«  車お宝話(230)(新)回想録・・・スーパーカーその後! | トップページ | 車お宝話(232) 面白かった F1第2戦の妙・・・! »

2010年3月28日 (日)

車お宝話(231)スポーツカー復活の兆し・・!

最近発表されたニューモデルのスポーツカーに異変が起きている・・・
と云うのは、6速マニアルミッションの人気が急上昇しているからだ!

先日発表された「ホンダ CR-Z」も6速マニアルミッションの比率が
40%と、最近では考えられないほどの人気・・・

それだけではない・・・そもそもスポーツカーそのものに人気が帰って
来たから楽しみだ・・・

この「ホンダ CR-Z」など、ほぼ年間の販売目標を発売後たったの1ヶ月で
クリアしたんだから、嬉しくなってしまう・・・。

ここ最近は世の中の風潮として、エコ一色みたいなところがあったから、
エコとスポーツカーを組み合わせた、この「CR-Z」にクルマ好きの人たちが
ストレートに反応した結果だろうな~・・・!

と云うよりクルマ好きにしてみれば、永い間のうっぷんが一辺に噴き出した
といった方が、当てはまっているかも知れないが・・・!

それを証明するかのように、もう一台、ナチュラル・エコともいえる
本格的なスポーツカーが、最近発表された・・・。

まるでクルマ好きの気持ちを鷲掴みにしたような、本物のコンセプト・・・

スポーツカー本来の奇をてらわない、軽量かつ簡素でダイナミックな手法、
そんな僕が大好きなコンセプトを引っさげて、登場したスポーツカーがある・・・

それは昨年末に発表された「ポルシェ・ボクスター・スパイダー」だ・・・!

ポルシェ・ボクスター13年の歴史の中で、これほどホットで、
心をウキウキさせるモデルはなかったと思う・・・

ややもすると、重たく大きすぎるボディに、少しイージーな感じがする
スポーツカーだったが、これぞ本物と思えるクルマになったと僕は思う・・・!

このスパイダーは、ボクスター本来の電動式ソフトトップを取り止め、
手動式の軽量ソフトトップや、アルミを多用したボディに軽量シートなど、
総合的に見直し、車両重量を1275kgまでダイエット、現行ポルシェの
ラインアップ中、最軽量モデルとなった・・・

・・・やっぱり軽量こそスポーツカーの原点だし、エコの原点でもある。

まぁそんな中身の話しもいいが、それよりなんと云っても抜群のルックス・・・
僕が大好きなデザインで、一目見た瞬間10数年まえの「ZZ」の発表を
思い出してしまった・・・

Photo_2 

このリアからのデザインがコブ好きの僕としては堪えられないほど魅了的だし、
何ともいい雰囲気をかもし出している・・・。

10144   

07072_2

このリアーのコブをポルシェは”ストライキング・ドーム”と呼ぶのだそうだが、
これだけで全く違うクルマに生まれ変わっている・・・

Photo_3

このフロントの、のっぺりとしたデザインにも「ZZ」との共通点を感じるし、
ローダウンされたルックスがコンパクトに見せている・・・

10143_2

性能的にも「ZZ」と似通っていて、0~100kmも5秒ほどだし、
パワーウエイトレシオも「ZZ」の3.83に対して3.98とほぼ同等だから、
嬉しくなってしまう・・・!

話をもどすが、年末にカリフォルニアで開催された、このスパイダーの
国際試乗会では、すべての試乗車が6速マニアルミッションで統一されて
いたそうだから驚く・・・!

今までなら性能的にメリットのあるPDK仕様がテスト車両の大半を占める事が
多かった、ポルシェの国際試乗会なのに、今回は全て6速マニアルミッション
なんだから、スポーツドライビングの真髄を再確認と云ったところか・・・

やっぱりスポーツカーをとことん味わうなら、マニアルミッションだよね~!
自ら操るという行為の素晴らしさは、いつまで経っても飽きないもの・・・。

そんなスポーツドライビングの真髄で、スポーツカーの復活なるか・・・!

|

«  車お宝話(230)(新)回想録・・・スーパーカーその後! | トップページ | 車お宝話(232) 面白かった F1第2戦の妙・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/47936692

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(231)スポーツカー復活の兆し・・!:

«  車お宝話(230)(新)回想録・・・スーパーカーその後! | トップページ | 車お宝話(232) 面白かった F1第2戦の妙・・・! »