヘアピン
前の「フェアモント・モンテカルロホテル」にした・・・

Dsc00911

以前に行った時は「ローズ・モンテカルロホテル」だったんだけど、
今は経営が変わり、名称変更されているが、ローズヘアピンには
変わりはない。 

Photo_2  

それに、あのスピードで駆け抜けるトンネルは、このホテルの下を通る
のだから想像するだけでも楽しい・・・。

Dsc00938

まぁグランプリ開催時でないのがチト寂しいが、ひと月前ということ
もあって、F1グランプリの看板をやたら目にしたし、あちこちで
グランプリの準備風景が見られたから、それはそれで興味津々・・・!

Dsc00913

Dsc01006

そうそう、タイヤバリアで面白いことを発見した・・・

Dsc00953

僕が知っているタイヤバリアは、古いタイヤを積み上げたものだったが、
このモナコのタイヤバリアはなんと新品のタイヤで、それも扁平タイヤ
なんだから、やっぱりF1は違うな~、と・・・!

Dsc00954

でも、まだ一月以上もあると云うのに、こんなにも早くからグランプリの
為の工事を到る所でやっているんだから、いかにこの国がF1グランプリ
に掛けているかがわかる・・・

Dsc00966

Dsc00967

Dsc00960

勿論、市街地を使ったコース設営は、「ルマン24レース」でも同じで、
かなりの時間と、コストが掛かるのは多少は知っていたが・・・

Dsc00983

工事中の通行止めや、工事車両のために地元のドライバーは大変だろうに・・・

Dsc00969

こんなにも小さい国が、世界的な知名度を持ち、そして優位に立つ・・・

・・・そんな背景には、そこに暮らす人々の協力があってのことだと、
つくづく感心した次第。

勿論このモナコは「F1グランプリ」だけではない、その他に僕が知って
いるビッグなスポーツ・イベントだけでも、数々あるが・・・

・・・WRCで最も人気の高い、モンテカルロ・ラリーの出発点。
  (2009,2010年はインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)

・・・昨年はスタート地点ともなった、ツール・ド・フランス

・・・テニスの、マスター・シリーズ・・・などなど。

僕が無知なのかも知れないが、同じコンベンションとカジノの要素をもつ、
ラスベガスとの奥行きの違いは、そんなところにあると感じるのだが・・・!

                            つづく

|

« 車お宝話(234)幕開けはハプニングから・・・! | トップページ | 車お宝話(236)発見・「メルセデス・ベンツ SLS AMG」 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

モナコGPと言えば、やっぱり忘れられないのがマクラーレンのセナとウィリアムズのマンセルの戦いですかねぇ。なぜセナが前に出たのかは忘れちゃいましたけど、圧倒的に速いFW15に対して、マクラーレンのMP4/7はシケインの手前の下り坂では少し差がつくものの、マンセルにあおられっぱなしでブルーフラッグが出まくりだったと記憶してますが、きっと今だったら間違いなくペナルティーストップ食らってただろうなぁ〜と思います。次の年のプロスト対セナの時も、プロストがピットでまさかのエンジンストールでセナが勝ちましたよね。えらく興奮したのを覚えてます。テレビで見てるだけだからかもしれないですけど、市街地コースなのに、あの頃から変わらないコースってのがすごいですよね。今年は誰が勝つのか楽しみです。

投稿: 圭.夢工場 | 2010年4月23日 (金) 21時26分

でもテレビ観戦が正解だと思いますよ!
だって普通のレースでサーキットにいてもピットのテレビ見てるんだから、おんなじだよね~・・・。

第一、モナコのレース時にはホテル代など、ほとんど信じられないほどの値段になるんだから・・・

それに人口が一辺に増えるから、どこに行くのも不便だし、レストランなど行けないらしい・・・

とんでもないお金持ちなら話は別だけど、日本人程度のお金持ちでは話にならないらしいですよ・・・!

投稿: 富田義一 | 2010年4月24日 (土) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/48107772

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(235)モナコ・グランプリまであと一月・・!:

« 車お宝話(234)幕開けはハプニングから・・・! | トップページ | 車お宝話(236)発見・「メルセデス・ベンツ SLS AMG」 »